• トップ
  • コラム
  • 簡単・便利・いつでも手ごろに!便利になった家事代行の依頼方法

簡単・便利・いつでも手ごろに!便利になった家事代行の依頼方法

FacebookTwitterLine

家事代行サービスを頼んでみたいけど、なんか手続きが面倒くさそうで…と敬遠してしまっている方が多いと聞きます。確かに事前見積もりなどがあったりで、多忙な時期に一から依頼するのはちょっと大変かもしれません。

でも、家事代行サービスの中には、事前の見積もりや面倒な手続きなしで、簡単に申し込めるところもあるんです。

そこで今回は、簡単に依頼できる家事代行サービスについてまとめてみました。

アプリも登場!家事代行の予約が簡単に♪

一般的に、家事代行サービスを依頼する場合、どんな手間がかかるのかを見ていきましょう。ここでは実際にサービスを行っている大手家事代行事業者に依頼する際の流れをご紹介します。

ステップ1

サイトから申し込みフォームに依頼者情報と依頼したい内容を入力。

  • 依頼者情報:氏名、性別、メールアドレス、住所、最寄り駅、最寄り駅からの所要時間、電話番号など
  • 依頼したい内容:掃除代行、料理代行、洗濯代行など。たとえば、掃除の代行を依頼する場合は間取りと掃除してもらいたい箇所

ステップ2

訪問してもらう日程を決める。フォームで入力する場合とメールやお電話で決める場合があります。

定期コースを選んで定期的に来てもらうのか、スポット(単発)コースやトライアル(お試し)コースでとりあえず1度だけ来てもらうのかを選び、日程を決めます。希望の日程はある程度余裕を持って決めておかないと、直近は全て予約がいっぱいということもあり得ます。

ステップ3

お見積り&料金確定。メールで料金確認がある場合やサイト内で自動表示とカード決済ができる場合があります。

利用料にはサービス料のほか、消費税とスタッフの交通費が加算されるのが一般的です。

2回目以降は日程を決めるだけなので大した手間ではありませんが、実際にステップ1~3を踏み出すのになかなか時間がかかる印象ですね。

家事代行事業者の中には、このステップがより簡単に手早く済むよう、スマホアプリで登録、予約を行えるところもあるので、自分の都合に合わせて事業者を選ぶと良いでしょう。

また、一口に家事代行サービスといっても、事業者によってスタッフが手配されるタイプと、事業者は依頼主と家事代行スタッフのマッチングの場を提供するタイプがあります。

登録の手間がより短く済み、自分で好みのスタッフを探したいという場合は後者のタイプがおすすめです。

登録審査がある事業者もあるってホント?

家事代行サービスを頼もうとなった時、一番心配なことってなんでしょう? おそらく多くの人は「他人が家の中に入ること」と答えるのではないでしょうか?

でも、もし逆の立場だったら…? 仕事とはいえ、知らないお宅に上がって一定の時間一人で家事をする場合、その依頼主が信用できる人かどうかということが気になりませんか?

そんなスタッフの心配をも解消してくれる家事代行サービス事業者もあります。長い間クチコミによる紹介だけで、顧客から顧客へと仕事の幅を広げていった某社、ここでは入会にも審査があるのだそうです。

この審査に通らないとサービスを受けることはできないわけですが、ここまできっちりと、サービスを受ける側、提供する側どちらにも安心を与える事業者なら、多少登録に時間がかかっても、入会したいと思う人も多いでしょう。

自分が立ち会って作業してもらえる場合は比較的不安に思う人も少ないかもしれませんが、留守中に家事をお願いする場合や、高齢の両親の家で作業してもらうなどという場合は、こういった形の、依頼主、スタッフ、両者の安心を第一に考えてくれるサービスがあるのはありがたいことですね。

もちろん、一方でこうした審査がわずらわしいと感じる人もいるはずです。そういう方は審査なしの事業者もありますので、自分に合ったサービスを選んでください。

見積もりなし!即日依頼できる事業者も

事前見積もりがちょっと面倒だという方におすすめのサービスを提供している家事代行サービス事業者もあります。参考までに具体例をご紹介しましょう。

※事前見積もりとは、家事代行依頼日前の訪問見積もりや、メールなどでの詳細見積もりを省くこと。

A社

『見積もり不要』『当日3時間前まで依頼できる』という、依頼の手軽さを重視した家事代行サービスです。

事前の見積もりがない分、当日スタッフが訪問してから、作業量的を確認しスタート。但し、思っていた時間では作業量が収まらない場合は、時間延長などのオプションを追加しなくては終わらない場合も。それでも、思い立った時すぐに掃除して欲しい!などの希望が叶うなら、それはそれで良い選択と言えるのではないでしょうか?

