• トップ
  • コラム
  • エアコン掃除を簡単に!自分でできる掃除のコツを大公開

エアコン掃除を簡単に!自分でできる掃除のコツを大公開

FacebookTwitterLine

私たちの暮らしに欠かせない家電といえば、エアコンもそのひとつ。真夏の暑さや冬の寒さは、今やエアコンなしに過ごすことはできませんよね。しかし、悩みの種となるのが掃除です。いざ、掃除をしようと思っても一体どこから手をつけていいものか分からず、結果、放置してしまっている人も多いのではないでしょうか。簡単にできるエアコン掃除の方法をまとめてみました。

簡単なエアコン掃除に必要な掃除道具

まずはエアコン掃除の前に、必要な道具を揃えましょう。

  • 雑巾
  • 中性洗剤
  • 足場(踏み台など安定するもの)
  • バケツ
  • 掃除機

上記があれば十分です。ほこり対策にマスク、汚れ防止にゴム手袋などもあると良いでしょう。また、内部の掃除には市販のエアコンクリーナーなどを使用してもOK。壁などに水や汚れが飛び散るのを防ぐため、エアコンの周囲はビニールなどであらかじめ覆っておくと安心です。また、ほこりや汚れた水が床に落ちても良いように、足場の周りに新聞紙などを敷いておくことをおすすめします。

コツをつかめば簡単!エアコン掃除の流れ

エアコン掃除の流れは次の通り。なお、掃除を始める前に、エアコンのコンセントは必ず抜きましょう。付けたままで始めると感電の危険があります

表面の汚れを落とす

内部の掃除に取りかかかる前に、固く絞った雑巾で表面の汚れを拭き取ります。特に天井との隙間は、ほこりが溜まりやすくなっているので念入りに。

フィルターを外す

次にパネルを開け、フィルターを取り外します。パネルの開け方は機種によって異なるので、取扱説明書を確認しながら行ってくださいほとんどのパネルは側面にくぼみがありフタ状に開くようになっていますが、くれぐれも無理やりこじ開けないように気をつけて。

パネルが開いたらフィルターを取り外します。このとき、ほこりが飛ばないよう、静かにゆっくりと作業したいところ。また機種によっては、カバーは開かないようになっていて、下からフィルターを引き抜くタイプもあります。

フィルターを洗う

フィルターに付着したほこりは、掃除機で軽く吸い取ってから水洗いするのがおすすめ。細かい隙間に入り込んだものは、使い古しの歯ブラシなどでかき出すようにするときれいに取れます。

水洗いする際は洗面所のシンクにぬるま湯を張り、中性洗剤を溶かし、しばらく漬け置きすると汚れが取れやすくなります。デリケートなパーツなのでゴシゴシ洗いは禁物。汚れが落ちたら、ベランダなど風通しの良い場所で乾燥させます。

内部のほこりを取る

エアコン内部に詰まったほこりを掃除機で吸っていきます。細かい部分は無理をせず、歯ブラシでかき出すなり、固く絞った雑巾で拭き取るなりして掃除しましょう。

フタの裏側や吹き出し口も汚れが付着しがちな場所。特に黒い点のようになっている汚れはカビなので、落とし切ることが大事。金属の部分は「熱交換器」といってエアコンの要です。ここが汚れているとエアコンの効きが悪くなります。

表面のほこりが取れれば問題はないですが、より本格的にきれいにしたい場合は、エアコンクリーナーで掃除します。スプレータイプが便利ですが、正しく使わないと、カビの発生や発火の危険があるので気を付けましょう。また、クリーナーを使う場合、吹き出し口から汚れや水が垂れることがあるので、床や壁を事前に保護しておきましょう。

フィルターをセットし、送風する

フィルターが完全に乾き、内部に水分が残っていないのを確認したら、本体に取り付けてパネルを戻します。その後、コンセントを差し込み、電源を入れたら2時間ほど送風運転をして本体の掃除は完了です。わずかな水分もカビの原因になるので、送風は必ず行いましょう。

余裕があれば室外機も!

室外機は風雨にさらされているため土ぼこりなどで汚れてしまいます。固く絞った雑巾などで表面の汚れをふき取り、下に溜まった落ち葉などを取り除くなど、こまめに掃除すると良いでしょう。

また、下部についている水抜き穴に汚れが溜まると故障の原因になるので、もし詰まりがあるようなら割り箸や使い古しの歯ブラシなどで汚れを取り除きます。

普段から室外機の周囲にはなるべくものを置かないようにして、熱を放出しやすい状態にしておくよう心がけましょう。

エアコン掃除はなぜ必要?

