自転車の鍵を無くした時の対処法!おすすめ事業者もご紹介

FacebookTwitterLine
自転車の鍵を無くした時の対処法!おすすめ事業者もご紹介

自転車は日常生活で使わない人はいないほど重要な商品になっていて、なくてはならない方も多いのではないでしょうか。

そんな自転車ですが、防犯の観点から鍵をかける方が多いと思います。

自転車の鍵は小さくてどこにしまったかわからなくなったり、無くしてしまったりすることはないでしょうか。

この記事では自転車の鍵を無くしたときにどのように対処すれば良いのか、どこの事業者に鍵開けを頼むと良いのかをご紹介します。

家事をドレで楽にする?

カジドレ編集部では、家事・掃除・食事・子育て・収納・お金のことなど、暮らしに役立つ商品やサービスを紹介しています。
仕事や育児でなかなか家事に手が回らない・・・、そんな忙しい毎日の家事を楽にする情報を実際に利用した体験談も交えてお届けします。

カジドレ厳選!自転車の鍵開け事業者2社

まずは、カジドレで厳選したおすすめの自転車の鍵開け事業者2社を比較してご紹介!

業者名鍵屋の鍵猿カギ110番
料金(税込)8,800円〜8,800円〜
現地到着時間最短15分最短5分
所要時間15〜30分15〜30分
対応エリア全国全国

自転車の鍵を無くした場合の対処法

自転車の鍵を無くした場合の対処法

自転車の鍵を無くした場合、対処法としてはさまざまあります。

一番安く抑えられて鍵を壊さなくて良いのは、自分で鍵交換をすることですね。

どうしても開かない場合は、壊してでもこじ開ける方もいるかもしれません。

まずは自分で試してみて、それでもダメそうなら交番や自転車屋、鍵開け事業者などに依頼すると、壊す方法よりもっと良い案を見つけてくれる可能性があります。

さまざまな対処法があり、人によって選択する対処法が違ってくるはずなので、しっかりとこの記事を見て参考にしてくださいね。

ではそれぞれの対処法について詳しく解説していきます。

自分で鍵交換をする

自分で鍵交換をする

まずは自分で鍵の交換ができるかどうか試してみましょう。

鍵自体を再作成することは、素人には無理なので、この場合鍵シリンダーそのものを交換するようになります。

そんなことをするより、自転車を新しく購入した方が早いという声も出てきそうですが、愛着を持って大切に乗っている自転車だと簡単に買い換えられませんよね。

鍵の交換パーツについては、ホームセンターや自転車屋に行くと売っていることもあります。

また、自分で鍵交換をすることで費用もパーツ代だけで抑えられるので、少しでも安く自転車の鍵を直したい方にはおすすめですね。

注意点としては、あくまで素人が鍵の交換をするので、失敗するリスクがあるということです。

説明書や解説等を十分に熟読して鍵交換に挑むようにしましょう。

無理矢理こじ開ける

無理矢理こじ開ける

日常生活で使用する自転車の鍵開け最終手段として、無理矢理鍵をこじ開けるという方法もあります。

しかし、これはあまりお勧めしません。

日本の自転車盗難事件は全国さまざまな場所で、多くの事例が報告されており、そのうちの約7割強が自転車に鍵がかかっていないことが原因になっているそうです。

無理矢理こじ開けるということは、鍵そのものを破壊してしまうことになるので、破壊した後新しく交換するなら良いですが、そのままにしてしまうと盗難の危険が高まってしまいます。

鍵は防犯対策なので、最終手段として最後まで鍵を壊すことは考えず、他の方法で解決できる方向に持っていけると良いですね。

特にロードバイクなどで鍵を無理矢理こじ開けてしまうと、高価な自転車に傷をつけてしまう可能性があります。

自転車の種類や大切にしている度合いによっても、鍵を壊すことはしっかりと考えてから選択してくださいね。

自転車の防犯登録ってしてる?登録してない自転車は危険!

