100均で買えるすのこの種類やサイズまとめ!【ダイソー・セリア・キャンドゥ】

FacebookTwitterLine

今回は、100均で買えるすのこの種類とサイズについてご紹介していきます。

また、すのこを使ったDIYアイデアについてもご紹介しますので、参考にしてみてください。

100均で買えるすのこの種類と売り場は?

まずは、100均で買えるすのこにはどのような種類があるのか、その売り場についてもご紹介します。

桐すのこ

1つ目は、桐すのこです。すのこの定番ともいえそうです。

天然素材であるため、1つ1つ木目や色味も異なっており、ややサイズの誤差やゆがみもあります。

中にはトゲや割れなどがある場合もあるので、購入する際にはチェックするようにしましょう。

桐すのこは、100均の中でも収納用品売り場に並んでいることが多いようです。

桐すのこは塗装されていないので、DIYの材料として使う場合には自分の好きな色に塗装することができて便利です。

プラスチック製すのこ

2つ目は、プラスチック製すのこです。プラスチック製なので、水や湿気に強くなっており、キッチンや洗面台周りなどに最適です。

例えば、ダイソーには「ジョイント収納すのこ」という商品があります。

シンク下の収納や、洗面台下の収納などに使えそうな商品となっています。

こちらは、キッチン用品売り場に並んでいます。

100均で買えるすのこの種類とサイズ【ダイソー編】

(画像引用:ダイソー)

それではここからは、100均で買えるすのこの種類とサイズについてご紹介していきます。

すのこというと基本的には桐すのこなどの木製のすのこを使う場合が多いと思いますので、木製のものをご紹介していきます。

まずは、ダイソーの商品についてです。

【ダイソー①】桐すのこ 約31×30cm

ダイソー 桐すのこ 約31×30cm
(画像引用:ダイソーネットストア)

ダイソー商品の1つ目は「桐すのこ 約31×30cm」です。

コンパクトで正方形に近い形になっており、すのことしての用途以外にも花台などにも使えます。

DIYでも活躍しそうな商品になっています。税込110円です。

【ダイソー②】桐すのこ 約40×25cm

ダイソー 桐すのこ 約40×25cm
(画像引用:ダイソーネットストア)

ダイソー商品の2つ目は「桐すのこ 約40×25cm」です。

オーソドックスな桐すのこになっています。

押し入れのすのことしてはもちろん、塗装などもされていないのでDIYでも活躍しそうな商品です。税込110円です。

【ダイソー③】桐すのこ 約45×20cm

ダイソー 桐すのこ 約45×20cm
(画像引用:ダイソーネットストア)

ダイソー商品の3つ目は「桐すのこ 約45×20cm」です。

縦長で幅が狭めのすのこになっています。税込110円です。

【ダイソー④】すのこ(40cm×25cm)

ダイソー すのこ(40cm×25cm)
(画像引用:ダイソーネットストア)

ダイソー商品の4つ目は「すのこ(40cm×25cm)」です。

桐製ですが、表面が塗装してある商品になっています。

色は部屋のインテリアを邪魔しにくいブラウンなので、このままDIYに使ってもおしゃれです。税込110円です。

【ダイソー⑤】すのこ(45cm×20cm)

ダイソー すのこ(45cm×20cm)
(画像引用:ダイソーネットストア)

ダイソー商品の5つ目は「すのこ(45cm×20cm)」です。

先ほどのすのこと同じ商品のサイズ違いとなっています。税込110円です。

【ダイソー⑥】すのこ(30cm×15cm、2枚)

ダイソー すのこ(30cm×15cm、2枚)
(画像引用:ダイソーネットストア)

ダイソー商品の6つ目は「すのこ(30cm×15cm、2枚)」です。

30cm×15cmということで小ぶりですが、2枚入りになっています。税込110円です。

小さな棚を作る際などに活躍しそうな商品です。

100均で買えるすのこの種類とサイズ【セリア編】

Seria
(画像引用:Seria)

続いては、100均で買えるすのこの種類とサイズのセリア編をご紹介していきます。

【セリア①】桐すのこ 約33×37×1.6cm

セリア商品の1つ目は「桐すのこ 約33×37×1.6cm」です。

こちらは、ダイソー商品にはなかったサイズとなっています。税込110円です。

【セリア②】桐すのこ 約40×25×1.6cm

セリア商品の2つ目は「桐すのこ 約40×25×1.6cm」です。

こちらは、ダイソーにもある商品とほぼ同じサイズ感になっています。税込110円です。

【セリア③】桐すのこ 約45×20×1.6cm

セリア商品の3つ目は「桐すのこ 約45×20×1.6cm」です。

こちらも、ダイソーにもある商品とほぼ同じサイズ感の商品です。税込110円です。

【セリア④】桐すのこ 約30×15×1.4cm(2枚入り)

