• トップ
  • コラム
  • 100均商品を使った冷蔵庫の収納テクを伝授!ダイソー・セリアの冷蔵庫収納グッズもご紹介!

100均商品を使った冷蔵庫の収納テクを伝授!ダイソー・セリアの冷蔵庫収納グッズもご紹介!

FacebookTwitterLine

「冷蔵庫の中の整頓がうまくできなくて困っている」「冷蔵庫に入っているものを把握しておきたい」そんな悩みを抱える人は多いでしょう。

冷蔵庫は毎日使う物ですが、整理整頓が難しく、中に賞味期限切れの食材が知らず識らずのうちに溜まってしまうこともよくあります。

今回は、そんな悩みを解決するために100均アイテムを使った冷蔵庫収納の方法を解説。さらには、ダイソーやセリアで実際に購入できる冷蔵庫収納グッズもご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

冷蔵庫収納で役立つのは100均の透明・半透明ケースやバスケット!

画像引用:ダイソーネットストア

冷蔵庫に食材を上手に収納するために役立つのは、100均で購入できる透明や半透明のケース、もしくはバスケットです。

ポイントは透明や半透明、バスケットという、中に入れているものが一目でわかるというところ。

冷蔵庫は食品を入れるということもあり、賞味期限や消費期限を気にしなければなりません。そのため、いつ何の食材を冷蔵庫に入れたのかを思い出しやすい状態にしておく必要があります。

100均でも購入できる透明・半透明のケースやバスケットを使用すれば、冷蔵庫に収納しているものを把握しやすいです。

賞味期限や消費期限切れになって食材を無駄にするのを防げる上に、同じものを余分に購入してしまうことも防げます。

100均商品を使った冷蔵庫の収納テク!

それでは、100均商品を使って上手に冷蔵庫に食品を収納するためのテクニックを伝授します。

今まで冷蔵庫の整理整頓がうまくいかず、食品を無駄にしてしまいがちになっていた方必見です!

冷蔵庫に収納する量は7割程度にとどめる

まずは、冷蔵庫に収納する食品の量を7割程度に抑えましょう。冷蔵庫の中にぎっしりと収納してしまうと中に何が入っているのか分かりづらくなってしまいます。

すでに購入してあるものを重複して買ってしまったり、冷蔵庫の冷却機能がうまく働かないこともありえます。

そのため、冷蔵庫に収納する量は満杯にするのではなく、7割程度にして見渡しをよくしておきましょう。

種類別に棚わけ

冷蔵庫の中に食品を収納するときは、種類別に棚分けすると管理しやすいでしょう。

例えば下記のような種類に棚分けして、ケースやバスケットに収納するのがおすすめです。

・1段目:すぐに使い切ってしまいたいもの
・2段目:常備菜や作り置き
・3段目:数を把握しておきたいもの
・4段目:薬や酒類

それぞれを適したサイズのケースに入れておけば、何がどこにあるのかも把握しやすくなります。

肉や魚にはトレーを使う

肉や魚は同じ場所に収納しておくのがおすすめですが、収納する際はトレーを使うとよいでしょう。

とくに生魚や生肉の場合、チルド室に保存する場合がほとんどでしょう。

生鮮食品はときに水気を含んでおり、ラップの隙間から流れ出た水分がチルド室を汚してしまうことがあります。

しかし、トレーを使って収納すればチルド室が汚れる心配もなく、トレーを洗えばいいだけなので、お掃除も簡単。

サイズ違いのトレーを上手に使い、チルドに並べて使ってみましょう。

小物類は一つにまとめる

調味料やお弁当などについている小さい袋型のソースや醤油など、小物類は1つの場所にまとめて収納するとよいでしょう。

あちこち適当にしまってしまうと行方不明になり、いずれあることを忘れてしまって何年後かに発掘されるということがあります。

また、弁当についている調味料類は、汚れがついている場合があるため、雑菌発生の原因に。

冷蔵庫の中をきれいに保つためにも、小物類は同じところにまとめてすぐに使い切れるようにしたり、何があるのかを把握できるようにしておきましょう。

野菜室や冷凍室では立てる収納を

野菜室や冷凍庫は縦に深さがあるため、立てる収納をするとたくさんの食品を入れられる上に、何を収納しているか一目で把握できます。

そのため、100均でも購入できる少しそこの深めの透明ケースや間仕切りを使用してください。

冷凍食品や冷凍の麺類、野菜についても立てて収納できるものは立ててしまい、野菜室や冷凍庫にデットスペースができないようにしておくのが理想です。

ときには紙袋も使用する

冷蔵庫では、透明・半透明のケースやバスケットを使っての収納がメインとなりますが、とくに野菜室では紙袋を使用して収納するのもおすすめです。

100均でも購入できる取っ手のついていないタイプの紙袋をいくつか購入し、野菜室のサイズに合わせて袋を並べましょう。

人参や蓮根などの根野菜、きのこ類、葉物野菜、トマトなど、種類別に袋に収納すると何がどこにあるかも一目瞭然。さらに汚れがついてしまっても袋を取り替えるだけでOK!

また、野菜によっては新聞紙に包んで収納する人もいるでしょう。紙袋に入れれば適した温度で保温・保湿が可能です。

冷蔵庫収納で大活躍!100均のおすすめ収納アイテムを紹介!

