• トップ
  • コラム
  • 家事代行サービスの利用前に7つのデメリットをチェックしよう!

家事代行サービスの利用前に7つのデメリットをチェックしよう!

FacebookTwitterLine

家事代行業者のサービスを利用すると時間を有効活用できたり、生活を充実させたりなどのメリットがあります。しかし、家事代行サービスを利用することで被るデメリットもあります。家事代行業者への依頼を検討している場合は、メリットだけでなくデメリットの内容も踏まえた上で考えることが大切です。

そこで今回は、家事代行サービスを利用した場合にどのようなデメリットがあるのか具体的に解説します。デメリットを最小限に抑えるための方法も合わせて紹介します。

この記事は、次のような人におすすめの内容です。

  • 家事代行サービスのデメリットが気になる人
  • 家事代行サービスのデメリットを最小限に抑えたい人
  • 家事代行業者のメリットに魅力を感じている人

家事代行サービスの7つのデメリット

それでは早速、家事代行サービスを利用した場合のデメリットをチェックしていきましょう。家事代行業者に家事を依頼すると、次の7つのデメリットがあります。

  1. 自分でやるよりもお金がかかる
  2. 依頼した場所の掃除ができていないことがある
  3. スタッフによってサービスの品質が違う
  4. 担当のスタッフと合わないことがある
  5. 部屋の床や家具に傷がつく危険性がある
  6. 家の中を見られる
  7. すべての家事の依頼はできない

順番に7つのデメリットの内容を詳しく見ていきましょう。

自分でやるよりもお金がかかる

家事代行サービスを利用すると、当然ながら自分で家事をするよりもお金がかかります。そのため、利用頻度が多かったり、高い料金のプランをよく利用していたりすると家計を圧迫する可能性があります。

家事代行サービスにかかる料金は低価格化が進んでいますが、費用対効果を考えることが重要です。家事をするための時間や体力がなく、お金よりも優先したい場合に家事代行サービスの利用を考えることをおすすめします。

依頼した場所の掃除ができていないことがある

家事代行業者とのやり取りが上手くいかなかったり、依頼が多かったりすると掃除をしてほしかった箇所の清掃が完了していないケースがあります。

家事代行業者は掃除をする前に、依頼者の自宅を訪れて対象箇所を確認してくれます。そのうえで適切な料金プランを提案してもらうのが一般的ですが、実際に作業を開始すると思ったよりも時間がかかる場合があるのです。

どうしてもその日に掃除をしてほしかった場所が汚いままだと、納得してお金を払えないので家事代行業者と綿密なコミュニケーションが必要と言えるでしょう。

スタッフによってサービスの品質が違う

家事代行業者は勤務するスタッフに対して研修を実施するなどして、サービスの品質が一律になるように努めています。しかし、現実的に考えるとスタッフのサービス品質を統一するのは難しいため、担当者によって家事代行サービスの仕上がりに違いが出る場合があります。

派遣やアルバイトのスタッフも多いので、依頼する家事代行業者やスタッフをきちんと目利きしなければ満足できるサービスを受けられない可能性があるでしょう。

担当のスタッフと合わないことがある

家事代行サービスを定期利用で契約すると、作業してくれるスタッフを固定してくれる場合が多いです。しかし、担当のスタッフと意向や性格などが合わないケースもあります。

「家事をしてもらうだけならスタッフと合わなくても問題ないのでは」と考える人がいるかもしれません。もちろん、気にならない人もいますが、スタッフ独自の掃除や料理などのやり方を押し付けられると不快に感じる人もいるでしょう。

「掃除や料理などに自分ならではの拘りがある」「スタッフも拘りを理解したうえで作業してほしい」という人にとって、担当のスタッフとの人間関係は重要になるので利用前によく検討することをおすすめします。

部屋の床や家具に傷がつく危険性がある

家事代行業者のスタッフは万全を期して作業にあたってくれますが、何かの拍子に部屋の床や家具などに傷がついたり、壊れたりする可能性があります。賃貸の部屋が傷ついてしまうと退去時に余分なお金を請求されることになりますし、持ち家も修理をするならそれなりの費用がかかります。

大切にしている家具が傷つけば、問題は修理にかかる費用だけにとどまりません。家具についた傷が思い出まで傷つけることもあるので、家事代行業者を利用する場合は注意が必要です。

家の中を見られる

家事代行サービスを利用すると、どうしてもスタッフに家の中を見られてしまいます。いくらプライバシーに配慮してくれるとは言っても、家事をするスタッフには自分の趣味・嗜好やプライベートがバレることになります。

他人を家にあげることに抵抗がある人にとって、家事代行サービスの利用は難しいかもしれません。

すべての家事の依頼はできない

家事代行業者は基本的な家事なら請け負ってくれますが、すべての作業をお願いできるわけではありません。

例えば、日用品の仕分けや請求書類の管理などの作業はプライバシーにかかわる内容になるため、家事代行業者に依頼するのは難しいです。また、高所の掃除などのスタッフの身が危険に晒される家事の依頼もできません。

「家事代行業者=なんでも任せられる」と認識している人がいますが、家事代行業者によって対応内容が異なるので事前に確認が必要です。

デメリットを最小限にするための9つの方法

続いて、家事代行業者を利用した場合に発生するデメリットを最小限に抑えるための方法を紹介します。デメリットを少なくする方法さえ知っておけば、家事代行サービスを有効に活用できるのでぜひ内容をチェックしてみてください。

