• トップ
  • コラム
  • ハウスクリーニングってどんなサービス?気になる料金相場をチェック

ハウスクリーニングってどんなサービス?気になる料金相場をチェック

FacebookTwitterLine

ハウスクリーニングは、清掃専門の業者に部屋の徹底的な掃除を任せられるサービスです。毎日、仕事や子育てなどでなかなかしっかり掃除ができない人を中心に、人気を集めています。

中には、ハウスクリーニングに興味はあるものの、料金が気になってなかなか利用に踏み切れない人もいるでしょう。

そこで今回は、ハウスクリーニングのサービスの内容や相場料金を紹介します。

この記事は、次のような人におすすめの内容です。

  • ハウスクリーニングに興味がある人
  • ハウスクリーニングのサービス内容が気になる人
  • ハウスクリーニングの相場料金が知りたい人

ハウスクリーニングとは?

そもそもハウスクリーニングとは、清掃サービスを専門にする業者に依頼して部屋を掃除してもらうサービスです。

仕事や子育てなどで、なかなか部屋の掃除・片付けができない場合だけでなく、しっかり掃除をしたい場合などにハウスクリーニングを利用するケースが多いです。

ハウスクリーニングの作業内容

ハウスクリーニングの具体的なサービスの内容は、業者によって異なります。そこで今回は、一般的にハウスクリーニング業者が請け負っている作業の例を紹介します。

床の掃除

居住年数が長くなると、床にぞうきんやモップなどで拭いても取れない汚れが付着することがあります。また、物が落下して床を傷つけてしまうこともあるでしょう。

ハウスクリーニング業者に床の掃除を依頼すると、こびりついた汚れやシミの除去をしてもらえます。専用の洗剤と道具を使って床を磨くので、素人では落とせない汚れやシミでも安心です。

また、フローリングのワックスがけを依頼すれば傷が目立たなくなるだけでなく、フローリングが長持ちします。

ハウスクリーニング業者によって床の掃除の所要時間は異なりますが、ワックスがけまでお願いすると約1時間半で作業が完了することが多いです。

レンジフードの掃除

ハウスクリーニング業者なら、レンジフードにこびりついた汚れも綺麗に清掃してくれます。

レンジフードは定期的に掃除をしなければ、頑固な油汚れがついてベタベタになります。長期間掃除せずに放置すると油汚れにホコリが溜まって熱がこもり、最悪の場合、発火する危険性があるので注意が必要です。

「今までレンジフードを掃除したことがない」「油汚れがひどく、自力では落とせそうにない」などの場合は、ぜひハウスクリーニング業者のサービスを利用してみてください。所要時間は2~3時間程度です。

水回りの掃除

ハウスクリーニングは、キッチンやトイレ、お風呂などの水回りの徹底清掃もお願いできます。市販の洗剤では落とせないしつこい水アカやカビ、石鹸かすも綺麗に掃除してもらえます。

特に、天井や排水溝などにこびりついた汚れは簡単に落とせませんし、プロにお願いした方が清潔な状態を保てるでしょう。

また、トイレなどにしみついた臭いもハウスクリーニングを利用すれば綺麗さっぱりします。トイレの臭いの元は、主に尿石と言われています。尿石は便座に付着しますが、無理に取ろうとするとトイレを傷つけてしまう危険があるので注意が必要です。

普段、水回りの掃除をしている人でも、気付かない間に頑固な汚れが溜まっていることもあります。「臭いの元を辿っていくとひどい汚れを発見した」というケースもあるので、定期的にハウスクリーニングを利用するのがおすすめです。

清掃にかかる時間は清掃箇所や汚れ具合によって違いがありますが、約2時間が目安です。

エアコンの掃除

エアコンを一定期間使用していると、臭いが気になるようになります。これは、エアコンの内部にカビやホコリが溜まることで引き起こります。自分でエアコンの掃除をする人もいますが、フィルターの中まで開けて徹底的に掃除をするのは難しいでしょう。

ハウスクリーニング業者に依頼すれば、エアコンを分解してしっかり洗浄してくれるので安心です。一般の人はなかなか持っていない高圧洗浄機などの専用の道具を使ってクリーニングしてくれるため、内部に汚れが残る心配がありません。

