• トップ
  • コラム
  • 【2022】自動ゴミ箱おすすめ10選!清潔に使えるフタ付きゴミ箱はどれ?

【2022】自動ゴミ箱おすすめ10選!清潔に使えるフタ付きゴミ箱はどれ?

FacebookTwitterLine

フタ付きのゴミ箱は、ゴミの臭いが外に漏れにくいので、利用している方も多いでしょう。しかし、手動でフタを開封するのは面倒に感じてしまうことも。

そんな方におすすめなのが、フタが自動で開閉するタイプの「自動ゴミ箱」です。衛生面に優れておりおしゃれなデザインの自動ゴミ箱は、数多く販売されています。

そこで今回は、複数ある自動ゴミ箱からどれを選ぶと良いのか、選び方やおすすめの自動ゴミ箱を紹介します。自動ゴミ箱の購入を検討している方は、ぜひ本記事を参考にしてください。

カジドレおすすめTOP3

    
商品名 販売サイト 参考価格(税込) 容量 サイズ 開閉方向 特徴
ZitA
ZitA
16,980円 45L 高さ 66.5cm
奥行き 33.5cm
幅 33.5cm
横開き

・袋いっぱいまで使えて、ゴミ出しの回数を減らせる
・センサーの調整範囲0~30cm
・別売の分別リング使用で分別可能

JOBSON
JOBSON
賢いゴミ箱
13,980円 47L 高さ 66.5cm
奥行き 27cm
幅 42cm
横開き

・開閉スピードが0.3秒
・臭いやサビがつきにくいSUS430ステンレス製

arco
arco
9,990円 47L 高さ 66.5cm
奥行き 27.8cm
幅 42.1cm
横開き

・コスパ良し
・奥行きが小さめで通路に置きやすい

自動ゴミ箱の魅力とは?

センサーが手や物体を検知して自動でフタが開くゴミ箱。その魅力は以下のとおりです。

  • ゴミ箱に直接触れる必要がなく、清潔な状態を保てる
  • 両手が塞がっていても使える
  • すぐにフタが閉まるので、臭い漏れを防ぎやすい
  • デザイン性が高くインテリアに馴染みやすい

このように自動ゴミ箱にはさまざまな魅力があり、家事や育児に忙しい方や一人暮らしの方にとっても便利なアイテムです。

ここに注目!自動ゴミ箱の選び方

自動ゴミ箱を購入する際は、以下の点に注目しながら選ぶようにしましょう。

サイズと容量

自動ゴミ箱を選ぶときは、サイズと容量を必ず確認してください。

まずは自動ゴミ箱を置く予定の場所のサイズをはかり、フタが開封したときに高さや幅が足りるかも考慮しましょう。

自動ゴミ箱は臭いの気になるゴミを入れることが想定されるので、ゴミの収集日前までに中身がいっぱいにならない容量を選ぶのも大切です。

どの容量を選ぶかは、下記を基準に決めてみてください。

容量設置場所
20L未満個室や寝室、洗面所、トイレなどスペースの小さい場所
20~30Lリビングやダイニングなど、家族が集まりゴミが多く出る場所
31~45Lたくさんのゴミが出るキッチン

フタの開き方

自動ゴミ箱のフタは縦開きと横開きの2種類があります。

縦開きは通常のフタ付きゴミ箱と同じように、フタが上に跳ね上がるタイプです。横開きは、横にスライドするように開くタイプとなっています。

縦開きは構造がシンプルなので、リーズナブルな価格で購入できます。ただし上にフタが開くタイプなので、棚の下などに設置する場合は、しっかりとフタを開けられるかに注意しましょう。