今回は、次の9つの対策を紹介します。

  1. 必要なサービスだけを受ける
  2. 家事代行サービスの利用頻度を調整する
  3. 金庫で貴重品を管理する
  4. メモなどで担当者に細かい指示をする
  5. 自分に合ったスタッフを選んでくれる業者を探す
  6. 大切な家財に近づかないように指示する
  7. 損害賠償保険に加入している業者を選ぶ
  8. 徹底した情報管理をする業者に依頼する
  9. 業者に依頼したい作業について相談する

それでは順番に、家事代行サービスの利用時におけるデメリットを抑える方法を見てきましょう。

必要なサービスだけを受ける

家事代行業者によってサービス内容や料金プランは異なりますが、必要な作業だけ依頼すると費用を抑えられる可能性があります。例えば、トイレ掃除だけをお願いしたい場合に「ついでに」という気持ちで水回りパックを利用すると必要以上にお金がかかるケースがあります。

サービスに納得しているなら問題ありません。しかし、家事代行にかかる費用をなるべく抑えたいなら利用するサービスを限定して、自分でできる家事は自分でこなすことのがポイントです。

家事代行サービスの利用頻度を調整する

家事代行サービスはとても便利なサービスですが、利用頻度を考えずに依頼していると請求金額が大きくなってしまいます。そうなると、家計の負担が大きくなるので家事代行サービスの利用頻度を自分でうまく調整することが大切です。

例えば、「家事代行サービスを利用するのは月に〇回までにする」と決めて、それ以外の日の利用を控えるといいでしょう。利用日までは自分で家事をうまくこなしたり、部屋が散らからないように努力したりなどすることをおすすめします。

金庫で貴重品を管理する

通帳や現金などの貴重品は金庫で管理すると、家事代行サービス中になくすことを防げます。少し面倒かもしれませんが、大切なものなのできちんと管理することが重要です。金庫の用意ができなくても、箱や戸棚などに貴重品を収納して家事代行業者のスタッフに絶対に触らないように伝えておくといいでしょう。

メモなどで担当者に細かい指示をする

掃除や料理などの作業に反映してほしいことをメモなどで家事代行業者がスタッフに伝えるのもひとつの方法です。

特に不在時に家事代行サービスを利用する場合は、わかりやすい指示をすることがポイントになります。在宅時に利用する場合でも、スタッフが作業を開始する前にまとめて詳細な指示を出すとスムーズに作業が進みやすくなります。

ただし、あまりに細かい指示をたくさん出すとスタッフが混乱する可能性があります。家事代行業者のスタッフときちんとコミュニケーションをとりながら、家事に関する指示を出しましょう。

自分に合ったスタッフを選んでくれる業者を探す

家事代行業者によっては、定期サービスの利用前に綿密なカウンセリングを行って利用者にあったスタッフを選んでくれるところがあります。利用者は自分で家事代行サービスのスタッフを選べる業者もありますが、 「どのようにスタッフを選べばいいかわからない」という人にはスタッフを選定してくれる業者がおすすめです。

もし、配属されたスタッフと合わない場合でも、利用者が代行業者にその旨を伝えることと変更をしてくれる場合もあります。トラブルやストレスを少しでも防止するために、柔軟にスタッフの配属に対応してくれる代行業者を選ぶと良いでしょう。

損害賠償保険に加入している業者を選ぶ

小さな会社の家事代行サービスではない限り、家事代行業者は基本的にもしもの事態に備えて損害賠償保険に加入しています。損害賠償保険を契約しているとスタッフが利用者の自宅で家財を損壊したり、盗難したりした場合に保険金が支払われます。利用者側からすれば、被害額を家事代行業者に補填してもらえるわけです。

家事代行業者のスタッフは細心の注意を払いながら作業にあたってくれますが、万が一のことを考えて損害賠償に加入している家事代行業者を選ぶと安心です。

大切な家財に近づかないように指示する

絶対に傷つけられたくない家財がある場合は、家事代行業者のスタッフにあらかじめ近づかないように指示しておきましょう。スタッフに悪意がなければ、事前に一言だけ指示しておけば家財の損壊を防げます。大事にしている家財を一室にまとめて管理する方法もいいでしょう。

徹底した情報管理をする業者に依頼する

家事代行業者の利用による情報漏洩が気になる場合は、プライバシーに関する研修を徹底している業者にサービスの依頼を検討しましょう。個人情報の保護に関する研修を受けているスタッフは、利用者の自宅で作業している間に知り得た情報を漏洩してはいけないことを理解しています。

また、家事代行業者の中には特定の情報を外部に流さないことを約束する機密保持契約をスタッフと結んでいます。ほとんどの家事代行業者で利用者の情報管理が行われていますが、特に管理を徹底している家事代行業者ならより安心して利用できるでしょう。

業者に依頼したい作業について相談する

家事代行業者に依頼できる作業は、基本的にホームページなどに記載されている作業です。しかし、あらかじめ家事代行業者に相談することで、記載されていない家事もお願いできる場合があります。もちろん、危険を伴う作業の依頼は難しいですが、自分でこなせない家事があるなら一度相談してみることをおすすめします。

まとめ

家事代行サービスは家事をする時間や体力がない人などにとって、非常に便利なサービスです。ただし、利用時に複数のデメリットが生じます。しかし、家事代行サービスのメリットだけでなく、デメリットもチェックした上で納得してサービスを利用した方が満足度は高くなるでしょう。

今回紹介したデメリットとその対策方法を踏まえて、自分に合った家事代行業者を探してみましょう。

FacebookTwitterLine