余談にはなりますが、皆様自転車の防犯登録は必ず行ってください。

防犯登録をしていると、鍵をこじ開けてしまって鍵がない状態の自転車でも登録情報を遡って盗難が立証できる可能性もあります。

少しだけ費用はかかりますが、愛着を持って乗ってきた自転車が盗難にあった時、取り戻せる可能性を少しでも高められるのが防犯登録です。

また、屋外で鍵を無くして無理矢理こじ開けているところを警察に見られてしまうと盗難の疑いがかかる可能性があります。

本人確認書類と防犯登録の情報で本人のものと確認できるため、万が一に備えて必ず防犯登録はしておくようにしましょう。

交番で鍵を開けてもらう

交番で鍵を開けてもらう

自転車の鍵を無くしたときは、交番で手助けをしてくれる場合があります。

そこまで自転車を持っていかなければいけないので、交番が近くにないと使いにくい方法ではありますが、一つの手段として覚えておくと良いでしょう。

交番には糸のこやボルト・ワイヤーカッターなどが置いてあることが多く、基本的には鍵を壊して開けてもらうようになります。

急ぎでどうしても鍵を壊さないといけない方はまずは交番に寄ってみましょう。

注意点としては、壊した鍵は必ず自転車屋などに持ち込んで修理してもらってください。

壊れたままにしておくと、盗難に遭うリスクがありますので、必ず修理は忘れずに行いましょうね。

自転車屋に相談する

自転車屋に相談する

自転車の鍵を無くした場合は、自転車に強い自転車専門店に相談してみると良いでしょう。

自転車の鍵は無くすことが多く、困っている方も多いので自転車屋さんも対応の仕方を熟知しています。

近くに自転車屋がなく、どしても自分で対応しないといけない場合は壊す方法もありますが、近くに自転車屋があるのであれば、まずは鍵がどうにかならないか相談してみましょう。

大切な自転車を壊さず、傷つけずそのまま使用できる場合もありますよ。

もし、鍵がどうしても開かない場合は最悪鍵を壊してもらえて、その場で鍵の交換もしてもらえるので、自転車屋にいけば間違いないはずです。

工賃と部品代を支払えばすぐになおしてくれるし、費用についても数千円で収まる場合が多いため、間違いない方法ではあります。

鍵屋に依頼して開けてもらう

鍵屋に依頼して開けてもらう

自転車の鍵を無くしたときに一番安全かつ平和に終わるのは、鍵屋に鍵の修理を依頼することです。

鍵屋に鍵を開けてもらうことで、一番時間がかからず自転車を傷つけることなく終わらせられます。

また、鍵屋にはその場で鍵を作成してもらえることもあるので、無くした鍵がその場で戻ってくるのもおすすめできるポイントです。

鍵屋に修理や解錠を依頼すると、自転車屋に持って行ったり交番に訪れなくても場所さえ伝えればその場まで駆けつけてくれます。

至れり尽くせりな分、他の方法に比べて費用が割高になってしまう部分はありますが、それだけの価値はありますよ。

鍵開けにかかる費用はどのぐらい?

鍵開けにかかる費用はどのぐらい?

自転車の鍵を無くしたときに気になるのがお金の部分ですよね。

日常的に使用する自転車は本体の金額もそれほど高くない場合もあるため、鍵の修理にあまりにもお金がかかるのであれば、新しい自転車を購入した方が良いことも。

今回は、自転車屋での鍵開けや修理と、鍵開け業者に依頼した場合の費用について詳しく解説していきます。

おおよその目安となる費用感が頭に入っていると、いざという時どこに依頼するのがベストか選択する際に役立ちます。

この記事を参考に金額についてしっかりと把握してくださいね。

自転車屋の場合

自転車屋の場合

自転車屋に依頼する場合、どの自転車屋に依頼したとしても費用としてはおおよそ2,000円(税込)前後かかってきます。

これは部品代や工賃も含まれているため、合計でこれだけの金額であるならば、かなり安価ではないでしょうか。

また、自転車屋の中でも「出張サービス」を行っている自転車屋もあります。

鍵屋と同様に場所を伝えるとその場所まで来てくれるのですが、出張費がおおよそ1,000円(税込)前後かかってくるため、近くに自転車屋がある場合は頑張って担いで持っていきましょう。