横開きの場合、縦開きに比べると価格が高めですが、縦開きよりは空気の動きが少ないため、臭い漏れが少ないという特徴があります。

フタの高さを考慮してサイズをはからなくても良い点もポイントです。

素材

自動ゴミ箱を選ぶときは、どんな素材でできているのかにも注目してください。

自動ゴミ箱の一般的な素材はステンレスもしくは樹脂です。それぞれの特徴を見ていきましょう。

ステンレス製の自動ゴミ箱の特徴

  • 汚れに強い
  • メンテナンスしやすい
  • 耐久性が高い
  • やや高額

生ゴミやおむつ、ペットの排泄物を捨てるなら、ステンレス製がおすすめ。耐久性もあるので、長く使い続けられるのがポイントです。

高級感と清潔感があるので、生活感が出にくいインテリアが好きな方にピッタリでしょう。価格は高めではありますが、長く使い続けられるのでコスパは悪くありません。

樹脂製の自動ゴミ箱の特徴

  • 価格が安い
  • 軽い
  • 汚れがつきやすい

臭いが気になるゴミを入れない、紙やプラスチックなどの汚れがつかないゴミを入れるのであれば、樹脂製の自動ゴミ箱でも事足ります。

なんと言ってもゴミ箱自体が軽いので、ゴミ箱を頻繁に移動させる場合も樹脂製がおすすめです。

ステンレス製に比べると臭いがつきやすいので、こまめに拭き取り掃除をするなどのメンテナンスをするようにしてください。

必要な電池の種類と数

自動ゴミ箱はセンサー式なので、電気が必要です。基本的には電池を使って動いているので、必要な電池の種類と数を確認するようにしてください。

頻繁に電池交換が必要なタイプだとコスパが悪いです。電池の使用量と稼働時間のバランスが良い製品を選ぶのが重要です。

分別の可否

自動ゴミ箱の中には分別が可能なタイプもあります。

分別可能なタイプはゴミ箱の中が2つに分かれているので、複数個ゴミ箱を用意する必要がありません。ゴミ箱の設置スペースも増やさなくて良いのがうれしいですね。

別売りのリングを購入すると分別できる自動ゴミ箱もあるので、各ゴミ箱の詳細をよく確認してみてください。

袋とじやゴミの圧縮などの便利な機能付きか

袋とじや、ゴミの圧縮などの機能がついている自動ゴミ箱もあります。

袋とじ機能がある場合、自分で袋の口を閉める必要がないので、手が汚れることがありません。ゴミの圧縮機能がついていれば、たくさんのゴミを捨てられます。

このタイプは電池式ではなく、充電タイプが多いので、充電がなくならないようにこまめな充電が必要です。

選ぶならこれ!おすすめの自動ゴミ箱10選

ここからは、おすすめの自動ゴミ箱をご紹介していきます。

1)ZitA【ジータ】

ひらけ、ゴミ箱!!自動ゴミ箱のZitA
(画像引用:ZitA公式サイト)

「ヒラケ、ゴミ箱」でおなじみに、自動ゴミ箱の有名ブランド『ZitA【ジータ】』。

センサーに手や物をかざすとフタが横に自動で開きます。

感知範囲が0〜30cmで自由に調整できるので、置く場所が棚の下だったり、人がゴミ箱の前を通ったりしても勝手にフタが開かないようにできます。

開いている時間は5秒程度で、フタが閉じるときももちろん自動です。開閉時間が長すぎないことや横開きなこともあり、匂い漏れを防ぎやすいでしょう。

さらに、開口部は広めに取られているため、大きめのゴミであっても捨てやすいです。

ステンレス製なので、メンテナンスも簡単。たとえ汚れても拭き取り掃除をすれば良いだけです。

また、日常的に使うゴミ箱だからこそ、5万回に渡る開閉テストを行い、動作の不調が起こりにくいことも確認済み。

別売の分別リングを設置すれば分別も可能になるので、自動ゴミ箱が2つほしいと考えている方は、ぜひ『ZitA【ジータ】』を選びましょう。

項目内容
ブランド/商品名ZitA(ジータ)
価格(税込)16,980円(送料無料)
容量45L
サイズ高さ66.5×奥行き33.5×幅33.5cm
フタの開閉方向横開き
電池の種類/本数単二電池/2本(約10ヶ月)

2)JOBSON|賢いゴミ箱

JOBSON|賢いゴミ箱
(画像引用:JOBSON)

特許技術である「高精密センサー技術」を採用している『JOBSON』の「賢いゴミ箱」の魅力は、なんと言っても開閉の速さです。

たったの0.3秒でフタが開くので、フタの開きが遅いことにイライラしてしまうせっかちな方におすすめ。センサーの感知範囲は6〜30cmなので、自分にあった高さに調整できます。

また、追加の費用なしでフタを丸ごと修理・交換対応など、長期的に利用できるようなサポートもついています。(※補償期間は要確認)

