家事をやりたくない人必見!やる気を出す方法やオススメの技を紹介!

FacebookTwitterLine

家事をやりたくないと思ったことはありますか?共働きで忙しかったり、専業主婦の方でも育児に追われていたりで、家事をしたくないと思うことや、何もしない夫に対してイライラするのはよくあることです。

家事を頑張りすぎて、うつなどの病気や更年期の悪化にも繋がることをご存知でしたか?

今回は家事をやりたくないと思ってしまう原因、家事に疲れてしまった方にオススメの技や、やる気を出す方法、どうしても家事をしたくない時におすすめの家事代行サービスをご紹介します。

まずは、どうしても家事をしたくない時におすすめの家事代行サービス4社を表にまとめたので、はやくおすすめ業者を知りたい!という人はぜひ参考にしてください。

ロゴ
事業者名 おそうじ本舗
CaSy
タスカジ
キャットハンド
最小料金/1h 1台12,100円~ 2,409円~ 1,650円~ 1,992円~
定期・スポット スポットあり スポットあり スポットあり スポットあり
初回プラン なし なし なし あり
対応エリア 全国
※一部エリア除く
関東/関西/宮城県/愛知県
※一部エリア除く
関東/関西
※一部エリア除く
一都三県
※一部エリア除く
公式サイト
 

家事をやりたくない!その原因とは?

「家事」というのは、日常生活を送るうえで欠かせない家庭内業務です。主に家事には、掃除、洗濯、炊事、買い物など多岐にわたりあります。

毎日行う家事がめんどくさいと感じてしまい、家事をやりたくないと思ったことは誰しもが経験をしていることでしょう。

この家事をやりたくないと思う感情はどうして起きてしまうのでしょうか?原因についてみていきましょう。

家事はキリがないと感じてしまう

まず家事をやりたくないと思ってしまう原因に、家事がキリがないと感じてしまうということがあります。ご飯を作るといった家事でも、「買い物、料理、食器洗い、キッチンを片付ける」といった工程があります。

これだけではなく、「名もなき家事」と言われているように、洗剤の補充やスポンジの交換、排水溝の掃除など様々な作業があります。小さな作業でも毎日の家事で、いくら家事をやってもキリがないと感じてしまうのです。

特に家事をするうえで完璧にやろうと思ってしまうタイプの方や綺麗好きのタイプの方は、作業工程が多くなってしまい、さらに家事に対して億劫になってしまうのです。

家事を頑張っても対価を得られない

家事をやりたくないと思う原因の一つとして、頑張っても対価を得られないということにあるでしょう。家族のために無償での労働となっていることが、やる気がでない原因にもなっています。

さらには、頑張って家事をしても誰からも褒められないというケースもあります。家族からは家事をやって当たり前だと思われている人も多いのではないでしょうか。

ご飯を作ってくれて当たり前、洗濯をして服をしまってくれて当たり前、足りない日用品を買っておいてくれて当たり前、と思われていることで、家事に対してやる気がでなくなってしまいます。

共働きで育児や仕事で疲れている

共働きで働いている人は、家事をやりたくないと思ってしまうことが多くあります。子供もいる家庭だとさらに両立することが大変となってくるでしょう。

仕事で疲れて帰ってきても、また家の仕事が待っているのです。もう家事をする体力も気力もなく、やりたくないと思ってしまうことが多々でてきます。

それでも「お腹空いた」と子供に言われればご飯を作り、服を汚して帰ってきたら服を洗濯したりと、終わらない家事をしなければならないのです。

専業主婦でも家事にやる気がでない

専業主婦が家事をやりたくないというと、時間もあるのにどうして?と責められることもあるでしょう。しかし、専業主婦だからこそ家事をやりたくないと思うこともあるのです。

その原因は、家にずっといることで、生活へのメリハリがなく、やる気がでないということです。切り替えがないことで、家事への意欲がなくなってしまい、やりたくないと感じてしまうのです。

どうしても家事がめんどくさい!やる気を出す方法は?

家事をやらなきゃいけない時に限ってやる気が出ずに、なかなか家事が進まないという経験はあることでしょう。

そんなときに、やる気を出す方法をご紹介します。家事をやる気にさせるスイッチの入れ方として役立ててみてください。

自分の好きな音楽をかける

家事をやるときに一番オススメな方法が、自分の好きな音楽をかけることです。好きな音楽をかけることで、自然とテンションもあがっていき、家事をやるモチベーションも出てきます。

このとき、なるべくアップテンポな曲をかけることが良いでしょう。そのリズムにのせて、体も軽やかに動くことができ、作業の効率もはかどります。

家事をやるごとにご褒美を決める

家事をする前に美味しいお菓子や飲み物を用意しておき、家事が終わったら食べようと決めておくことで、家事に対してやる気もでて、頑張ることができます。

小さなことでも良いので、家事をやるごとに自分へのご褒美を決めておくことで、家事へのストレスも軽減されるでしょう。

理想を想像しながら家事をする

最近ではYouTubeやSNSでもミニマリストや主婦の方のvlogなどが人気となっています。自分の理想の家となる動画を見ることで、少しでも近づこうと試行錯誤する意欲が湧いてきます。

