• トップ
  • コラム
  • 書初めの後に汚れた筆はどう洗う?!習字道具のお手入れのコツ

書初めの後に汚れた筆はどう洗う?!習字道具のお手入れのコツ

FacebookTwitterLine

お正月の書初めや、子どもの書道の授業などの際、習字道具のお手入れはどうしたらいいのかわからない!という方も多いのではないでしょうか。墨がついた習字セットを家の洗面所などで洗うと、黒く汚れてしまうので要注意!
ここでは、習字道具の基本的なお手入れと、洗い方についてご紹介します。

子どもの習字道具のお手入れ、どうすればいい?

お子さんが小学生になると、書道の授業が始まりますよね。最近では、お習字のセットは学校で洗わず家で洗うように、と生徒に指導している学校も多いようです。

では、どんなふうに習字道具洗えばいいのか。なるべく長く、きれいに使ってもらえるように、正しいお手入れの仕方を見ていきましょう

太筆の洗い方

墨が固まってしまうので、本来ならば、すぐに洗うのが正解。ただし、前述したように学校で使って、帰宅したあと洗う、というようにタイムラグがある場合は、ひとまずティッシュなどで筆についた墨を拭き取っておきましょう。

洗い方は、容器に水をためて、筆をふるようにして墨を落としていきます。筆の根元の隅が残っている場合は、やさしくもみほぐすように洗ってください。何度か水を替えながら、もんでも墨が出なくなるまで洗います。

ちなみに、筆を洗うのは流水でもOKですが、水圧が強いと筆割れの原因になります。筆を傷めないよう、水を細く出し、毛の流れに沿って水を流すようにご注意を。
洗ったあとは、やさしく毛をしぼるようにして水分を取り除き、形を整えます。その後は吊るして自然乾燥させましょう。しっかり乾燥させることが切れ毛を防ぐコツです。

細筆の洗い方

細筆はもともと糊で固められた状態で販売されており、毛の1/3程度をおろして使うため、使い終わっても洗う必要はありません。いらない半紙やティッシュペーパーなどに水分をわずかに含ませ、穂先部分だけを寝かせるようにして炭をふき取ります。
紙に墨がつかなくなったら、形を整えた後吊るして自然乾燥させます。

硯の洗い方

まず使い終えた半紙や新聞紙である程度墨をふき取ってから、ぬるま湯で流します。角などに墨が残っていると固まってガチガチになってしまうため、すみずみまで念入りに洗いましょう。あまり強くこすると割れる原因になるので、ぬるま湯とスポンジを使って優しく洗い上げてください。その後自然乾燥させて完了です。

下敷きの洗い方

習字用の下敷きは汚れがちですが、基本的には洗いません。汚れは濡れた布類でふき取るか、ぬるま湯でやさしくほぐしながら汚れだけ落とし、しっかり水気をふき取ってから陰干ししましょう。洗剤は使わないようにしてください。

どの道具も、基本的には持ち帰ってきたらなるべくすぐ洗うこと。墨は固まるとどんどん落ちにくくなりますから、早いうちに汚れを落としておくことがお手入れのしやすさのコツとなります。

習字道具はどこで洗う?

墨の汚れはついてしまうと落ちにくいもの。一体どこで洗うのがベターなのでしょう?

もし庭があるなら、庭の排水溝などでざぶざぶ洗うことをおすすめします。真っ白な洗面台など汚れが目立つ場所は、墨の汚れがとれなくなる可能性があるので要注意!
家の中なら、キッチンなどステンレス製の流しが良いでしょう。始めはバケツなどを使ってあらかじめ墨を落としてからにしたほうが安心です。

習字道具のお手入れをラクにするこんなアイデアも!

習字道具のお手入れは、なかなか骨が折れる作業です。
そこで、主婦の知恵が満載の「暮らしニスタ」より、習字道具のお手入れをラクにしてくれる方法を2つご紹介します。

ペットボトルで解決!洗面所を極力汚さずに習字道具を洗う方法

出典:暮らしニスタ

1~1.5Lなど大きめのペットボトルをカットし、飲み口部分を洗面所の排水溝に差し込みます。ぬるま湯を出しながら、ペットボトルの内壁で筆をじゃぶじゃぶ洗います。これなら子どもだけでも簡単に、洗面所を汚さずに筆を洗えますね。廃材の再利用なのもうれしいポイント。

筆をきれいに洗う!洗面所を汚さない洗浄ケース

出典:暮らしニスタ

フタが1か所開閉できる100均のタッパーを用意。グルーガンで底部分に洗濯板のように並々の溝をいくつか作ります。これで筆用洗浄ケースの完成!このケースにぬるま湯でつけ置きしておき、溝にこすりつけながら洗って、汚れた水を注意して排水溝に流します。

傷んでしまった筆のお手入れ法は?

もし間違ったお手入れなどで筆が傷んでしまったら、買い替える前に以下の方法を試してみましょう。

先が2つに割れてしまった場合

筆を洗わないまま放置したり、洗い残しがあると、残った墨が固まって毛先がぱっくり割れてしまうことがあります。その場合はぬるま湯にひたして毛をほぐし、墨のかたまりをもみだすようにして、丁寧に取り除きましょう。
また乱暴な洗い方も切れ毛や抜け毛の原因となります。普段から丁寧に扱うように心がけましょう。

筆の糊がとれてしまった場合

購入時についている糊がとれてしまうと、毛がボサボサになり、広がってしまいます。これは石鹸や熱いお湯でゴシゴシ洗うと、毛の油分や糊も流れてしまうためです。もし広がってしまった場合は、毛の根元のほうからきっちり隙間なく糸を巻いて吊るし、保管するようにしましょう。

上手なお手入れで習字道具を長く使おう

習字道具を家で洗うのは意外とやっかいなもの。しかも適当に洗ってしまうと道具自体を傷める原因にもなってしまいます。

もしかしたら大人になっても使うかもしれない子どもの習字道具。子どもが快適に書道の時間を楽しめるよう、できるだけ長くきれいに保ちたいですよね。
楽に汚れを落とせるように、洗浄用のオリジナルグッズやバケツなどを活用しながら、できるだけていねいにお手入れしてあげましょう。

また前述でも述べたように習字道具を真っ白な洗面台などで洗ってしまうと黒く汚れてしまい、なかなか汚れが取れなくなることもあります。普段忙しくて念入りなお掃除をする時間がないときはハウスクリーニングサービスの活用をおすすめします。墨汚れ以外にも水アカやカビなどしつこい汚れをプロの掃除スタッフが丁寧に落としてくれます。
カジドレでは複数のハウスクリーニングサービスの比較・検討ができますので、ぜひご活用ください。

FacebookTwitterLine

関連記事

こんなの欲しかった! 主婦必見、梅雨時におすすめの便利グッズ

【2020年冬】忙しい方必見!便利な最新調理家電特集

【母の日】義母に贈り物は必要?喜ばれる・NGプレゼントとは