所要時間はエアコンの種類や状態によって変わりますが、少なくとも2時間程度はかかります。お掃除機能があるエアコンは、通常の製品よりも構造が複雑なのでクリーニング作業に4時間ほどかかることもあると覚えておきましょう。

家事代行サービスとは仕上がりが違う

よく、ハウスクリーニングと家事代行業者の掃除サービスを混同する人がいますが、まったく別のサービスです。

家事代行サービスの場合は、依頼者の自宅にある一般的な道具や洗剤を使って掃除をします。一方、ハウスクリーニングは、プロ専用の道具や洗剤を用いて清掃作業にあたります。そのため、家事代行サービスとハウスクリーニングの仕上がりは大きく異なります。

「日常の掃除を頼みたいなら家事代行」「徹底的に清掃作業をしてほしいならハウスクリーニング」と、使い分けるようにしましょう。

ハウスクリーニングを利用するメリット


では、わざわざハウスクリーニング業者に清掃を依頼するメリットはあるのでしょうか。ハウスクリーニングを利用する場合の3つのメリットを順番に解説します。

スピーディに清掃が完了する

ハウスクリーニング業者は、「清掃のプロ」です。プロとしていろいろな場所で清掃作業に当たっているため、一般の人よりも効率良く清掃できます。したがって、ハウスクリーニング業者に清掃を依頼すると、自分でやるよりも短時間で作業を完了させてくれます。

ハウスクリーニング業者のサービスを利用するためには料金を支払わなければいけませんが、とても早く部屋が綺麗な状態になるメリットがあるのです。「ハウスクリーニング業者の利用=時間をお金で買う」と捉えてもいいでしょう。

徹底的に部屋の掃除ができる

先に説明した通り、ハウスクリーニング業者はプロ専用の洗剤などを使ったり、分解洗浄をしたりして徹底的に清掃作業をしてくれます。そのため、自分だけではなかなか掃除できない場所もしっかり綺麗にしてもらえるメリットがあります。

例えば、換気扇の中や高所、家具・家電の裏などの掃除は大変です。一般の人がこうした箇所の掃除をする場合は、たくさんの時間と労力が必要になります。

しかし、ハウスクリーニング業者に依頼すれば、普段掃除できない場所でも数時間でクリーンな状態にしてくれます。「自分で掃除できていない箇所があって汚れが気になる」という場合は、一度ハウスクリーニング業者に相談することをおすすめします。

部屋にしみついた臭いがとれる

ハウスクリーニング業者に部屋の清掃を頼むと、驚くほど綺麗になります。利用者の中には、「部屋の空気が変わったように感じる」という人もいるほどです。これは、ハウスクリーニング業者が部屋に沁みついた臭いを除去してくれるからです。

もちろん、部屋自体を掃除してもらうことで部屋の空気が変わることもありますが、臭いは気付かないうちに部屋に付くものです。例えば、生ゴミやタバコなどの臭いの強いものはもちろん、生活臭が沁みついていることもあります。

また、部屋が賃貸の場合は、引越しの前にハウスクリーニング業者のサービスを利用すると、原状回復の清掃も依頼できます。臭いもきちんと取ってくれるので、退去手続き時などに大家さんや管理会社とトラブルになる心配もいりません。

ハウスクリーニングを利用するデメリット

続いて、ハウスクリーニング業者のサービスを利用するデメリットを紹介します。今回は、次の2つのデメリットについて解説します。

業者とのやり取りが面倒

ハウスクリーニングをしてもらうためには、当たり前ではありますが、事前に業者と連絡を取る必要があります。

ハウスクリーニングを利用する場合は、自宅近辺を営業エリアにする業者をいくつかピックアップして、各社に問い合わせをします。そして、依頼したい作業について相談し、見積もりをした上で作業日を予約し、清掃してもらうのが一般的な流れです。

最初から業者を1社に絞って連絡するならそこまで手間はかかりません。しかし、複数社のプラン・見積書を比較する場合などは、面倒に感じることもあるでしょう。

また、連絡方法が電話だけのハウスクリーニング業者の場合は、仕事などの関係で営業時間になかなか連絡が取れないこともあります。仕事中に「いつ業者に電話をかけよう」と考えるだけで、ストレスを感じる人もいるでしょう。