セリア商品の4つ目は「桐すのこ 約30×15×1.4cm(2枚入り)」です。

こちらも、ダイソー商品とほぼ同じサイズ感で同じく2枚入りの商品となっています。税込110円です。

【セリア⑤】すのこ 約32×32×1.5cm

セリア商品の5つ目は「すのこ 約32×32×1.5cm」です。

天然木のすのことなっており、すのこの端は丸くなっているので角がなく安心なデザインになっています。

塗装されてはいないので、自分で好きな色に塗装することができ、DIYでも活躍しそうな商品になっています。

税込110円です。

【セリア⑥】すのこ 約45×18×1.5cm

セリア商品の6つ目は「すのこ 約45×18×1.5cm」です。

こちらも天然木で、すのこの端は丸くなっています。税込110円です。

100均で買えるすのこの種類とサイズ【キャンドゥ編】

Can★Do
(画像引用:Can★Do)

続いては、100均で買えるすのこの種類とサイズのキャンドゥ編についてご紹介します。

【キャンドゥ①】桐すのこ 40×20cm

キャンドゥ 桐すのこ 40×20cm
(画像引用:キャン★ドゥ ネットショップ)

キャンドゥ商品の1つ目にご紹介するのは「桐すのこ 40×20cm」です。

高さは1.4cmとなっています。税込110円の商品です。

【キャンドゥ②】桐すのこ 50×33cm

キャンドゥ 桐すのこ 50×33cm
(画像引用:キャン★ドゥ ネットショップ)

キャンドゥ商品の2つ目にご紹介するのは「桐すのこ 50×33cm」です。

高さは2.8cmです。ダイソーとセリアにはない大きなサイズのすのこになっています。

税込220円の商品です。

【キャンドゥ③】桐すのこ 30×15cm 2P

キャンドゥ 桐すのこ 30×15cm 2P
(画像引用:キャン★ドゥ ネットショップ)

キャンドゥ商品の3つ目にご紹介するのは「桐すのこ 30×15cm 2P」です。

高さは1.4cmです。ダイソーとセリアにも同じサイズ感の商品があります。

税込110円の商品です。

【キャンドゥ④】美作檜すのこ 24×17cm

キャンドゥ 美作檜すのこ 24×17cm
(画像引用:キャン★ドゥ ネットショップ)

キャンドゥ商品の4つ目にご紹介するのは「美作檜すのこ 24×17cm」です。

小さめではありますが、岡山県の美作ひのきを使用した日本製のすのことなっています。

ひのきはカビが生えにくい素材なので、まさにすのことしてはぴったりな商品になっています。

税込110円の商品です。

100均のすのこでできるDIYアイデアまとめ!