注意点としては、ほとんどの自転車屋はあくまでも鍵を壊して、新しくその場で鍵を交換するようになっています。

自転車修理のプロとはいえ、自転車に傷がつく可能性はゼロではないので注意しましょう。

鍵屋の場合

鍵屋の場合

鍵屋はさまざまな鍵の解錠のプロフェッショナルなので、鍵屋に頼めばまず間違いなく解錠してくれるでしょう。

基本的には、動けなくなった場所に来てその場で解錠してもらえるので、自転車を持っていく必要がありません。

どんな鍵でも開けられる鍵業者なので、解錠費用については5,000円〜10,000円(税込)以上とかなり費用に関しては高くなってしまいがちです。

しかし、その分確実に開けてもらえてかつ時間も10分〜15分とかなりスピーディに対応してもらえるので、急いでいる時も安心です。

鍵開け事業者の選び方のポイント

鍵開け事業者の選び方のポイント

ここまでは、自転車の鍵を無くした時の対処法や、どのような方法があるのかをご紹介してきました。

ここからは、安心して鍵開けを任せられる鍵開け事業者について選び方のポイントを解説していきます。

一概に鍵開け事業者と言っても、さまざまな事業者があります。

価格やスピード、対応可能地域などを比較しながら、自分に合った鍵開け事業者を選択することで、無駄な費用を払わないようにしましょう。

価格で比較する

価格で比較する

やはりまずは一番気になってくるであろう価格。

費用は鍵開け事業者によってさまざまな価格帯がありますが、多いのが5,000円〜10,000円(税込)の事業者です。

価格が上がれば、質が上がることもありますが、事業者によって言い値で決まっている部分もあるので、一概に質が上がるとも言い切れません。

鍵開け事業者に頼むときは、必ず他業者も検討し一社に絞らず複数社に見積もり依頼をしてみると良いでしょう。

スピードで比較する

スピードで比較する

さまざまな事業者がある中で、スピードにも焦点をあてて業者を決めていくのも良いかもしれませんね。

ただ早いだけでなく、スピーディかつ正確に鍵開けを行ってもらえると、時間がかからず気持ちよく業者さんと取引できます。

事業者によって時間はまちまちですが、基本的には10分〜30分ぐらいで鍵開けを行ってもらえることが多いです。

公式サイトにあまりにも短時間でできると書いてある場合は、解錠ではなく鍵を壊す方法をとっていないか、しっかりと確認しておくと間違えた業者を選択することは無くなるでしょう。

対応可能地域で選ぶ

対応可能地域で選ぶ

この記事を見ている方は全国さまざまな場所に住まわれていると思いますので、対応可能地域についてはしっかりと把握しておくと良いでしょう。

業者によっては関東だけに対応していたり、関西だけに対応していたりと、いろいろなパターンが考えられます。

鍵屋を調べたときに、まずは自分が住んでいる地域に対応しているかどうかを確認することで、電話して場所を聞かれた際対応できませんと言われることがなくなります。

確認せず電話してしまうとそれだけで時間を無駄にしてしまうので、一刻を争うときほど冷静に調べて対応しましょうね。

おすすめの鍵開け業者2選!

おすすめの鍵開け業者2選!

鍵開け事業者の中でもおすすめできる事業者とそうでない事業者があります。

後述しますが、鍵開けの見積もりを出してもらっても、見積もり以上の追加料金が発生したり、解錠ができなくても料金がかかってしまう事業者なんかもあります。

今回ご紹介するのは、鍵開け事業者の中でもカジドレが特におすすめした事業者を2選ピックアップして、ご紹介します。

それぞれの事業者にそれぞれ良いところがあるので、ぜひ参考にしながらどの業者に依頼するか決めてくださいね。

カギ110番は最短5分で現地に来てくれる

鍵の救急サポートセンター
(画像引用: カギ110番)

カギ110番は、あらゆる鍵の困りごとに対応してくれる万能な鍵開け業者さんです。

鍵開け業者は基本的に、電話をすれば現地に来て鍵の対応してくれるのですが、カギ110番は、その対応スピードがとても早く評判が高い業者さんとなります。

現地まで最短5分で訪れてもらえるのですが、その早さの秘訣は圧倒的な加盟店数で全国274社の加盟店が迅速に対応してくれる特徴があります。

鍵開け作業は加盟店が行うのですが、電話対応は受付担当が対応しており、加盟店と密な関係を築き上げているからこその対応スピードだといえます。

受付も24時間体制で対応しているため、いつ電話しても対応できる万全な体制を築いていますよ。

お客様目線の低料金サービスの実施

どんなお客様でも料金が安いにこしたことはないですよね。

カギ110番では、お客様が安心してサービスを受けられるように料金も低めに設定されています。

どの鍵でも基本的な料金は8,800円(税込)からとなっており、明確な料金体系が特徴的です。

出張費や作業費、部品代など全てが入った総額の表示なので、他鍵開け業者とは違い、追加料金が大きくかかってくる可能性も少なくなります。

お客様ファーストの明朗会計を行っているため、納得のサービスを受けられますよ。

鍵が開かなければ施工費がかからない!

