「カーリースはやめとけ」の真相!利用の注意点とデメリットは?

FacebookTwitterLine
「カーリースはやめとけ」の真相!利用の注意点とデメリットは?

最近では、車は購入以外にも選択肢が出てきています。

その中でも「カーリース」は、初期費用が少なく、車を購入するよりも手軽に車を所有できることから現在人気をあつめています。

しかし、そんなカーリースですが、最近では「カーリースはやめたほうがいい」と言われることが増えてきていることはご存じでしょうか。

「やめたほうがいい」という話を聞いて利用すること自体を迷っている方も多いと思います。

そんな方々のために今回は「カーリースはやめとけ」と言われる理由について真相を解明していきます。

利用する際の注意点やメリット、デメリットについても解説しますのでぜひ最後までご覧ください。

家事をドレで楽にする?

カジドレ編集部では、家事・掃除・食事・子育て・収納・お金のことなど、暮らしに役立つ商品やサービスを紹介しています。
仕事や育児でなかなか家事に手が回らない・・・、そんな忙しい毎日の家事を楽にする情報を実際に利用した体験談も交えてお届けします。

カーリースはやめとけ?5つの理由

カーリースはやめとけ?5つの理由

良いところが多そうなカーリースですが、ネット上や噂では「やめたほうがいい」という内容が流れています。

人によってやめたほうが良いと思っている理由はさまざまですよね。

実際なぜやめたほうが良いのかあまり詳しく知らない方も多いのではないでしょうか。

カーリースは自己所有名義にならないのはもちろん、中途解約ができなかったり、乗るのに距離制限があったりといろいろなしがらみが存在するのは確かです。

それぞれ、明確かつ詳細な理由を解説していきます。

こちらで説明する理由を参考にして、カーリースを利用するかどうかの参考にしてください。

車が自己所有にならないからやめとけ

車が自己所有にならないからやめとけ

カーリースはその名前に「リース」という言葉が使われていることから、リース業者から貸し出しをしてもらって、車を使用するやり方です。

初期費用やランニングコストを多少は抑えられるメリットがありますが、車の所有者はリース業者になります。

毎月同じ金額を支払う点ではローンと同じような形に見えますが、ローンでは車の名義が自分のものになります。

毎月同じぐらいの金額を支払うにもかかわらず、自分の名義にならないのは少し悲しいですよね。

メンテナンス等行わなくて良いメリットはありますが、自分の所有物ではないので制限がかかってくるのも確かです。

色々と制限がかかるのが嫌いない人はやめた方が良いでしょう。

距離制限があるからやめとけ

距離制限があるからやめとけ

カーリース業者の車は、無制限に使えるような車ではありません。

他人の所有物に乗らせてもらうわけですから、当然制限がついてきます。

その一つが走行距離の制限です。走行距離制限は、月々の一般的な走行距離である1,000km〜1,500kmを目処に設定されています。

これはほとんどの人が超過することがなく、一般的には何の問題もありませんが、中には1,500km以上乗る方もいるはずです。

そういった方は万が一超過してしまうと、超過分の請求をされてしまう可能性がありますので注意しましょう。

毎週レジャーに出る方や、毎週末遠出をする方にはカーリーすは不向きと言えるでしょう。

カーリース業者の中には、走行距離制限を無制限にしている業者もあるため、どうしてもカーリースをしたい方がいればそちらの業者を選ぶと良いですよ。

返却時にお金がかかる場合があるからやめとけ

返却時にお金がかかる場合があるからやめとけ

カーリースの仕組みは基本的には、3年や5年などの期間でリースの契約を行い、それが過ぎると車の返却をしなければなりません。

リース前に車の価値を計算します。3年や5年後の残価率を計算した上で、返却後の価値を計算し、返却した車の価値が不足していれば支払いが発生します。

このような方法を「残価生産方法」と呼びます。

また、返却時に傷や凹みなどが生じていた場合には、リースを受けた当時の車体の状態まで戻す費用も発生してきます。

このような費用を「原状回復費用」と呼びます。

どちらも、業者から借りているからこそ出てくる費用で、運転に自信がない方や綺麗に乗ることが苦手な方はやめた方が良いでしょう。

実はカーリースにも良いところはある

実はカーリースにも良いところはある

これだけやめておけといっていながら、実はカーリースには良いところもいっぱいあって、おすすめできる人もいます。

カーリースは、ガソリン代以外でかかる費用についてはリース代金い一律で含まれており、税金もかからずお金の管理が非常にしやすいのです。

また、初期費用がかからずにいつでも新型車に乗れるので、3年ごとや5年など短いスパンで車を変えたい人にもおすすめできます。

また、マイカーローンなどよりも審査が緩いとされているため、車がローンで購入できない人にもおすすめですよ。

それぞれ詳しく解説していきましょう。

車検・整備費・保険等全て込みの一定金額

車検・整備費・保険等全て込みの一定金額

カーリースは基本的に車検や、整備費、保険等車にかかるガソリン代以外の料金が全て一律で、毎月の支払い金額の中に入っています。

一度契約をすると月額料金が変更になることはないため、契約期間中の支出はずっと一定になるのです。

家計管理が楽になることはもちろん、自分が故意に故障させた以外の故障についてもリース会社が全て整備費用としてみてくれるプランもあるので、急な出費も無くなります。

年間を通して急なメンテナンスのためにお金を貯める必要がなくなるのは、家計管理をする上でもかなり楽になりますよね。

税金の手続きはリース会社がやってくれる

税金の手続きはリース会社がやってくれる

カーリースは、リース会社から車を借りている状態になるため、自分の名義になるわけではありません。

これは、車を自由にできないデメリットにつながるわけですが、逆に言えば自分の所有物ではないため、支払いはしないといけないものの、税金などの手続きはこちらでやらなくても良いわけです。