最後に、100均のすのこでできるDIYアイデアをまとめてご紹介します。

100均のすのこをDIYに使用する際には、トゲや割れがある場合もあります。

角が丸くなっていない商品も多いので、必要に応じて事前にやすりがけなどを行うようにしましょう。

1つ目にご紹介するのは、棚です。

すのこの下駄部分が内側になるようにして側板にし、天板や棚板を組み合わせていくと、棚を作ることができます。

釘を打つ方法の他、グルーガンで接着する方法もあります。

下駄部分に棚板をうまくはめ込むようにすると、強度が上がります。

棚板の代わりに、100均でも買えるウッドボックスを使い、ウッドボックスに100均でも買える取っ手を付けると、引き出しにすることもできます。

棚板の代わりにワイヤーバスケットをはめ込むと、キッチンや洗面所などにぴったりな棚ができます。

棚の幅を天板やワイヤーネットのサイズによって調整できるので、狭い隙間の有効活用にもおすすめです。

100均のすのこは小ぶりなので、子ども用の本棚やキッチン周りの収納棚、調味料棚やトースターラックなどを作るのにぴったりです。

子ども用の本棚は、オーソドックスな形の棚の他、すのこを壁に立てかけて、木の棒やアイアンバーで支えを取り付けるだけでも立てかけ型の本棚を作ることもできます。

キッチン周りの収納棚や調味料棚を作る際は、すのこを棚板にして、100均にもあるワイヤーネットを折り曲げて棚の側板や背板にしてもおしゃれです。

キッチン周りで使用するのであれば、塗装をすると汚れが染み込みにくくなります。

観葉植物台

2つ目にご紹介するのは、観葉植物台です。

小さめの観葉植物を並べて置けるおしゃれな台を作ることができます。

普通の木の板で作る棚に比べ、すのこで作る棚は通気性がよく、水が溜まることもないので植物にもよい環境になります。

植物を置くので土汚れや水がかかるため、防水の塗装をするのがおすすめです。

靴棚

3つ目にご紹介するのは、靴棚です。

すのこを使って、見える収納という形の靴棚を作るのもおすすめです。

すのこで作る靴棚は通気性がよいので、嫌な臭いがこもるようなこともありません。

靴棚はあるけど、子ども用の靴を置く場所がないというような場合は、100均のすのこで子ども用の小さい靴棚を作るのもおすすめです。

フックやアイアンバーなどを取り付けると、靴以外の小物を収納することもできます。

傘立て

4つ目にご紹介するのは、傘立てです。

2枚のすのこを下駄部分が内側になるようにして合わせると、傘立てを作ることができます。

傘立ての表面にフックやアイアンバーなどを取り付けると、傘以外の小物も収納することができます。

もしくは、すのこにフックを取り付けて、玄関に吊るすと浮かせる傘立てを作ることもできます。

壁側には100均のリメイクシートを貼っておけば、水滴が付いても安心です。

移動式ゴミ箱

5つ目にご紹介するのは、移動式ゴミ箱です。

すのこの下駄部分が内側に向くように組み合わせて箱を作り、その箱に100均のキャスターを取り付けましょう。

長方形のすのこを使えば、下駄部分で仕切って分別できるゴミ箱を作ることもできます。

その他、このアイデアを応用すれば、2段にしてランドリーカートとして使うこともできます。

壁がけシェルフ

6つ目にご紹介するのは、壁がけシェルフです。

すのこを壁に立てかけるかもしくは吊るすと、収納スペースを作ることができます。

フックやワイヤーネット、アイアンバーやウォールシェルフを取り付けて、小物を収納できるように工夫しましょう。

小さな観葉植物や写真立てなどを飾ってインテリアにするのもよいですね。

ベッド

6つ目にご紹介するのは、ベッドです。

なんと、すのこでベッドを作ることもできます。

作り方はとても簡単で、ベッドの大きさにすのこを敷き詰め、すのこ同士を固定するだけです。

床に直接布団やマットレスを敷くより通気性がよくなるので、ベッドの木枠の代わりとして使うことができます。

少し高くしたい場合は、ホームセンターで木材を購入して木枠を作り、その内側にも必要な本数の木材を渡して、すのこを支える枠を作りましょう。

これだけでもベッドとして使うことができますが、よりベッドに近づけたい場合は、同様に木枠とすのこを使ってヘッドボードを作りましょう。

テーブル

7つ目にご紹介するのは、テーブルです。

100均のアイテムのみでも、小さめのテーブルを作ることができます。

すのこを天板として使う場合は、すのこを2枚用意して、1枚は解体し、もう1枚のすのこの板と板の隙間に、解体した方の板をはめ込んで埋めていきます。

テーブルの脚は、100均の花台を利用すれば、天板を花台に固定するだけでテーブルになります。

その他、100均の整理棚にすのこの天板をはめ込んでも、小さなテーブル代わりとして使えます。

使わない時には折り畳んで収納することができるので、便利です。

すのこのみを使って、箱型にはめ込むだけでもテーブルとして使えます。

下駄部分が内側になるように組み合わせれば、中に雑誌や新聞なども立てかけることができるテーブルになります。

室内で使うのもよいですが、ベランダや庭で使うのもおすすめです。

縦に長いすのこを側板に使い、天板の下にもすのこを入れて棚を作り、キャスターを付けて移動式にすると、サイドテーブルとしても使えて便利です。

まとめ

今回は、100均で買えるすのこの種類やサイズ、100均のすのこを使ったDIYアイデアについてご紹介しました。

100均のすのこにもいろいろな種類やサイズがあり、DIYにも十分使えるアイテムになっています。

ぜひ100均でいろいろなすのこを探してみてください。

また、DIYをする際には今回ご紹介したDIYのアイデアを組み合わせて応用するのもおすすめです。

すのこ以外にも、DIYに使えそうな材料は100均にもたくさんあります。

特にDIY初心者には、100均商品を使う方が手軽なのでおすすめです。

あなたの家にぴったりな作品を考えてみてください。

※商品内容や価格は変更となる場合がございます。最新の情報は各販売サイトでご確認ください。

FacebookTwitterLine