臭いやサビがつきにくいSUS430というステンレス素材を使っているので、キッチンで使うのに大活躍するでしょう。

項目内容
ブランド名JOBSON
商品名賢いゴミ箱
価格(税込)13,980円
容量47L(ゴミ袋のサイズ45L)
サイズ高さ66.5×奥行き27×幅42cm
フタの開閉方向横開き
電池の種類/本数単一アルカリ電池/2本(最大15ヶ月)

\楽天デイリーランキング6冠/

3)arco

arco
(画像引用:楽天)

『ARCO-TU』の自動ゴミ箱はセンサーによって自動で開くことはもちろん、ワンタッチの手動で開閉することもできるタイプです。

フタは横に素早く開閉してくれるので、臭い漏れも少ないでしょう。さらにステンレス製なので、お手入れも楽ちん。

サイズは、先ほどご紹介した『ZitA【ジータ】』の「ヒラケ、ゴミ箱」よりも奥行きが小さく、横に広いタイプなので、あまり場所を取りたくない通路に置こうと考えている方におすすめです。

開口部は約33.5×18.5cmと広く取られているので、2Lのペットボトルや大きめのプラスチックトレーも楽に捨てられるでしょう。

さらに、単一電池2本で約15ヶ月も動作が可能でありながら、価格は10,000円以内です。

品質とコスパの良さを求めるなら、『ARCO-TU』の「横開きステンレス自動開閉ゴミ箱」を選びましょう。

項目内容
ブランド名ARCO-TU
商品名 横開きステンレス自動開閉ゴミ箱
参考価格(税込)9,990円
(Amazon販売価格)
容量47L
サイズ高さ66.5×奥行き27.8×幅42.1cm
フタの開閉方向横開き
電池の種類/本数単一電池/2本(約15ヶ月)

\【最安価格】9,990円~/

4)アイリスオーヤマ|センサー付全自動ペール

アイリスプラザ|センサー付全自動ペール
(画像引用:アイリスプラザ)

『アイリスオーヤマ 』の「センサー付全自動ペール」は、フタが縦に開閉するタイプです。

横開きと比べると開閉時の臭い漏れは防ぎにくいですが、フタ付きなので衛生的であることには変わりありません。価格も6,130円と自動ゴミ箱にしてはリーズナブルです。

フタを開けると高さが77cmとなり大きめなので、高さがあった方が利用しやすい方、そこまで密封性は求めないから安い自動ゴミ箱がほしい方におすすめです。

カラーラインナップが豊富で、スタイリッシュというより可愛いタイプのデザインなので、ナチュラルなインテリアの部屋でも馴染んでくれるでしょう。

項目内容
ブランド名アイリスオーヤマ
商品名センサー付全自動ペール
価格(税込)6,130円
容量48L 
サイズ高さ56~77×奥行き32×幅36cm
フタの開閉方向縦開き
電池の種類/本数単三電池/4本

5)EKO(イーケーオー)|ファントムセンサービン

EKO ファントムセンサービン
(画像引用:楽天)

『EKO(イーケーオー)』の「ファントムセンサービン」は、縦に関門びらきのように開く自動ゴミ箱です。

フタは、LEDのカウントダウン表示で閉まるタイミングがわかるようになっているので、焦らずにゴミを捨てられます。

また、ここまででご紹介した自動ゴミ箱と大きく異なる点は、幅の小ささでしょう。奥行きが長いタイプなので、横に狭いスペースに置きたいと考えている方におすすめです。

項目内容
ブランド名EKO
商品名ファントムセンサービン
参考価格(税込)14,390円
容量45L 
サイズ高さ65.5×奥行き46×幅27cm
フタの開閉方向縦開き
電池の種類/本数単三アルカリ電池/6本

\【最安価格】14,390円~/

6)トーニュー(townew) |スマートトラッシュボックス T AIR X

トーニュー(townew)
(画像引用:townew)

『トーニュー(townew)』の「スマートトラッシュボックス T AIR X」は、以下の便利な機能がたくさんついている自動ゴミ箱です。

便利な機能内容
開閉方法が2つセンサーによる自動開閉とボタンによる手動開閉のどちらにも対応
オーバーロード
機能
ゴミがはみ出てもカバーが自動で持ち上がり、ゴミを収納・密閉してくれる
自動ゴミ袋セット機能ゴミが取り出されると新しいゴミ袋を自動でセット
密封機能・1つのリフィルで約25回密閉ゴミ袋を生成可能
・2日に1回交換が必要だが、約2ヶ月程度の使用で1回あたり約24円と維持費は低価格。