税金部分に関しても毎月の一定額の月額料金に含まれているので、各種手続き等も心配せず車に乗ることができます。

手続きが面倒な方にはもってこいのサービスですよね。

毎年税金のことを考えて一喜一憂している方には、カーリースほどおすすめできるものはないですよ。

お金がなくても新型車に乗れる

お金がなくても新型車に乗れる

一般的に、新車を購入する際には新車購入代金の1割ほどが頭金として必要になると言われています。

頭金という初期費用がかかるだけで、新車の購ハードルがかなり上がりますよね。

一方でカーリースでは初期費用などはほとんどかかりません。

また、最新モデルをカーリースとして出していることが多いため、頭金などお金に余力がなかったとしても新しい車に乗ることができます。

特に最近では若い方で初期費用などを貯めるのが難しい方に、カーリースは非常におすすめできます。

物価高が騒がれている現在では、案外カーリースで新型車に乗る方がお得に乗れてしまう可能性もありますよ。

ローンより審査が緩い

ローンより審査が緩い

車を購入する時には、現金で一括購入するか、マイカーローンを組んで購入するかの2パターンがありますよね。

このうちマイカーローンで購入する場合は、年収や信用情報などを見てお金を貸しても良いのか審査する必要があります。

マイカーローンの審査は厳しめのところが多いので、落ちてしまう方も少なくありません。

こういった落ちてしまった方々もカーリースの審査では通る可能性があるのです。

カーリースで契約を結ぶときにも審査がされますが、この審査はマイカーローンの審査よりも緩いことが多いです。

ローンで新車が買えなくて困っている方は、カーリースを選ぶ選択肢もありますので、検討してみてはいかがでしょうか。

実はおすすめ!カーリースに向いてる人

実はおすすめ!カーリースがおすすめな人

「カーリースはやめとけ」と言われることもありますが、実際のところ利用する人と状況に応じて変わってきます。

カーリースにも良いところがあり、使い方によっては新車で購入するよりも圧倒的お得に新車に乗れる可能性もあるのです。

カスタムなどを行わず、車に興味がないけど通勤や移動のために車は必要な方にとっては、できる限り安く乗れる方法もあります。

また、レジャーやアウトドア、遠出などにしょっちゅう使用せず、街乗りや近場の通勤などに使用するだけでたくさんの距離を乗らない人にもおすすめできます。

おすすめな人になぜおすすめなのか詳しくみていきましょう。

車に興味はないけど車が必要な人

車に興味はないけど車が必要な人

通勤や家族で出かける際に、車は必要だけど派手な車やかっこいい車などを求めてるわけではなく、一般的な車で毎月乗れればいいというという方にはおすすめできます。

カーリースは車のグレードや、ブランドに応じて値段が細かく変わっていきます。

もちろん、本体価格が高いものや、カーリースでもオプションをつけまくれば月額料金は高くなりますが、逆にシンプルかつ安い価格帯の車であれば月額費用は抑えられるということです。

故障などをした際にも急な出費が出てこないので、毎月支払いのことを考えずに済む点に関しても車が興味ない人にはおすすめできますよ。