料金がかかる

ハウスクリーニング業者に部屋の掃除を依頼すれば、自分でやるよりもお金がかかります。サービスを利用するのでしかたないことですが、金銭的な負担はデメリットとして上げられるでしょう。

できるだけ料金を抑えたいなら、自分で作業できるところの掃除をすませるなどの工夫が必要でしょう。

また、「相場よりもハウスクリーニングの料金を安くすませる方法」という章で、少しでも安くサービスを利用するコツを紹介します。「ハウスクリーニングを利用したいけど、金銭的な負担が心配」という人は、併せてチェックすることをおすすめします。

ハウスクリーニングの相場料金

それでは、気になるハウスクリーニングの相場料金をチェックしていきましょう。

ハウスクリーニング業者の料金は、次の条件を元に決まります。

  • 部屋に居住者がいるか
  • 部屋の大きさはどれくらいか
  • 掃除箇所はどこか

そこで今回は、ハウスクリーニング業者の相場料金を分かりやすく紹介するために、以下の3つに分類してそれぞれの相場を解説します。

それでは、順番にハウスクリーニング業者の相場料金をチェックしていきましょう。

居住中の相場料金

居住中の相場料金
ハウスクリーニングを依頼する部屋に、居住者がいる場合の相場料金は次の表の通りです。

部屋の大きさ相場料金
1R、1K3万~4万5,000円
1DK、1LDK3万~8万円
2DK、2LDK5万~9万円
3DK、3LDK7万~10万円
4LDK~10万円~

空室の相場料金

ハウスクリーニングを依頼する場所に居住者がおらず、空室の場合は下表のような相場料金になります。

部屋の大きさ相場料金
1R、1K1万5,000円~3万円
1DK、1LDK3万~4万円
2DK、2LDK3万円~7万円
3DK、3LDK5万~8万5,000円
4LDK~8万5,000円~

先に紹介した居住時の相場料金よりも、空室時の方が安いことが分かります。不動産業者などではない限り、一般の人が空室の部屋にハウスクリーニングを使うのはめずらしいですが参考程度に覚えておくといいでしょう。

場所別の相場料金

続いては、掃除をする場所別の相場料金を紹介します。今回は、ハウスクリーニングサービスの中でも特に人気がある掃除箇所の相場料金を見ていきましょう。

掃除場所相場料金
レンジフード1万3,500~1万7,000円
換気扇のプロペラ7,000~1万円
キッチン1万4,200~1万6,000円
お風呂1万3,500~1万8,100円
トイレ7,500~9,400円
エアコン(通常)1万1,000~1万4,300円
エアコン(お掃除機能あり)1万9,000~2万5,300円

相場よりもハウスクリーニングの料金を安くすませる方法

ハウスクリーニング業者の相場料金を紹介しましたが、「もっと安くサービスを利用したい」と考える人もいるでしょう。

そこでこの章では、できるだけ相場料金よりも安くハウスクリーニング業者を利用するためのコツを解説します。今回紹介するコツは、次の3つです。

それでは順番に、上記のコツの内容を見ていきましょう。

セットプランをうまく活用する

ハウスクリーニングは、掃除箇所を個別で依頼すると相場料金よりも割高になる傾向があります。そのため、相場料金よりもお得にハウスクリーニング業者を利用したいときは、まとめて依頼するのがポイントです。

例えば、お風呂掃除を依頼した別日にトイレ掃除をお願いするのではなく、同じ作業日にお風呂とトイレの清掃を頼むといいでしょう。

ハウスクリーニング業者の多くは、セットプランを用意しています。上記の例で言えば、お風呂とトイレがセットになったプランを選択するのがおすすめです。

なお、セットプランの内容はハウスクリーニング業者によって違います。プランの詳しい内容や料金が気になる人は、依頼検討先の業者に一度問い合わせて確認してみましょう。

複数の業者で見積もりをする

1つのハウスクリーニング業者で見積もりをするよりも、複数社で見積もり書を作成してもらった方が価格交渉をしやすくなります。

例えば、A社の見積もり書では総額3万円の料金がかかる場合、B社の2万8,000円の見積書をA社の担当者に見せると2万8,000円以下で清掃を請け負ってくれる可能性があります。

他社の見積もり書を見せたからと言って、必ず相場料金よりも安くなるわけではありません。しかし、可能性は十分にあるので、時間がある人は複数のハウスクリーニング業者で見積もりをしてもらうことをおすすめします。

