• トップ
  • コラム
  • 入園・入学準備をあっと言う間に完了!簡単手作りアイデアと人気のオーダーサービスとは?

入園・入学準備をあっと言う間に完了!簡単手作りアイデアと人気のオーダーサービスとは?

FacebookTwitterLine

年が明けたと思ったら、あっという間に新年度がやってきます。
お子さんの入園・入学など生活環境が大きく変化する方も多いことでしょう。準備はまだ先…なんて先延ばしにしていると、あっという間にギリギリになってしまいますよ!
今回は、入園入学の準備に必要なものや手作りアイデア、オーダーの仕方等について紹介します。

入園・入学準備、何が必要?

入園・入学前にこちらで作成したり、準備しておくべきものはなるべく早めに知っておきたいですよね。大体の幼稚園・保育園、学校からは数か月前に指定されますが、一般的に何が必要なのか事前にチェックしておきましょう。

入園準備アイテム

幼稚園や保育園に入園する際、制服やバッグ、体操服などは園からの指示に従って注文するケースがほとんど。手作りするものは園によってさまざまですが、主に以下のようなものが挙げられます。

・レッスンバッグ(手提げかばん)
・上履き袋
・着替え袋
・体操服袋
・お弁当袋
・コップ袋
・ランチクロス
・お箸入れ
・座布団・座布団カバー
・スモック
・ティッシュケース
・お道具袋
・お名前シール/スタンプ
・マスク

入学準備アイテム

小学校の入学式までに用意しておくべきものはざっと以下の通り。学校で一括購入するケースもあるので、リスト等を作って細かくチェックしながら準備するといいでしょう。

・ランドセル
・防犯ブザー
・お名前シール/スタンプ
・お道具類、お道具箱
・レッスンバッグ(手提げかばん)
・上履き袋
・体操着袋
・防災頭巾、防災頭巾カバー
・給食袋
・お箸袋
・給食ナプキン
・ティッシュケース
・雑巾
・マスク

手作りするなら…簡単アイデアをご紹介

体操着袋やレッスンバッグなどは、園や学校によってはサイズや生地に細かな指定がある場合も。また「手作りのみ」と決まっているケースもあります。説明会などでよく確認しておきましょう。
ここでは、簡単で使いやすさを考慮した、手作りアイテムのアイデアを厳選してご紹介します。

レッスンバッグ

入園入学に欠かせないレッスンバッグ。作り方をマスターすれば、色柄を変えて何枚か作り習い事や学童用にも使えます。

出典:クロバー

市販のものよりちょっと大きめのA3サイズ。お着替えや大型絵本、細かい道具袋をまとめたり、長年重宝すること間違いなし。

上履き袋

シューズバッグを作る際は、丈夫さも重視して。

出典:nunocoto

表布と裏布2枚仕立て、裏布は厚みのあるキルティングでより丈夫に!小学生用の上履き(20cm程度)も入るよう、少し大きめサイズです。

体操着袋

巾着タイプがオーソドックス。背中にかけられるリュックタイプも便利です。

巾着の作り方はマスターしておいて損はなし。レースリボンやアップリケなどワンポイント加えると、目印になるし、オリジナリティも出ますね。

ランチョンマット

お弁当やおやつ、給食時に使います。園の机は小さく、市販品では大きすぎるので手作りする場合がほとんど。

こちらは裏地に別柄布を使ったリバーシブルタイプ。気分によって変えられるのは子どもにとっても嬉しい点。小学生用にぴったりなサイズです。

防災頭巾カバー

最近では背もたれタイプもポピュラーです。

出典:Monosiri

かばんのように持ち手がついているので、家に持ち帰る際便利です。フタはマジックテープで、災害時や訓練時に子どもでも簡単に防災頭巾が取り出せます

移動ポケット

ポケットのない洋服のときなどに活躍。ハンカチやティッシュなどを入れ、ボトムのウエストにつけます。

出典:nunocoto

1枚の布を折りたたんで、数か所を直線で縫えば出来上がり。とても簡単にできるので、何個か作り置きしておきましょう

忙しいママ向け!オーダーサービスが人気

入園・入学準備のために色々と手作りしようと思っても、仕事や家事、育児などに追われて忙しかったり、家にミシンがなかったり、お裁縫が苦手だったり…。いろんな理由で手作りはハードルが高い!というママやパパも多いはず。
そこで今人気を集めているのが、オーダーで制作してもらえるサービスです。

何ができるの?

レッスンバッグや上履き入れなどの手作り品を、手芸専門店や企業等が代わりに制作してくれるサービスです。園や学校からの指定や子どもの希望等を伝えて、好きな布や部品を選んでオーダーします。生地などを持ち込むことも可能です。熟練の技を持つスタッフが一つ一つ丁寧に作ってくれるので、安心して任せることができます。

値段は?

大手の手芸用品店から個人経営のお店、また最近ではネットショップでの請負なども増えており価格帯はさまざまです。作るアイテムによって価格が決まっているケースがほとんどで、布や部品、細かい指定などによっても変わってきます。ベーシックなレッスンバッグで~2,000円程度、コップ袋で~1,000円あたりが目安となります。

いつまでに頼めばいいの?

注文してから出来上がりまではおよそ2週間程度見ておきましょう。その前に生地選び、デザインやサイズの相談なども済ませる必要があります。また万が一、出来上がったものに修正を加えたいなんてことがあるといけないので、大体受け取りたい日程の1か月前あたりにはオーダーしておくと安心です。ちなみに例年2~3月は混雑が予想されるため、そこを避けて早めに取り掛かるとベター

オーダー方法は?

手芸店に依頼する場合は、直接店頭でお願いすることがほとんど。事前にホームページなどで料金設定やスケジュール感を確認しておくとベストです。
ネットショップの場合は問い合わせフォーム等で問い合わせたのち、メールや電話で打ち合わせをします。ショップの拠点が遠方にあるケースもままあるため、送料などもチェックしておくといいでしょう。

アプリで頼める簡単サービスも

入園・入学グッズのオーダーサービスは、メルカリやBASEなどのアプリ上の個人ショップで受け付けるケースも増えています。大量に流通しているような布やデザインより、こだわりを持っていたり、おしゃれなショップが多いため、より自分の好みに合ったテイストのショップを見つけることができます。スマホなら、移動時間や空いた時間に気軽にチェックできるので忙しいママにはありがたいですよね。
ただしショップによっては仕上がり写真が加工されている場合があるので、本来の色味などを事前にすり合わせておくことが必要です。

新生活の準備はしっかり!安心して子どもを送り出そう

ワクワクドキドキの新生活。早めに入園・入学準備を進めておけば、親子の不安も解消できるし、一緒に準備をしていくうちに園や学校へのイメージも高まるはず。生地などを選ぶ際は、ぜひ家族であれこれ相談してみてください。
大切なお子さんと家族の節目、楽しみながら一緒に準備して、素敵な新生活をお迎えくださいね。

また入園・入学準備にあたり手作りのグッズを作りたくても、忙しくなかなか時間が取れない方は
家事代行サービスの活用をご検討されてみてはいかがでしょうか。 カジドレでは複数の家事代行プランの比較・検討ができますので、あなたにぴったりの事業者を探してみてください。



FacebookTwitterLine

関連記事

【2021年】春のお彼岸はいつ?迎え方やお墓参りの作法をまとめてみた

花粉症対策に効果的な食事は?かんたんに調理できるおすすめレシピ特集

夏のボーナスが支給されるのはいつ? みんなの使い道は?