このように、自分では煩わしいと思ってしまう作業を自動で行ってくれるのが魅力です。

充電式ではありますが、1回のフル充電で約1ヶ月半使用可能なため、頻繁に充電をしなくてはいけない訳ではありません。

サイズと容量は小さめではありますが、その分便利機能がたくさんついているので、めんどくさがりな方は『トーニュー(townew)』の「スマートトラッシュボックス」を選ぶと良いでしょう。

項目内容
ブランド名トーニュー
商品名スマートトラッシュボックス T AIR X
参考価格(税込)14,900円
容量13.5L
サイズ高さ34.9×奥行き28.4×幅28.4cm
フタの開閉方向縦開き
電池の種類/本数充電式(フル充電で1ヶ月半使用可能)

\【最安価格】14,900円~/

7)REDHiLL|自動ゴミ箱 45リットル

REDHiLL|自動ゴミ箱 45リットル
(画像引用:楽天)

『REDHiLL』でおすすめの自動ゴミ箱は、「自動ゴミ箱 45リットル」です。フタは横開きで、臭いの漏れにくいタイプです。

さらに、開封から3〜4秒後に自動で閉まりますが、開いている時間が短いと思ってもボタンを押せば開いた状態を保てるので、ゴミを捨てるときに焦る必要はありません。

全体がステンレス製なので、汚れがついたとしてもさっと拭き取れるようになっているのも魅力です。

価格に関しても、本記事でご紹介している45L横開きタイプの中でも、12,900円と比較的安めの価格となっているのがうれしいですね。

単一電池2本で約2年(1日10回開閉/365日)もの長期間使用できるので、特にコスパの良い横開きタイプの自動ゴミ箱を探している方におすすめです。

項目内容
ブランド名REDHiLL
商品名自動ゴミ箱 45リットル
参考価格(税込)8,480円
容量45L
サイズ高さ70.6×奥行き31.8×幅46.7cm
フタの開閉方向横開き
電池の種類/本数単一電池/2本(1日10回の開閉で約5年使用可能)

\【最安価格】8,480円~/

8)オットスタイル | ステンレスダストボックス

オットスタイル | ステンレスダストボックス
(画像引用:Amazon)

『オットスタイル』のおすすめ自動ゴミ箱は「ステンレスダストボックス」です。

フタは縦開きタイプで、先ほどの『アイリスオーヤマ』の自動ゴミ箱よりスタイリッシュなデザインが特徴となっています。

10~15cmの感知センサーで自動開閉可能ですが、ボタンによる手動開閉も可能です。

さらに、フタを開いたときの高さは90cmと高めなので、キッチンやリビングにおくと利用しやすいでしょう。

内容項目
ブランド名オットスタイル
商品名ステンレスダストボックス
参考価格(税込)7,600円
容量42L 
サイズ高さ74~90×奥行き25×幅33cm
フタの開閉方向縦開き
電池の種類/本数単三電池/4本

9)DiETZ|自動開閉センサーゴミ箱

DiETZ 自動開閉センサーゴミ箱
(画像引用:varias)

『DiETZ』の「自動開閉センサーゴミ箱」は、フタが横に開くタイプなので臭いが漏れにくいです。

価格が8,900円と横開きタイプの自動ゴミ箱にしてはリーズナブル。さらに、2年の長期保証つきなので、故障が心配という方でも安心して使用できます。

背中側が平らなため、壁に沿うように置けるのも魅力でしょう。

項目内容
ブランド名DiETZ(ディーツ)
商品名自動開閉センサーゴミ箱
価格(税込)8,900円
容量47L(45Lゴミ袋対応)  
サイズ高さ70×奥行き46.4×幅31.6cm
フタの開閉方向横開き
電池の種類/本数単一電池/2本(1日20回程度の開閉:約12ヶ月交換不要)

10)OSJ

OSJ ステンレススリムタイプ 自動ゴミ箱
(画像引用:Amazon)

OSJ(オリエント・スタンダード・ジャパン)では、樹脂製の10L自動ゴミ箱や50Lの大容量のステンレススリムタイプ、ステンレスの幅広45Lタイプなど、さまざまな自動ゴミ箱を販売しています。

