• トップ
  • コラム
  • 一人暮らしでも家事代行を使うべき! おすすめの利用シーンは?

一人暮らしでも家事代行を使うべき! おすすめの利用シーンは?

FacebookTwitterLine

一人暮らしをしている皆さん、仕事も家のことも全部ひとりで切り盛りするのは大変ではありませんか?

「仕事が忙しくて、家のことまで手が回らない」「せっかくの休日が家事で潰れてしまう」と憂うつになっている方も多いのではないでしょうか。

そんなあなたにおすすめしたいのが「家事代行サービス」です。

「家事代行」と聞くと、なんとなく敷居が高かったり、高額な印象があったり、一人暮らしで利用するにはあまりイメージが沸かないかもしれません。

しかし最近では、一人暮らし向けのリーズナブルなサービスも多数登場していますし、実は「家事代行サービス」の単身ユーザーはとても多いんです。

ここでは、一人暮らしの方におススメしたい「家事代行サービス」のポイントについて、詳しくご紹介します。

一人暮らしで家事代行を使うメリット

一人暮らしで「家事代行サービス」を使うなんてちょっと贅沢?と思いがちですが、前述した通り、実は20代-30代の若い単身層のユーザーが近年どんどん増えているんです。家事代行を利用すると、一体どんなメリットがあるのでしょう?

家事代行はどういう時に使える?

リモートワーク中に利用する家事代行サービスで、ぜひ利用していただきたい3つのことをご紹介します。それによって得られるメリットも合わせてどうぞ!

家事代行サービスが便利なのはなんとなくわかっていても、利用したことがない場合は実際どのように使えるのか、想像がつきにくい部分がありますよね。

そこで、より具体的な利用シーンを挙げてみます。自分のライフスタイルに取り入れられそうなものがあれば、ぜひ検討してみてくださいね。

リモートワーク中に利用する家事代行サービスで、ぜひ利用していただきたい3つのことをご紹介します。それによって得られるメリットも合わせてどうぞ!

味気ない食事に飽き飽き…

外食やコンビニ惣菜などで済ますことが多いシングルの方には、料理が得意なスタッフが1週間分の手料理を作りおきしてくれるプランも。疲れた心におふくろの味は最高の癒しになります。

ケガや体調不良のとき

病気やケガなどで家事ができない時にもおすすめ。定期利用コース以外にも、スポット(単発)コースを設定している会社が多いため、期間限定での利用もOKなのが助かります。

友人や恋人が来る前に

来客がある場合に家事代行サービスを利用すれば、すっきり心地よい空間にお客様をお招きできます。また、例えば自宅でクリスマスや誕生日パーティーを開く時などは、掃除や片付けのほか、飾り付けなどを手伝ってもらうという手もあります。直前でも頼めるスポット(単発)コースを利用すれば、困ったときの人手として重宝します。

家事スキルを学びたい!

婚活中の女性に意外とニーズがあるのが「家事スキルを学べる」こと。洗濯・掃除・料理に慣れたスタッフの動きを見て、今後に役立てたいという声も多くあるようです。

後回しの家事がたまっちゃった…

忙しくてつい後回しにしていたせいで、洗濯物が山盛りになってしまったり、虫が怖くて見ないフリをしていた家具の裏側や、水垢だらけのシンク…など自分では手に負えない状況になった時は、家事代行サービスの助けを借りるのが合理的!

引越し前後のお手伝いに

転勤などで引越しすることになった時にも家事代行が便利。引越し前後は何かとバタバタしがちで、荷造りや荷ほどきが間に合わない…なんて焦ってしまうことも。

家事代行サービスなら荷造りを手伝ってもらうことはもちろん、荷物を運んだあとの掃除やゴミ出し、作業中の子供の世話…などをお任せすることも可能。力強い戦力として重宝しそうです。

親が掃除にくる代わりに

10年前くらいまでは、一人暮らしの学生の家にお母さんが掃除しに行く…というような光景を多く見かけました。しかし最近では親が子どもの家に家事代行を派遣するケースが増加中。交通費も体力的負担もかからないから、両者とも安心ですよね。

家事代行サービスの予算はどれくらい?