閑散期にサービスを利用する

ハウスクリーニング業者の繁忙期は、引越しする人が多い3月や大掃除をする12月です。したがって、3月・12月前後の時期は閑散期になります。この期間中は、相場料金よりも安くハウスクリーニングが利用できるので狙い目です。

焦って掃除をする必要がない場合は、ぜひ閑散期にハウスクリーニング業者に問い合わせをしてみてください。閑散期は安い料金で清掃してもらえるだけでなく、予約が取りやすいメリットもあります。

料金を比較してハウスクリーニングを選ぶときのポイント

ハウスクリーニングサービスを提供する業者は、全国各地にたくさんあります。数ある業者の中から「料金」で依頼先を決めたい場合のポイントを紹介します。

オプション料金を確認する

ハウスクリーニング業者の中には基本料金を相場よりも安く設定して、オプション料金が割高になっているところがあります。そのため、ハウスクリーニング業者を選ぶときは、見積書の総額料金だけでなく、オプション料金も必ずチェックしましょう。

オプション料金の項目はハウスクリーニング業者によって異なりますが、例えば次のようなものがあります。

  • 作業階数オプション料金
  • 作業時間延長料金
  • 早朝・深夜帯の追加料金
  • 特殊機種使用の追加料金 など

悪質な業者でなければ、上記のオプション料金が発生する場合、見積もり時や作業前の段階でスタッフが教えてくれます。しかし、自分で料金の内容を確認することはとても大切です。見積もり書の内容を1つずつ確認するなどして、相場料金と比較することをおすすめします。

料金以外のハウスクリーニングを選ぶときのポイント

作業を依頼するハウスクリーニング業者を「料金以外」の項目で、選びたい人もいるでしょう。そこでこの章では、ハウスクリーニング業者を選ぶときに、料金以外でチェックしておきたいポイントをいくつか紹介します。

それでは、順番に上記のポイントの内容を見ていきましょう。

個人 or 大手業者

ハウスクリーニング業者には、「個人で営業している業者」と「法人として営業している会社」の2つがあります。それぞれの特徴を簡単に表にまとめると、次の通りです。

業者の種類個人大手
メリット・大手よりも料金が割安なことが多い
・地域密着型の営業なので柔軟に対応してもらいやすい
・知名度、安心感がある
・利用者の口コミを確認しやすい
デメリット・利用者の口コミが確認しづらい
・悪質な業者との見分けが付けづらい
・個人業者よりも料金が割高なことが多い
・事務所が近くになければ作業できない

上表の通り、個人業者と大手業者はそれぞれメリットとデメリットがあります。ここで解説した内容を参考にしながら、「どちらの業者の方が自分にとってメリットがあるか」を検討することが大切です。

損害保険の有無

ハウスクリーニング業者の多くは、万が一の事態に備えて損害保険に加入しています。損害保険に加入していると、ハウスクリーニングの作業中にスタッフが誤って家財を壊したり、部屋を傷つけたりなどした場合に保障が適用されます。したがって、ハウスクリーニング業者を選ぶときは、損害保険に加入している業者と契約することをおすすめします。

料金が相場よりも妙に安いときは、損害保険に加入していないことがあるのできちんと確認することが大切です。料金の安さを優先するなら問題ありませんが、万が一のことを考えるのも重要です。

損害保険の有無はハウスクリーニング業者のホームページの記載内容をチェックしたり、見積もり時にスタッフに直接聞いたりして確認しましょう。

資格の有無

ハウスクリーニング業者のスタッフが資格を持っているかどうかで、サービスの利用先を選ぶ方法もあります。

ハウスクリーニングサービスをするために必須の資格はありません。しかし、ハウスクリーニング関連の国家資格として「ハウスクリーニング技能士」があります。この資格を持っている人はハウスクリーニングに関する知識をきちんと身に着けているだけでなく、実務経験も十分に積んでいます。

「きちんとした資格を持っている人に掃除をしてほしい」「業界の中でもかなり高品質な清掃をお願いしたい」という場合は、資格の有無でハウスクリーニング業者を選ぶのがおすすめです。

