100均の突っ張り棒のサイズまとめ!活用方法も紹介!【ダイソー・セリア・キャンドゥ・ワッツ】 

FacebookTwitterLine

突っ張り棒はホームセンターなどでも売られていますが、100均でもたくさんの種類が発売されています。活用方法もたくさんある突っ張り棒についてご紹介していきます。

ダイソー・セリア・キャンドゥ・ワッツから発売されている突っ張り棒のサイズや強度についても調べました。

100均の突っ張り棒はサイズも豊富!活用方法もたくさん!

現在、100均には様々な種類の突っ張り棒が発売されています。サイズも豊富なうえに、カラーも木目調や花柄といった可愛い物まで発売されています。

この突っ張り棒の活用方法は様々なアイデアがあり、収納目的や目隠し、間仕切りなどとして活用ができます。DIYで活用する方も多くいます。まずはダイソー・セリア・キャンドゥで発売されている突っ張り棒のサイズについて調べました。

100均で発売されている突っ張り棒のサイズまとめ!

100均で発売されている突っ張り棒には様々な種類があります。短いサイズから長いサイズまで豊富に揃っているため、用途に合わせて突っ張り棒を選ぶことができます。

ダイソー・セリア・キャンドゥ・ワッツから発売されている突っ張り棒のサイズを一覧にまとめました。

ダイソーの突っ張り棒のサイズ一覧

ダイソー 突っ張り棒
(画像引用:ダイソーネットショップ)

長さ(cm)耐荷重(㎏)価格(税抜)
18~27㎝(2本セット)1㎏100円
21~33㎝(2本セット)1~2.5㎏100円
30~45㎝1㎏100円
35~50㎝2㎏100円
65~100㎝2㎏100円
85~120㎝3㎏150円
85~120cm5㎏200円
115~190㎝3㎏200円
120~190㎝5㎏300円
135~200㎝6㎏400円
75~120㎝20~40㎏400円
135~200㎝6㎏400円

ワッツの突っ張り棒のサイズ一覧

100均で買える突っ張り棒のサイズ一覧ワッツ編からご紹介していきます。
ワッツには主に3種のサイズの突っ張り棒が売っています。

長さ(cm)耐荷重(㎏)価格(税抜)
18-28cm1㎏100円
30-50cm1㎏100円
40-70cm1㎏100円
PB.伸縮つっぱり棒 18-28cm
(画像引用:ワッツオンライン)

「18-28cm」タイプの突っ張り棒です。 ちょっとした隙間や空いたスペースに収納を追加したい時にベストです。

PB.伸縮つっぱり棒 30-50cm
(画像引用:ワッツオンライン)

「30-50cm」タイプの突っ張り棒です。 棚の中などの仕切りや棚板の代わりにしたい時におすすめです。 カラー展開はホワイト/ブラック/木目調の3色が選べます。

PB.伸縮つっぱり棒 40-70cm
(画像引用:ワッツオンライン)

「40-70cm」タイプの突っ張り棒です。 クローゼットの中に収納を追加したり、カーテンを掛けたりと便利な長さです。 カラー展開はホワイト/ブラック/木目調/アルミの4色が選べます。

セリアの突っ張り棒のサイズ一覧

長さ(cm)耐荷重(㎏)価格(税抜)
17~24㎝1㎏100円
20~30㎝1㎏100円
22~34㎝2.5㎏100円
25~40㎝1㎏100円
30~50㎝1.5㎏100円
35~60㎝1㎏100円
40~70㎝1.2㎏100円
55~90㎝1㎏100円
56~100㎝1㎏100円
65~110㎝1㎏100円
70~115㎝1㎏100円

キャンドゥの突っ張り棒のサイズ一覧

画像引用:Can★Do(キャンドゥ)ネットショップ

長さ(cm)耐荷重(㎏)価格(税抜)
25~40㎝1㎏100円
30~50㎝1㎏100円
40~70㎝1㎏100円
55~90㎝1kg100円
60~100㎝1㎏100円
70~120㎝1㎏100円

100均の突っ張り棒の強度比較!

100均で発売されている突っ張り棒の強度を、ダイソー・セリア・キャンドゥの3社で比較してみました。それぞれのお店で発売されている突っ張り棒を、同じ価格で同じ長さの商品で比べました。

・ダイソー「54~90㎝・耐荷重1㎏・100円」

・セリア「55~90㎝・耐荷重1㎏・100円」

・キャンドゥ「55~90㎝・耐荷重1㎏・100円」

これらの商品で強度について調べていきます。

ダイソーの突っ張り棒の強度

画像引用:ダイソーネットショップ

ダイソーの突っ張り棒はなかなかの強度を持っていると言われています。こちらの商品は「54〜90㎝・耐荷重1㎏・100円」となっています。

耐荷重は1㎏となっていますが、実際に重りを付けて強度を調べてみると、3㎏くらいまでの重さなら耐えられる強度を持っているようです。

しかし、長い時間の重さに耐えられるわけではないため、落下してしまう可能性もあります。強度は強いですが、耐荷重以上の重さを乗せてしまうと、危険も伴うこともあります。

セリアの突っ張り棒の強度

セリアの「55〜90㎝・耐荷重1㎏・100円」という突っ張り棒の商品で強度を調べてみました。

耐荷重は1㎏となっていますが、セリアの突っ張り棒でも2.5㎏くらいまでなら耐えられる強度を持っていることがわかっています。

耐荷重というのはあくまで目安なので、それ以下の重さでも、取り付ける場所や条件によっては、落下してしまうこともあります。きちんと取り付け方を守ることで強度を上げることもできるのです。

キャンドゥの突っ張り棒の強度

画像引用:Can★Do(キャンドゥ)ネットショップ

キャンドゥの「55〜90㎝・耐荷重1㎏・100円」の商品でも強度を調べたところ、3㎏くらいまでの強度があることがわかりました。

しっかりと取り付けることで、強度もあがるため、落下の危険性もなくなります。突っ張り棒の強度の違いにほとんど変わりはありませんでしたので、きちんと取り付けることが大事となってくるようです。

(※強度の調査結果は参考値です。各商品の耐荷重を確認の上、ご使用ください。)

100均の突っ張り棒を使った活用方法を紹介!