あまり距離を乗らない人

あまり距離を乗らない人

カーリースは、車両の種類に応じても金額は変わりますが、それ以外にも月の平均走行距離数でも金額は変わってきます。

もちろん少なければ少ない方が安くなるので、街乗りや遠出もそこまでせず、距離をあまり乗らない人は月々の料金も抑えられておすすめですよ。

必要に応じて、年間の走行距離数なども設定できるため、必要最低限だけ設定してできる限り費用を安く抑えると良いでしょう。

おすすめのカーリース事業者5選!

おすすめのカーリース事業者5選!

ニコノリ 新車カーリース

(画像引用:ニコノリ

カーリース業者の中で「ニコノリ」が人気である最大の特徴は、新車カーリースが最安値で5,500円(ボーナス払い含む)から乗れる点です。

契約期間は5年間のリース契約と、9年間乗り切ったら車をそのままもらえる9年のリース契約の2種類があります。

そのほかにも、問い合わせがあれば3年の契約と7年の契約も可能となっており、自由度が高いことも特徴です。

いろいろなカーリース会社がありますが、「ニコノリ」はメンテナンスパックの価格設定も低いため、全体的に費用を安く抑えられます。

「ニコノリ」実店舗で契約することで、提携のガソリンスタンドでの給油が5円/Lも安くなるため、こちらも特徴の一つですね。

車の維持費を抑えて、少しでも安く車のリースをしたい方は「ニコノリ」を選ぶと良いでしょう。

新車リース月額料金(税込)5,500円~(ボーナス払い併用)
選べるメーカー国内全メーカー、全車種
リース期間1年~9年
新車・中古車新車
料金に含まれるもの車両代金、登録諸費用、各種税金、自賠責保険、車検代、メンテナンス費用

【2023/5/31まで】
10万円オプション割引

公式サイトで詳細を見る

コスモMyカーリース

コスモMyカーリース
(画像引用:コスモMyカーリース)

みなさまに馴染みのある「コスモ石油」が行なっているカーリース事業が「コスモMyカーリース」です。

ガソリンスタンドが出しているカーリース事業なので、車のことなら何でも任せられて安心できますよね。

「コスモMyカーリース」でリースを行っている車は、国産車ほぼ全てを対象としているため、国産車であれば自由に乗りたい車が選べるので嬉しいポイントです。

また、コスモ石油が始めた事業のため、コスモ石油での特典ももちろん付いてきます。

ガソリン代はもちろんのこと、メンテナンス代なども割引を受けられるため、幅広く対応してくれますよ。

また、「ニコノリ」でも同プランがありましたが、9年契約で契約満了後に車がもらえるプランもあるので、お客様のニーズをうまく拾っていることも特徴的です。

新車リース月額料金(税込)16,720円~(ボーナス払い無し)
選べるメーカー国内メーカー、全車種
リース期間3年、5年、7年
新車・中古車両方
料金に含まれるもの(※選ぶメンテナンスパックにより異なる)車両代金、登録諸費用、各種税金、自賠責保険、車検メンテナンス、バッテリー交換、タイヤ交換、ロードサービス、ガソリン割引、その他消耗品