家事代行の料金設定は「時間あたり○○円」といった時給での計算が主流です。

1回だけ来てもらえる「スポット(単発)利用」と、定期的に来てもらえる「定期利用」の2種類の契約形態があります。それぞれの料金の目安を見て行きましょう。

スポット(単発)の場合

1回のスポット利用の場合は、1時間あたり2,000~3,000円が相場です。ただし業者によっては「1回の利用は3時間以上から」など制限がある場合も。単発で利用したい場合はMAX5,000~10,000円くらいを想定しておけば良さそうです。

定期利用の場合

月に2~4回程度来てもらえる定期利用の場合、どんな家事を依頼するか、どんなオプションをつけるかによっても料金は異なりますが、だいたい月あたり15,000~50,000円あたりで考えておけば良さそうです。同じ仕事を何度か頼むのであれば、定期利用の方が安上がりかもしれません。

一人暮らしの家事代行サービスの選び方

家事代行サービスの会社はさまざま。ライフスタイルに合わせてまず2、3社程度に絞ったら、電話やメールなどで問い合わせをしてみましょう。

その際、トライアル(お試し)やスポット(単発)の利用ができるかがカギです。どんな人が来るか、どんなサービスを受けられるのか実際に試してから契約したいですよね。

なかにはトライアルやスポットをやっていない業者もあるので、注意が必要です。

また、自分の家がその業者の対象エリア内かどうかをきちんと確認することもお忘れなく。

その上で、一人暮らしだからこそ「業者選びで外せない5つのポイント」をご紹介します。

①単身向けの料金設定

一人暮らしの場合、家族向け住宅やマンションに比べて比較的面積が小さい1R~1LDKの部屋に住んでいるケースが多いのではないでしょうか。

掃除するエリアが狭いのに、戸建て住宅と同じ料金を払うのはもったいないですよね。単身者向けの料金プランがある業者を選びましょう。

短時間から利用できる

業者によって“最低利用時間”はさまざまですが、「2時間~3時間以上」という設定が一般的。部屋の大きさ、汚れのガンコさによって変わりますが、単身者の住居なら1、2時間もあれば水回り、部屋全体の掃除は十分終わると言っていいでしょう。1時間~など短時間から利用できるサービスを利用するのがベターです。

予約のしやすさ、直前依頼が可能

仕事などで急な予定が入った時や、「明日友達や恋人が来ることになった」という場合に備え、直前の依頼ができる業者だと便利ですよね。長いところだと2週間前から予約しないと…なんて業者も!前日や当日に電話やサイト、アプリなどで手軽に予約できるところを選べば長く重宝しそうです。

スタッフが指名できる

家事代行で一番心配なポイントは「知らない人を家にあげる」セキュリティ面。どんな人が来るのか事前に確認できたり、信頼できるスタッフを指名できるサービスを利用すれば、比較的安心です。事前にどんな方が確認できたりすると更にうれしいですね。

時間の融通がきく

家事代行業者によっては、時間の枠が固定されていたり、早朝や夜に未対応だったりします。ライフスタイルにあわせて利用できるような、24時間対応や営業時間が長い家事代行業者もあるので、時間の融通がきく事業者を選ぶのもポイントです。

家事代行サービスを活用して一人暮らしを愉しもう!

若い単身層の間では「家事はアウトソーシングできるもの」であり、家事代行は“必要経費”という考えが主流になりつつあります。せっかくの休日やプライベートは時間やタスクに縛られず、好きなことをして過ごしたいですよね。実際、単身向けのサービスを取り入れる業者もどんどん増えているようです。

とはいえどのサービスも家事代行に来てくれるスタッフとの相性によって変わってきますから、まずは気軽に問い合わせやお試しをしてみるのも手!きっと休日がいつもより長く感じられるのではないでしょうか。

初回利用は割引があるケースも多いので、ぜひトライしてみてください。

FacebookTwitterLine