• トップ
  • コラム
  • 【よくある質問集】家事代行サービスに関する気になるQ&A

【よくある質問集】家事代行サービスに関する気になるQ&A

FacebookTwitterLine

料理や洗濯、掃除などの作業を任せられる家事代行サービスが人気を集めつつあります。しかし、中には家事代行サービスが気になっているものの不安や気になる点があってなかなか利用に踏み切れない人もいるでしょう。

そこで今回は、家事代行サービスに関するさまざまな質問をまとめて紹介します。質問のっ種類ごとに分けて内容をチェックしていきましょう。

家事代行サービスに関するよくある質問集

この章では、家事代行サービス自体に関するよくある質問を紹介します。今回紹介する質問は以下の通りです。

それでは順番に、家事代行サービス自体に関するQ&Aをチェックしていきましょう。

どのような人が利用している?

家事代行サービスの利用者は、共働き世帯などが多いです。しかし、家事代行サービスの料金の低価格化が進んでいるため、1人暮らしやファミリー層にも人気があります。

「家事代行サービスを利用する1人暮らし=お金持ち」というイメージを持つ人がいますが、ライフスタイルの多様化に伴って様々な人が家事代行サービスを利用するようになりました。

家事代行サービスは何をお願いできる?

家事代行サービスは料理や洗濯、掃除などの家事を業者に依頼できるサービスですが、具体的な内容は家事代行業者によって異なります。一般的な作業であれば基本的には問題なくお願いできます。しかし、エアコンのクリーニングやキッチンのダクトの清掃など専門的な知識が必要な作業は、家事代行業者にお願いできないので注意しましょう。

家事代行とハウスクリーニングの違いは?

家事代行サービスとハウスクリーニングの大きな違いは、作業に必要な道具にあります。家事代行サービスの場合は利用者の自宅にある掃除用具・洗剤などを使ってスタッフが作業します。一方、ハウスクリーニングの場合は業者が専門の機材や洗剤などを用意して徹底的に清掃をする違いがあるのです。

家事代行業者の中には基本的な掃除だけでなく、ハウスクリーニングに対応している場合もあります。専門性が必要な清掃を依頼したい人は、利用を検討している家事代行業者に一度相談することをおすすめします。

家事代行と家政婦の違いは?

家事代行サービスと家政婦の違いは、働く人の雇用形態にあります。家事代行サービスの場合は、家事代行業者とスタッフが雇用契約を結んでいます。一方、家政婦の場合は利用者と作業をする人が直接契約をするのです。

家政婦と直接契約をする場合は1対1の関係になるので、人間関係がより大切になります。そのため、改善点や要望を伝えづらいケースも考えられます。しかし、家事代行サービスの場合はスタッフとの間に業者がいるので、スタッフに直接言いづらいことも間接的に伝えてもらえるメリットがあるのです。

もしものトラブルが発生した場合に、利用者の負担を最小限に抑えて適切に対応してもらえるのは家事代行サービスと言えるでしょう。

マンション・アパートでも利用できる?

マンションやアパートに利用者が住んでいる場合でも、問題なく家事代行サービスの利用が可能です。共同住宅の場合は共用部分の使用方法やマナーを事前に家事代行業者のスタッフに伝えておくと、スムーズに作業が進むのでおすすめです。

1回だけの利用は可能?

家事代行業者がスポットプランを用意している場合は、1回だけの利用もできます。定期プランよりも1回あたりの料金単価が高めになりますが、スポットプランの方が気軽に家事代行業者を利用できる特徴があります。

ただし、利用回数が1回だと利用者が不在時に家事代行サービスを利用できない場合が多いです。また、料金の支払い方法が限定されている場合もあるので、事前に家事代行業者に利用状況を確認しておきましょう。

ペットを飼っていても大丈夫?

犬や猫などのペットを部屋で飼っていても基本的には、家事代行サービスを利用できます。家事代行業者で働くスタッフの中には動物のアレルギーを持っている人もいるので、サービスの利用前に業者にペットがいることを伝えておきましょう。

なお、ペットの餌やりや散歩などの世話は家事代行サービスの対象外になっている場合が多いです。業者にペットの世話をお願いしたい場合は、ペットシッターのサービスに対応しているか確認することが大切です。

事前見積もりは出してもらえる?

初めて家事代行サービスを利用する場合は、基本的に事前見積もりを出してもらうのが一般的です。サービスの利用申し込みをした後に担当者が依頼者の自宅に来て見積もりをして、スタッフが依頼日に作業をしてくれる流れです。

料金の支払い方法は?