鍵開け事業者は、現地に赴いて作業するため、かかってくる費用としては「施工費」「出張費」「部品代」があります。

そのうち、「施工費」と「部品代」に関しては、現地に赴いて作業をしたとしても鍵が開かなければかからないようになっています。

他の事業者では、見積を出して鍵が開かなかったとしたら、鍵を壊してでも開けて費用が発生する場合がありますが、カギ110番ではそのようなことはないので安心してお任せできますね。

注意点としては、現地まで赴いていただいているので「出張費」はかかってくることと、途中でキャンセルした場合にはキャンセル料がかかる場合があります。

料金内容についてはしっかりと確認して、依頼するようにしましょう。

無料の電話相談はこちら

カギ110番
(画像引用:カギ110番)

【鍵屋の鍵猿】は年中無休で対応してくれる

鍵猿
(画像引用:鍵猿)

鍵のサービス3冠達成!

公式サイトで詳細を見る

鍵屋の鍵猿は、鍵のトラブルのことならなんでもお任せできて、自転車の鍵開けにも対応している鍵開け業者です。

特徴は年中無休で資格を持ったプロの錠前技師が最短15分以内で駆けつけてくれる点です。

出張量や、見積料、キャンセル料などは一切かからず無料で対応してもらえて、かつ事前に料金等も明確にしてくれるためかなり安心できます。

解錠後の鍵交換も当日に行なってもらえる

基本的には解錠が終わればそこで終わりな鍵開け業者ですが、鍵屋の鍵猿は無くした鍵が誰かに拾われて使われることも想定して鍵をその場で交換してくれます。

拾われた鍵を使用されて、盗難につながったケースもあるため、当日すぐに鍵交換を行なってもらえるのはかなり安心できますよね。

注意点としては、基本的には当日で対応してもらえますが、場合によっては後日対応になる可能性があることです。

事前に当日交換もできるか聞いておくとトラブルになることがないので、しっかりと確認しておきましょう。

見積は現地で行ってもらえる

基本的に鍵屋は現場の状況を電話で確認して、見積もりを伝えて判断してもらうようになるため、現場に来て追加工事などが発生し料金が見積もりより高くなってしまう可能性があります。

鍵屋の鍵猿では、作業をする前に現地で必ず現場の状況を確認し、見積もりを正確に出した上で作業していただけます。

ですので、依頼者は納得の上、鍵猿に依頼できるので業者への信頼度や口コミがかなり良いこともおすすめポイントの一つです。

自転車の鍵開けは複数社に見積を出してもらい比較しよう

複数社に見積を出してもらい比較しよう

鍵開け事業者も利益を得るために仕事をしているので、各事業者に応じてそれぞれ料金が異なります。

場合によっては見積を取らずに現地で作業をした後に、料金を開示してくる悪質な事業者も存在します。

必ず事前に見積りを出してもらえるか確認しましょう。

また、見積を出してもらっても安心はできません。見積を出してはくれるが、作業終了後に追加料金が発生する可能性もあります。

こちらについても必ず事前に追加費用がかからないのか、それとも状況を現地で確認してその場で正確な見積を出してもらえるのか確認してください。

複数社の見積を比較検討することで、悪質な事業者に引っかからず、しっかりとした事業者に作業をお願いしましょう。

自転車の鍵を無くさない対処法も考えよう

鍵を無くさない対処法も考えよう

そもそも論にはなりますが、鍵を無くさなければ費用がかかることも、大事な自転車に乗れなくなってしまうこともありません。

自転車の鍵に限らず、他の鍵でもそうですが、無くさないための対処法もしっかりと考えておきましょう。

具体的には落ちた時に、落ちたとわかるように鍵に鈴などを付けておいたり、Apple社の紛失防止タグ「AirTag」をつけておいてもよいかもしれませんね。

AirTagは万が一落とした時に鍵の居場所がどこか「探す機能」で確認できるので、落とした時でも安心です。

また、鈴やAirTagなどのストラップをつけておくことで、落とした時に交番に届けてくれる可能性が高まるので、その点においても安心できますよ。

事前に対策をすることで、無駄な出費にならないよう日常生活の中で必要な知恵のうちの一つなので、参考にしてみてくださいね。

自転車の鍵を無くしても焦らず対応しよう

自転車の鍵を無くしても焦らず対応しよう

今回は自転車の鍵を無くした時の対処法と、無くした際にどんな鍵開け事業にお願いすればよいのかおすすめの事業者をご紹介しました。

自転車の鍵が無くなるとその日使いたかったのに使えなかったり、出先で使えなくなったりして焦ることもあるかと思います。

ですが、無くした時こそ焦らずにまずは状況を整理して、場合によっては事業者に依頼して鍵開けを行ってもらうようにしましょう。

自転車の鍵を無くして困ったときは、まずこの記事を読んで対処法をしっかりと検討して動いていくようにしましょうね。

※サービス内容や価格は変更となる場合がございます。最新の情報は各サイトでご確認ください。

FacebookTwitterLine