トイレや洗面所、寝室などで使うなら上画像のコンパクトサイズな樹脂製の10L自動ゴミ箱を使用するのがおすすめ。

置き場所に幅を取りたくないのなら、下記画像の50Lステンレススリムタイプの使用が向いています。こちらは、スリムでありながら、50Lと大容量なのが魅力的ですね。

OSJ 50Lステンレススリムタイプ 自動ゴミ箱
(画像引用:Amazon)

どのタイプもリーズナブルな価格なので、ご自身の希望に合ったタイプを選ぶと良いでしょう。

項目内容
ブランド名OSJ
商品名樹脂製フタ付き自動ゴミ箱
価格(税込)3,380円〜(Amazon販売価格)
容量10L〜
サイズ高さ30×奥行き14.5×幅30cm〜
フタの開閉方向縦開き
電池の種類/本数単三電池/2本

※上記は10Lの樹脂製フタ付き自動ゴミ箱の情報です。

自動ゴミ箱の調子が悪い時の対処法

自動ゴミ箱を使用していると「ゴミ箱の調子が悪いな」と感じることもあるでしょう。

そんなときは以下の点をチェックしてみてください。

電池が切れた

電池が切れている場合は、単純に電池の交換が必要です。

電池の交換目安となっている期間より短いスパンで電池交換が必要な場合、人通りなどの問題でフタが頻繁に自動開閉しており、電池をくってしまっている可能性があります。

この場合は、センサーの感知範囲を変更するのがおすすめです。

手動で蓋を閉じてしまった

手動でフタを閉じると、自動ゴミ箱の調子が悪くなってしまうことがあります。この場合は、一度電源を落として、再度正常に動作するか確認しましょう。

他家電との電波干渉

自動ゴミ箱は電化製品なので、他の家電との電波干渉を起こすことがあります。とくに近くに電波干渉のしやすい電子レンジがある場合は、不具合が起きやすいです。

この場合は単純に電子レンジからゴミ箱を置く位置を遠ざけると良いでしょう。遠ざけたら、一度ゴミ箱の電源を落とし動作確認をしてください。

もしこの状態で動作しない場合は、故障の可能性が高いです。

故障

故障した場合には、販売店やメーカーに問い合わせをしてください。

また自動ゴミ箱は防水ではないので、水がかかってしまうと故障する可能性があります。自動ゴミ箱は、キッチンなどの水回りに置くことも多いので、水がかからないように十分に注意してください。

自動ゴミ箱 よくあるQ&A

最後に、自動ゴミ箱に関するよくある質問に答えていきます。

Q1.中古で買ってもいい?

A.できれば新品を購入しましょう。

ヤフオクやメルカリなどで自動ゴミ箱を中古で購入することは可能です。しかし中古の場合、臭いがついていたり、汚れや傷があったりと、どうしても使用感が出てしまいます。

その点が気にならなければ問題ありませんが、何を捨てたゴミ箱かわからないので、中古での購入は避けた方が良いでしょう。

Q2.電池がなくなってもフタは開けられる?

A.電池がなくなると自動ではフタは開かなくなりますが、手動で開閉できます。

電池が家になかったとしても開閉は可能なので安心してください。

Q3.棚の下などの狭い場所にも置ける?

A.棚の下でも問題なく設置可能です。

開閉時のセンサーの感知範囲は調整可能なことがほとんどなので、棚の高さや手をかざす高さに合わせて感知範囲をせってしましょう。

ただし、フタが開いた時に壁や棚に当たらないように、ゴミ箱のサイズは必ずはかるようにしてください。

まとめ

自動ゴミ箱は、臭いが漏れにくく衛生的に使用できる大変便利なアイテムです。

幼児のいるご家庭であれば、おむつを捨てるのに最適です。また、ペットを飼っているなら排泄物を捨てるのためにも活用できます。

生ごみを捨てるのにも最適なので、キッチンなどのゴミが頻繁に出る場所に置いて利用しましょう。

本記事でご紹介した自動ゴミ箱の選び方を参考に、ぜひ自分のご家庭にあったゴミ箱を見つけてくださいね。

※商品内容や価格は変更となる場合がございます。最新の情報は各販売サイトでご確認ください。

FacebookTwitterLine
  • トップ
  • コラム
  • 【2022】自動ゴミ箱おすすめ10選!清潔に使えるフタ付きゴミ箱はどれ?