そもそもエアコン掃除はなぜ必要なのでしょうか。きれいにしておいたほうがいい理由やメリットについてご紹介します。

カビやほこりから体を守る

エアコンは室内の空気を吸い込んで温度を調整しています。そのため、室内にタバコの煙や調理時の油など匂いを出すものがあると、空気と共に匂いを吸い、匂いがフィルターに吸着し、使うたびに嫌な臭いを吹き出し口から排出してしまうことになります。

また、室内のチリやほこりを吸い込んでしまうと、内部に発生した結露と混ざり合い、カビが繁殖しやすくなります。エアコンの掃除を怠っていると、内部のカビが風に乗って部屋に撒き散らされ、アレルギーなどを引き起こす原因になることも小さいお子さんやハウスダストなどに敏感な方は特に注意が必要です。

故障を防ぐ

エアコンを汚れたまま使い続けると、ほこりが蓄積し効きが悪くなります。設定温度になるまで時間がかかったり、風が弱いと感じたりしたら、通常よりも強めの設定にして使い続けることもあるでしょう。その結果、必要以上に熱を帯びてしまい、エアコンが故障してしまうのです。

節電対策になる

エアコンは室内が設定した温度になるよう、空気を温めたり冷やしたりする装置。電力で内部の熱交機器を動かし、冷風や温風を出すことで、室内の温度調節をする仕組みです。しかし内部にカビやほこりなどが蓄積していると、熱交換器の消費電力が通常よりも多くなり、結果、電気代も高くなります。
また効きが悪いと感じて、風を強めにしたり、極端に温度を上げ下げしたりすることも電気代増につながります。

エアコン掃除の理想的な頻度は?

では、エアコンはどのくらいの頻度で掃除するのが良いのでしょうか。部品別に見ていきましょう。

パネル表面

基本的には汚れが目立ってきたらでOK。週に1回ほど、お部屋の掃除に加えて拭き取りを追加すると綺麗な状態が保てます。

フィルター

フィルターは熱交換器をほこりから守る役割があります。そのため汚れやすく、定期的な掃除が必要。具体的には、使用頻度が高いときは2週間に1回ほど、それほど高くない時期なら月1回程度でもかまいません。エアコンは稼働させない期間が長くなると、中でカビが繁殖してしまいます。もし、夏場しか使わないなど使用時期が限られる場合は、使い始める前後に掃除するようにすると、不快な匂いなどが発生しにくくなります。

吹き出し口

吹き出し口も表面と同じく、週1回ほど拭き取るのが理想です。手動でも動かせるので、エアコンが稼働していない場合でも手動で開いて掃除が可能。手で届かない部分が気になるようなら柄付きのスポンジなどを差し入れてこするだけでも汚れが取れます。

熱交換器

エアコンの心臓部ともいえる熱交換器は、汚れが溜まると掃除するのがなかなか難しい場所です。フィルターをこまめに掃除していれば汚れが付きにくくはなりますが、やはり1年に1回程度はしっかりきれいにしておきたいもの。中まで掃除しようとすると時間もかかるため、1時間ほどは余裕をみて作業に入るのが良いでしょう。

まとめ

お掃除のプロが行うハウスクリーニングにも、エアコン掃除のメニューがあります。作業内容は会社によって異なりますが、専用の機材と薬剤で高圧洗浄してくれるので見違えるほどスッキリ。洗剤が残らないようすすぎまでしてもらえるので安心です。中には部品それぞれに抗菌・防カビ処理を施してくれるサービスも。素人ではなかなか手が出せない熱交換器や細かい部品の隙間まできれいにしてもらえるほか、オプションでドレンホースや室外機の中も依頼可能。普段のお手入れと併せて利用することで、エアコンを快適に使い続けることができます。

ほかの家電に比べ、エアコンの掃除は「難しそう」と感じて、後回しにしてしまいがちかもしれません。しかし、掃除をしないまま使い続けるとカビやほこりが溜まって効きが悪くなるだけでなく、健康にもよくありません。毎回中まで手入れするのは大変でも、パネル表面や吹き出し口、フィルターなどは日々の掃除の中に組み込んでしまえばそれほど手間ではないもの。エアコン掃除の簡単な方法をマスターして、毎日を心地よく過ごしましょう。

カジドレではエアコンクリーニングや掃除代行など、複数のハウスクリーニングサービスや家事代行サービスを比較・検討できますので、ぜひ活用してみてください!

FacebookTwitterLine

関連記事

五月人形の保管法は?お手入れと収納のコツを大公開!

こんなの欲しかった!おしゃれでコンパクトなクリスマスツリーをご紹介

お風呂掃除のコツを大公開!自宅にあるものでスッキリきれいに♪