家事代行サービスの料金の支払い方法は、現金、クレジットカード、口座振替、口座振り込みが多いです。ただし、家事代行業者や利用するプランによっては、料金の支払い方法が限定される場合があります。

領収書の発行はできる?

家事代行サービスを利用した後であれば、領収書の発行ができます。具体的な発行方法は利用する家事代行業者によって異なるので、必要な場合はスタッフや担当者に確認するようにしましょう。

早朝や深夜の利用はできる?

家事代行業者にもよりますが、あらかじめ相談すれば営業時間外の早朝や深夜でも電話できる場合が多いです。ただし、場合によっては時間外の割増料金が発生する場合もあるので、料金システムをあらかじめ確認することをおすすめします。

親などに家事代行サービスをプレゼントできる?

家事代行サービスは申込者本人だけでなく、家族などにギフトとしてプレゼントすることもできます。親や祖父母などに感謝の気持ちを材料1つの方法として家事代行サービスの利用を考えるのも良いでしょう。

部屋がすごく汚くても大丈夫?

家事代行サービスを依頼する部屋がとても汚くても問題ありません。ただし、散らかり具合によっては通常の掃除だけでは綺麗にならない可能性があります。汚れがひどくこびりついていたり、悪臭がしたりする場合は一度家事代行業者の担当者に部屋の状況を伝えることをおすすめします。

土日や祝日に利用できる?

家事代行業者の営業日であれば、土日や祝日でもサービスを利用できます。営業日は家事代行業者によって異なります。本来、土日・祝日は休業の家事代行業者であっても、事前に相談すれば対応してもらえる可能性もあるので、一度業者に相談してみましょう。

依頼日当日でも依頼できる?

家事代行サービスは、基本的に利用日当日の依頼は難しいです。ただし、家事代行業者の中には利用日当日の予約でも柔軟に対応してくれるところもあります。

スケジュールの見通しが立ちづらい人は、柔軟な対応してくれる家事代行業者に絞って依頼先を探すことをおすすめします。

依頼日前に準備しておくものは?

家事代行業者によっては、料理や掃除に必要な基本的な道具を用意するように求められる場合があります。具体的に必要な道具は家事代行業者のホームページなどに記載されていることが多いので、事前に目を通しておくとスムーズにサービスを利用できます。

法人契約はできる?

依頼する代行業者にもよりますが、個人契約だけでなく法人契約にも対応するところが多いです。法人での家事代行サービスの利用を検討している場合は、料金やプランの内容などについて一度家事代行業者の担当者と相談することをおすすめします。

家事代行サービスの作業に関するよくある質問集

続いて、家事代行業者のスタッフが行う作業に関するよくある質問を紹介します。今回は次の4つのQ&Aを見ていきます。

料理の味付けなどの細かい指示はできる?

家事代行サービスの利用時には「塩分を控えてほしい」「アレルギーがある食品の使用を避けてほしい」などのような料理の味付けに関する細かい指示もできます。その他、掃除や整理整頓などのこだわりがある場合も事前にスタッフに伝えておけば、対応してもらえます。

作業に満足できない場合にやり直ししてもらえる?

誰が見ても作業に不足がある場合以外は、家事代行サービスのやり直しは難しいでしょう。家事代行サービスの品質に不安がある人は、満足度を保証する制度がある家事代行業者がおすすめです。保証制度があればサービスに満足できない場合に、やり直しをしてもらえるので家事代行サービスを安心して利用できます。

お茶やお菓子は必要?

家事代行サービスの利用時に、スタッフに対してお茶やお菓子を用意する必要ありません。スタッフが休憩時に必要な食べ物・飲み物は自分で用意するので、心配しなくて大丈夫です。

万が一、物損や事故が起きた場合は?

損害賠償保険に加入している家事代行業者であれば、スタッフの作業中に起きた物損や事故による意外を補填してもらえます。家事代行業者のほとんどが損害賠償保険に加入していますが、未加入の場合は補償されないので注意が必要です。

不在時の利用に関するよくある質問集

次に、利用者が不在時に家事代行サービスを利用する場合によくある質問集を紹介します。今回は、次の4つのQ&Aを見ていきます。

不在時でも作業してもらえる?

鍵の預かりに対応している家事代行業者であれば、利用者が自宅に不在でも家事代行サービスを提供してもらえます。ただし、スポットプランの場合は基本的に不在時の家事代行に対応してもらえません。仕事などで自宅にいない間に家事をこなして欲しい場合は、定期プランの利用を検討してみましょう。

鍵を預けたくない場合は?