100均の突っ張り棒を使った活用方法をご紹介していきます。突っ張り棒を使うことで、デッドスペースとなっている場所が有効的に活用できたり、収納スペースになったりします。

突っ張り棒を使ったアイデアをまとめました。

トイレの収納

画像引用:ダイソーネットショップ

トイレに収納スペースが無いと、トイレットペーパーや掃除グッズが収納できずに、困っている人も多いでしょう。そんな時は突っ張り棒と100均で発売されているワイヤーネットを使うことで、簡易的な棚を作ることが出来ます。

突っ張り棒とワイヤーネットを結束バンドで固定して、トイレの壁に設置します。そうすると、ワイヤーネットの上にトイレットペーパーや掃除用具、サニタリーケースなどを収納することができます。

洗濯小物収納

短いサイズの突っ張り棒を洗濯機の横のデッドスペースに配置することで、突っ張り棒にハンガーを収納することができます。洗面所のシンク下の収納棚の中に取り付けても、ハンガーをスッキリと収納することができます。

ちょっとしたスペースがあれば突っ張り棒を掛けることができるため、有効的にスペースを活用することができます。

シンク下の袋掛け

画像引用:ダイソーネットショップ

シンク下の扉裏に引っ掛けるタイプのフックを2つ取り付けます。フックの部分に突っ張り棒を掛けると、ビニール袋やゴミ袋を取り付けられるスペースとなります。

デッドスペースとなっている扉裏が有効的に使えることや、すぐに取り出せるところからも人気の収納アイデアとなっています。フックも引っ掛けるタイプのため、賃貸の人にもおすすめです。

目隠しカーテン

画像引用:ダイソーネットショップ

100均で発売されているカーテンを突っ張り棒に取り付けると、目隠しのカーテンになります。扉が付いていない棚などの目隠しにぴったりなアイテムとなっています。

簡単に取り付けることができるため、人気の活用方法となっています。カーテンも100均にはたくさんの種類が売っているため、選ぶ楽しみもあります。生活感を隠すのにぴったりです。

お風呂場の道具掛け

画像引用:ダイソーネットショップ

お風呂場の掃除道具を掛けるのに、突っ張り棒が役立ちます。小窓がある家は小窓に突っ張り棒を掛けることで、洗剤やスポンジを浮かして掛けることができます。

また、吸盤フックを付けて突っ張り棒を付けることで、シャンプーやリンスなどを掛けることもできます。お風呂に入った後には、洗面器を掛けておくと、カビ予防にもなるためおすすめです。

浮かせる収納

トイレの収納におすすめなのが浮かせる収納です。トイレブラシなどが床に置いてあると、床を掃除するときに毎回どかさなければならなくて、面倒だと感じている人もいるでしょう。

そんな時は、便器の裏側に突っ張り棒を2本掛けることで、掃除道具を床に置かずに浮かせて収納することができるのです。これだけで掃除が楽になるため、おすすめです。

収納棚

突っ張り棒を使って収納棚を作ることもできます。100均で発売されているワイヤーネットと突っ張り棒を結束バンドで固定するだけで、簡単に棚が設置できます。高さも自分の好みに合わせて調整できます。

クローゼットのデッドスペースなどに突っ張り棒で棚を作ることで、収納スペースを増やすことができるのです。

靴収納

靴箱にも突っ張り棒が役立ちます。パンプスなどのヒールがある靴は、突っ張り棒を1本通しておくだけで、パンプスのかかとを掛けて収納することができます。前後に1足の靴を収納できるため、2倍もの靴が収納できるのです。

突っ張り棒を使って2段にすることで、子供用の小さい靴をたくさん収納することができます。デッドスペースを有効的に使って、収納スペースを増やすことができるのです。

キッチンツール収納

画像引用:ダイソーネットショップ

キッチン台の端に突っ張り棒を設置し、S字フックを引っ掛けることで、キッチンで使うお玉やヘラなどを収納することができます。近くにあることで、使用したいときにすぐに使えるため、とても便利な収納アイデアです。

簡易ペットゲート

画像引用:ダイソーネットショップ

突っ張り棒とワイヤーネットを結束バンドで固定し、階段の前などに設置することで、簡易的なペットゲートになります。ペットに入ってきてほしくない所に設置しておくだけなので、簡単にできます。

ペットの大きさによって、ワイヤーネットの大きさを変えることもできます。キッチン周りや階段前など危険な場所への設置がおすすめです。

100均の突っ張り棒を活用して生活を豊かにしよう!

100均で発売されている突っ張り棒について調べてきました。100均では様々な種類の突っ張り棒が発売されています。収納にも活用できる突っ張り棒を使うことで、便利な暮らしとなります。

まずは、どこに突っ張り棒を使いたいかを決め、サイズを測ってから100均に突っ張り棒を探しに行きましょう!

FacebookTwitterLine