ここからは伝授したテクニックを活用するために必要な、100均で購入できるおすすめ冷蔵庫収納アイテムを紹介します。

【ダイソー】冷蔵庫トレー

画像引用:ダイソーネットストア

ダイソーで購入できる冷蔵庫トレーは引き出せるような取手付き。サイズもさまざまで、納豆や豆腐を立てて収納したり、タッパーに入れた作り置き類を収納したりすることができます。

取っ手がついているので、冷蔵庫の奥に腕を伸ばして無理やり奥のものを取る作業も発生しません。

例えば下記のようなサイズの冷蔵庫トレーがあるため、使いやすいサイズを選んでみてください。

・30.5×4×8cm
・30.5×4×16.5cm
・28×2×19cm

【ダイソー】冷蔵庫ポケット

画像引用:ダイソーネットストア

続いてもダイソーで購入できる商品です。

こちらの冷蔵庫ポケットは9×6.1×17.6cmと少し小さめのサイズで、ジャムや調味料などの小物類を収納するのに適しています。

【ダイソー】野菜収納ポケット

画像引用:ダイソーネットストア

こちらもダイソーで購入できる「野菜収納ポケット」です。サイズが約18×15×15cmと深さがあり、バスケット状なので適度に通気性もある商品です。

立てて収納しづらいきゅうりや人参、青梗菜などの野菜を収納するとよいでしょう。

【ダイソー】冷蔵庫用収納ケース

画像引用:ダイソーネットストア

続いてもダイソーで購入できる「冷蔵庫用収納ケース」です。

こちらは取っ手がついているわけではありませんが、引き出しやすい仕様になっており、最初に紹介した冷蔵庫トレーよりも深さのある商品です。

缶ジュースや小さな紙パック類の食品を入れたりするのにおすすめです。

【ダイソー】マヨネーズスタンド

画像引用:ダイソーネットストア

続いては、冷蔵庫の扉部分に使用できる「マヨネーズスタンド」。マヨネーズやケチャップなどは扉部分に立てて収納している人も多いでしょう。

しかし、最初は自立してくれるものの、使うにつれて自立が難しくなり扉を開け閉めするたびにマヨネーズが倒れてしまう、といった経験をしている人も多いはず。

そんなときに役立つのが、キャップ部分を差し込んで自立させられるマヨネーズスタンドです。

これさえあれば、倒れたマヨネーズを立て直すという面倒な作業からもおさらば。管理しやすいため、1つ設置しておくと便利です。

【ダイソー】フリーザーエンドクリアー

画像引用:ダイソーネットストア

続いては冷凍庫で使用できる「フリーザーエンドクリアー」です。

冷凍食品を立てて収納するときに役立ちます。サイズは13.9×14.3×14.5cmで、複数を組み合わせてスライド式スタンドとしても使えます。

【ダイソー】缶ストッカー

画像引用:ダイソーネットストア

こちらは、ダイソーで購入できる「缶ストッカー」です。

まさに缶を収納するためだけに作られた特化型。350mlの缶を4本収納できるため、缶ビールや缶酎ハイなどを冷蔵庫に常備したい方におすすめです。

【ダイソー】紙製ストッカー(クラフトバッグ)

画像引用:ダイソーネットストア

続いては、野菜室で野菜を入れるのにおすすめの「紙製ストッカー(クラフトバッグ)」です。先述した通り、野菜類は紙袋に入れて収納するのがおすすめ。

100均では、多くのクラフトバッグが売っているので、サイズを確認し予備も含めて数枚買っておけば、袋が汚れたときにすぐに取り替えられます。

ちなみに画像の紙袋は28×10×18cmと少し大きめなサイズ。野菜室の大きさも測った上で紙袋を選ぶとよいでしょう。

【セリア】ネームバスケット

続いては、セリアで購入できる「ネームバスケット」。網目状のケースなので、中に入っているものが見えやすいのが特徴です。

さらにネームバスケットというだけあって、何が入っているかを書いておけます。

「洋食」「和食」「乾物」「粉類」など、入れるものに合わせてラベリングをしましょう。

【セリア】ステンレス深型調理トレー

続いて紹介するのは、セリアで購入できる「ステンレス深型調理トレー」です。チルド室において、肉や魚類を収納するのにぴったりの商品となっています。

ステンレス製なため丈夫な上、深さもあるため使いやすさは抜群!サイズも豊富なので、チルド室の大きさに合わせて購入すれば、狭いチルド室の中でデッドスペースも生まれにくいでしょう。

【セリア】ミニドリンクストッカー

次におすすめなのは、セリアで購入できる「ミニドリンクストッカー」です。350mlの缶などではなく、栄養ドリンクや乳酸菌系の小さな飲料類を収納できます。

細長いタイプなので、冷蔵庫の中に収納しやすいのがうれしいポイントです。

【セリア】花の袋物ストッカー

続いて紹介するのは、セリアで購入できる「花の袋物ストッカー」。

袋物とはレトルト食品や袋に入った食品のこと。花の袋物ストッカーがあれば、冷蔵庫内でレトルト食品類を立てて収納可能です。

付属の仕切り板を使えば倒れやすい袋物を自立させられるので、収納しやすいでしょう。

まとめ

冷蔵庫の中は上手に整理整頓と収納をしないと、中に何が入っているかわからなくなり、食品を無駄にしてしまうことがあります。そのため、今回ご紹介したような収納テクニックを活用しましょう。

100均の商品を使用すれば、低価格で冷蔵庫の中を整理整頓でき、上手な収納も可能です。

透明ケースやトレー、缶ストッカーなど、さまざまな種類の冷蔵庫収納グッズを使用して、使い勝手のいい冷蔵庫にしていきましょう!

FacebookTwitterLine