自宅の鍵を家事代行業者に預けたくない場合は、不在時の家事代行サービスの利用を諦めるほかありません。家事代行業者は利用者の鍵をきちんと管理していますが、それでも心配な人は在宅時のサービスの利用を考えてみてください。

不在時に荷物・郵便の受け取りはお願いできる?

家事代行業者のスタッフにあらかじめ荷物や郵便が来ることを伝えておけば、不在時でも受け取りをしてもらえます。急に来た荷物や郵便の受け取りは対応不可としている家事代行業者が多いです。

不在時の電話や来客の対応は?

スタッフの作業中に来た電話や来客への対応は基本的に行われません。ただし、家事代行業者によっては事前に指示をしておくことで対応してもらえる場合もあります。

スタッフに関するよくある質問集

家事代行業者で働くスタッフに関する質問もよくあります。今回は、次の6つの質問をチェックしていきましょう。

スタッフはどんな人?

家事代行業者で働くスタッフの多くは20~60代の女性です。業者によっては女性だけでなく、男性のスタッフを用意していることもあります。

日本人だけでなく、海外出身のスタッフを雇っている家事代行業者も増えています。

固定スタッフにしてもらえる?

定期プランを契約すれば、スタッフを固定してもらえるケースがほとんどです。スポットプランだとプランの内容上、固定スタッフにしてもらえる可能性が少なくなります。「いつも同じスタッフに作業をしてほしい」という人は、定期プランの利用を検討してみましょう。

スタッフの変更はできる?

家事代行業者によって対応方法は異なりますが、業者に相談すればスタッフを変更してもらえることがほとんどです。スタッフの変更をお願いする場合は、「なぜスタッフを変更して欲しいのか」と尋ねられるので端的に理由を伝えましょう。

スタッフと直接契約してもいい?

家事代行業者の多くはスタッフと利用者との直接契約を禁止しています。禁止事項を守らずに直接契約をすると罰金を支払わなければいけないケースもあるので、十分注意が必要です。いつも作業をしてくれているスタッフと直接契約をしたい場合は、一度運営会社に問い合わせることをおすすめします。

英語対応はできる?

家事代行業者で働くスタッフの中には英語を話せる人もいます。そのため、スタッフに英語対応を求める場合はあらかじめ業者に伝えておきましょう。すべてのスタッフが英語に対応しているわけではないので数に限りがあります。希望が通らない場合もあることを念頭に置いておきましょう。

スタッフの性別は指定できる?

男性(もしくは女性)のスタッフを希望する場合は、一度家事代行業者に相談してみましょう。家事代行業者は利用者の希望にできるだけ対応する姿勢のところが多いので、電話やメールなどで家事代行業者に連絡を取ってみましょう。

セキュリティに関するよくある質問集

最後に、家事代行サービスの利用におけるセキュリティに関するよくある質問集を紹介します。今回は次の3つのQ&Aをチェックしていきましょう。

利用者がセキュリティ上注意しておくことは?

家事代行サービスを利用するときは、印鑑や通帳や金属などの貴重品をきちんと管理しましょう。例えば、在宅時であれば商品を自分の手元に置いたり、不在時は金庫や鍵がかかる部屋に保管したりなどの方法があります。利用者がセキュリティにおける注意を払うことで貴重品が盗難される危険性だけでなく、作業時の紛失のリスクも抑えられます。

近所に家事代行サービスの利用はバレない?

家事代行業者に事前に話をしておけば、近所の人にサービスの利用がバレないように配慮して作業にあたってもらえます。とは言え、100%バレない保証はないので、周りの人に家事代行サービスを使っていることを絶対にバラしたくない場合は利用をよく検討しましょう。

鍵の管理の方法は?

不在時に家事代行サービスを利用する場合は鍵を預ける必要がありますが、管理方法は家事代行業者によって異なります。いずれの家事代行業者も預かった鍵はきちんと管理していますが、少しでも不安がある場合は在宅時に家事代行サービスを利用するようにしましょう。

まとめ

今回は、家事代行サービスに関するよくある質問集を紹介しました。ただし、いずれも家事代行業者によっては対応が異なる場合もあるので、利用前に依頼先の家事代行業者にきちんと確認することをおすすめします。

今回紹介したよくある質問集を参考に、家事代行業者の利用を検討してみましょう。

FacebookTwitterLine