カルモくん

カルモくん
(画像引用:カルモくん)

「カルモくん」は全国の中でもカーリース事業としては最安価格を実現しており、申し込み件数は10万件を超える勢いがあるカーリース業者です。

申し込みが10万件以上もあるにもかかわらず、顧客満足度は99%以上を出しているので、かなり信頼できる事業者と言えますね。

実際に料金を見てみると「月1万円〜」となっていて、他社と比べて高い設定ではないかと思われる方も多いと思います。

ですが、「カルモくん」の支払いプランの中には、ボーナス払いが含まれていないことに注目してみてください。

他社の広告では最安値を謳っていますが、実際にはボーナス払いを含めると年間の支払額で言うと高くなる場合もあります。

また、他社が9年契約が最長なのに対し、「カルモくん」では11年契約が最長となっていることも特徴の一つ。

最大49,500円のネット割引を受けられるほか、契約年数に応じて走行距離が無制限になったり、契約満了後に車をもらえるプランもあります。

「カルモくん」では契約終了時の追加請求がないことも人気が出る要因の一つかもしれませんね。

新車リース月額料金(税込)11,390円~(ボーナス払い無し)
選べるメーカー国内全メーカー
リース期間1~11年
新車・中古車両方
料金に含まれるもの車両代金、登録諸費用、各種税金、自賠責保険

ネット割★最大49,500円引き

公式サイトで詳細を見る

クルカ

クルカ
(画像引用:クルカ)

「クルカ」でリースされる車は全て新車で、基本的な契約期間は3年間と定まっているカーリース業者です。

国産車においては、人気車種でもリースが可能で、レクサスなどの高級車やランクルプラドなどの人気車種、さらには電気自動車までリースが可能となっています。

3年契約という短いスパンでの契約なので、車を次々乗り換えたい方にはおすすめなカーリース事業者ですね。

人生のライフプランに応じて、その都度欲しいときに欲しい車を選び続けられるのも一つポイントになります。

人気車種に乗りたい方や、高級路線を行きたい方、短期間で次々と車を乗り換えたい方にはおすすめですよ。

新車リース月額料金(税込)29,800円~(ボーナス払い無し)
選べるメーカー国内メーカー(レクサス、EVもあり)
リース期間2年、3年
新車・中古車新車
料金に含まれるもの車両代金、登録諸費用、各種税金、自賠責保険、自宅納車

NORIDOKI(ノリドキ)

NORIDOKI
(画像引用:NORIDOKI)

「NORIDOKI(ノリドキ)」は、独自の高額残価設定を行なっており、月々の利用料を抑えながら、新しい車に乗り換えられる画期的なカーリース業者です。

契約期間は基本的に3年契約となっていて、3年ごとに車を乗り換えるようになります。

3年契約以外の契約期間を設けておらず、必ず3年で返却することで、高額な残価設定を可能にしていることから驚きの低価格を実現しているとのこと。

ボーナス払いなどもなく、月額利用料のみの支払いなので家計の管理もしやすくて、新車に乗り換え続けられるのでおすすめですよ。

実は使いやすいカーリースを積極的に!

カーリースは一面だけ見ると、確かに「やめた方が良い」となるのは間違いないと思いますが、見方を変えるとこんなにもおすすめできるポイントがたくさんあります。

今回紹介したおすすめポイントや、カーリースが合う人については、積極的にカーリースを使ってみてくださいね。

場合によっては、最後に車がもらえたりなど、ローンを組んでいるのと同じで、かつ毎月の支払額が一定になってお得感満載なプランもあります。

ぜひ皆さまそれぞれに合わせたプラン内容を検討して、素敵なカーリースライフを送ってくださいね。

※サービス内容や価格は変更となる場合がございます。最新の情報は各サイトでご確認ください。

FacebookTwitterLine