スタッフの数やその日の予定の入り具合にもよりますが、最短で3時間前までの依頼に応えられるという人材の確保ぶりや、事前見積もりなしでの訪問など柔軟性のある対応は、忙しい毎日の中で、少しでもストレスを減らすために家事代行サービスを依頼したい人にとって手軽で便利な家事代行サービスと言えるでしょう。

B社

緊急の依頼にも応えられるというのがウリの家事代行サービス。

こちらは入会金や年会費は無料で、全国の子育て経験者や保育士・看護師といった有資格者が、事業者の基準に合格して初めてスタッフになれるということで、どのスタッフが来てくれても安心。急な体調不良で子どもの面倒が見られない、食事が作れない、といった時にも臨機応変にかけつけてくれます。

定期コースで、子どもが大きくなるまで毎週家事と育児をサポートしていただいたという利用者の感謝の声も多いようです。

C社

病児、病後児の預かりも視野に入れ、キッズシッターにも力を入れているC社は、そのニーズの緊急性から、依頼→スタッフ派遣の流れをよりシンプルに行えるよう考えられています。

ただし登録の際の審査はあるので、多少の手間はかかりますが、本当に必要になった時に助けてもらえるので、特に緊急性のないときに登録しておき、必要に合わせて依頼するのがよさそうです。

気軽に相談・トライアル(お試し)もできる!

家事代行サービス初心者にとって不安なのは、やはり料金。また、サービスの内容や来てくれるスタッフの質など分からないことも多く、依頼するのをためらっているのなら「トライアル(お試し)プラン」がある家事代行サービスを利用していてはいかがでしょう?

「トライアル(お試し)プラン」の多くは、定期コースなどに含まれる内容と同じで、初回の利用のみ通常よりも安く家事代行サービスを体験できる、かなりお得なプランなのです。

具体的にはどんなプランなのか、某社のケースを参考までにご紹介しましょう。

こちらの会社では、掃除・洗濯・買い物・料理・布団干し・水やり・ベビーシッターなど、細かい作業までほぼ全ての内容に幅広く対応してくれる、「トライアル(お試し)プラン」がり、スタッフの交通費込みで3時間9000円(税抜)。

もし時間内に予定の作業が終了しない場合は、30分につき1500円(税抜)で延長もできるので、お試しとはいえかなり納得のいく仕上がりを期待できそうですね。

家事代行サービスのお得な「トライアル(お試し)プラン」は、一般的に定期契約前提で低めの料金設定になっているようですが、試してみて相性がよくないと感じた場合は、遠慮なくお断りしてしまってもOK。 「トライアル(お試し)プラン」を試すうちに、自分の理想の家事代行サービスの形がわかり、最適な事業者とスタッフを見つけることができればラッキーです。

不在時にも家事代行を頼めるから便利!

家事代行は、依頼主の『在宅時』が原則になっている場合と、『不在時』でもサービス提供できる会社も沢山あります。『不在時』は時間が有効活用したい方に人気です。

鍵を預ければ、掃除や片付け、料理といった基本的な家事から、ベビーシッター、子供の送迎、シルバーのサポート、庭の水やりや草むしりなどの庭仕事まで柔軟にこなしておいてくれる家事代行会社もあります。

気になる料金ですが、とある家事代行サービスの場合、定期コースを週1回2時間ずつでお願いすると、料金は月額およそ1万5400円〜。これだけの料金で、自分がやらなければとためこんでいた家事を代わってもらったり、自分が仕事をしている間や休日の外出中にしっかりと済ませておいてもらえるなら、安いものだなと思う人は多いのではないでしょうか?

難しい手続きは一切なし!便利な家事代行

家事代行サービスの依頼方法について見てきましたが、いかがでしたでしょうか? なかなか良い家政婦さんを見つけることができなかった時代からインターネットの普及で家事代行の依頼がスピーディーにできるようになりましたよね。お手軽&簡単に利用できるサービスも多々あるので、ぜひ気軽に家事代行サービスを利用してみては?

FacebookTwitterLine