キャンセルの対応期間

スケジュールが直前でよく変更になる人は、ハウスクリーニング業者のキャンセル時の対応をあらかじめチェックするのがポイントです。

2、3日前のキャンセルでも料金がかかる業者もありますし、前日でも料金が発生しないところもあります。キャンセルの対応はハウスクリーニング業者によって大きく異なるので、ホームページやコールセンターなどでしっかり確認しましょう。

担当スタッフの対応

ハウスクリーニングのスタッフに目を向けるのもポイントです。どのような業者でも、必ず自宅にスタッフが来て作業します。そのため、担当スタッフがどのような人か、どういった対応をする人かに関心を向けることが大切です。

問い合わせ時や見積もり時のスタッフの対応方法をしっかりチェックするといいでしょう。

利用者の口コミ・評判

大手のハウスクリーニング業者であれば、ネットで検索すると利用者の口コミ・評判を簡単にチェックできます。口コミ・評判はあくまでも第三者の意見ではありますが、ハウスクリーニング業者がどのような清掃サービスをするのかをチェックできます。

利用者の口コミ・評判を見るときは良いものだけでなく、悪いものにも目を通しましょう。

相場料金が気になる人におすすめのハウスクリーニング業者

最後に、比較的お得に利用できるハウスクリーニングを3社紹介します。今回は全国各地でサービスを提供している業者をチェックしていきましょう。

Bears(ベアーズ)

Bears(ベアーズ)は、累計250万件の利用者数を誇る家事代行・ハウスクリーニング業者です。清掃サービスの品質向上だけでなく、スタッフのホスピタリティを高く維持することに力を入れています。

ハウスクリーニングにスピード感とスタッフの礼儀正しさを求める場合は、Bears(ベアーズ)の利用をおすすめします。

また、前日の12時までなら、料金なしで予約のキャンセルができるのもBears(ベアーズ)のポイントです。

項目 内容
サービス別 ・エアコンクリーニング:2万5,000円
・レンジフード、換気扇クリーニング:1万5,000円
・キッチンクリーニング:1万6,500円
営業エリア 全国47都道府県

DUSKIN(ダスキン)

家事代行サービスを手掛けるDUSKIN(ダスキン)は、ハウスクリーニングにも対応しています。拠点は全国に約1,000箇所あるので、都市部以外に住んでいても安心してハウスクリーニングを依頼できます(2018年3月現在)。

DUSKIN(ダスキン)は会社としての知名度があるだけでなく、掃除関連のサービスも多く手掛けています。そのため、ハウスクリーニングサービスを初めて利用する人でも、安心して問い合わせしやすいでしょう。

項目 内容
サービス別 ・エアコンクリーニング:1万4,300円~
・レンジフード、換気扇クリーニング:1万9,800円~
・キッチンクリーニング:1万8,700円~
営業エリア 全国47都道府県

おそうじ本舗

おそうじ本舗は、ハウスクリーニング業界の中でも非常に店舗数が多い業者です。同社のホームページでは、「店舗数業界No.1 全国1,462店舗」と掲載されています(2019年10月現在)。

清掃技術や使用道具の品質向上に力を入れているのも特徴です。

また、おそうじ本舗で働くすべてのスタッフがライセンスを持っているので、安心してハウスクリーニングサービスを依頼できるでしょう。

料金が安くなるキャンペーンも頻繁に実施されているので、おそうじ本舗ならお得に自宅の清掃ができます。

項目 内容
サービス別 ・エアコンクリーニング:2万5,000円
・レンジフード、換気扇クリーニング:1万5,000円
・キッチンクリーニング:1万6,500円
営業エリア 全国47都道府県

まとめ


ハウスクリーニング業者のサービスを利用すると、自分で部屋を掃除するよりもお金がかかります。しかし、プロの業者にお願いすれば、一般の人がなかなか掃除できない箇所や落とせない汚れなども徹底的に綺麗にしてもらえます。

今回はハウスクリーニング業者の相場料金を紹介しましたが、あくまでも相場は相場です。具体的な金額は部屋の状態や居住エリアなどによって異なることを覚えておきましょう。「きちんと料金を把握したい」という人は、今回解説した内容を参考に、いくつかの業者に問い合わせてみてください。

ハウスクリーニング業者のサービスを賢く利用して、綺麗な部屋を手に入れましょう。

FacebookTwitterLine