こんな家にしたいな、こんな料理を作りたいな、と理想を決めることで、家事へのやる気もでてきます。なんとなくやっていた家事に目標をつくることで、もっとやりたいと自ら思えるようになってくるかもしれません。

友人を家に招待する

家事をやらなければいけない状況を作ることで、自然と家事へのやる気が湧いてきます。その一つとして、友人を家に招待するという予定を作ることです。

理由があることで家事をやろうという気持ちに変わってきます。自分を追い込むことでやる気がでるタイプの方にはオススメの方法です。

はじめる時間と終わり時間を決めて時間どおりやる

家事をやるときに、時間を決めておくという方法もあります。例えば、今から1時間だけ頑張って家事をしよう、と決めることで集中して家事をすることができるのです。

あらかじめ時間を決めておくことで、家事へのやる気もでてきます。他にも、この時間にこの掃除をするなどといった、家事をする時間を決めておき習慣にすることで、自然と家事をやる習慣を身に着けることができます。

どうしても家事をしたくない時にオススメの技を紹介!

毎日忙しくしていたり、疲れが溜まっていると、どうしても家事をやりたくないという日もあるでしょう。そんな時は、無理をせずに休むことも大切です。

どうしても家事をやりたくないと思った時にオススメの技を紹介します。

家事の手抜きをする

何から何まで完璧に家事をすることはありません。時には手抜きをしても良いのです。そのために、手抜きをする家事の技を覚えましょう。

例えば、家事の中でも一番手がかかるのが炊事です。毎日毎日ご飯を作るのは、誰でもめんどくさいと感じることでしょう。

そんな時には、テイクアウトや宅配などを活用することや、レトルト食品や冷凍食品をフルに活用することがオススメです。洗い物も減るためとても楽チンです。

家電を上手く利用する

最近の家電は進化しており、優れた家電がたくさんあります。その家電を上手く利用することで、家事の負担を減らすことができます。

例えば、洗濯をするとなると、干したり取り込んで畳んだりと、作業工程もたくさんあります。そんな時に、ドラム型洗濯機を使うと乾燥までやってくれるため、干す作業や取り込む作業の削減ができます。

このように家電を上手く活用すると、めんどくさいなと感じている家事を削減することができるのです。

家族に家事の分担を頼む

共働きや子育てをしている方の場合、女性ばかりが家事をしているといった状況になっていることが多いです。そのため、家事への負担が大きくなってしまい、やる気も失せてしまいます。

こんなときは、夫に家事の分担を頼むことも大切です。夫婦で話し合い、夫にも協力を求めましょう。そして、具体的に夫へ家事の指示をすることで、夫の理解も得やすくなるでしょう。

家事代行や便利なサービスを活用する

家事をやること自体が億劫に感じている人には、家事代行サービスを使用するという方法もあります。家事のプロにおまかせをすると、驚くほど綺麗に仕上げてくれるため、満足度も高いものとなります。

そして、家事代行サービスを利用することで、精神的な余裕も生まれてきます。家族との時間や自分の時間にあてることもでき、使って良かったと思う人が多くいるのです。

家に他人をいれることに抵抗がある人もいるかもしれませんが、思い切って活用してみることで、家事に対する気持ちも変わってくるでしょう。
次の項目でおすすめの家事代行サービスをピックアップするので見てみてくださいね。

一人暮らしの家事を楽にする方法

一人暮らしをしている人にとっても家事というのはやっかいなものとなってきます。一人だからと家事をサボることも多く、やる気もなかなか起きないものです。

そんなときは、時短グッズを使うことで家事へのハードルも下がります。例えば、掃除機をかけて床拭きをするといった掃除内容を、クイックルワイパーや粘着カーペットクリーナーで済ますという活用方法です。

すぐに取り出せてすぐにできるといった作業となるため、隙間時間にすることもできます。このように、家事へのハードルを下げることで、一人暮らしの方でも家事を楽にすることができるのです。

どうしても家事をしたくない時におすすめの家事代行サービス

各社のプランや利用料金など以下にてご確認ください。

おそうじ本舗

おそうじ本舗は、大手のハウスクリーニング事業者でエアコンクリーニングにとても力を入れています。

おそうじ本舗が行うエアコンクリーニングは完全分解洗浄。洗浄技術を高めるために、あらゆるメーカーのエアコンの構造をデータベース化し、最新の情報を全国の店舗に共有して対応しています。

そして、スタッフがどんなタイプのエアコンにも適した清掃ができるように充実の研修を実施しています。

サービスやエアコン洗浄技術の向上のために、企業や大学と協力関係を結び、日々研究も行っています。納得品質で安心して依頼をしたいなら、おそうじ本舗がおすすめです。

おそうじ本舗の料金プラン

プラン料金(税込)
エアコンク完全分解洗浄プレミアムクリーニング(壁掛け)17,600円
エアコン完全分解洗浄プレミアムクリーニング(お掃除機能付き)17,600円+8,800円
エアコンハイクオリティクリーニング(壁掛け)12,100円
エアコンハイクオリティクリーニング(お掃除機能付き)12,100円+8,800円
天井埋込エアコン27,500円
天井埋込エアコン(お掃除機能付き)27,500円+8,800円
防カビチタンコーティング3,300円
室外機5,500円

CaSy(カジー)

CaSy(カジー)は、家事代行スタッフと家事代行を依頼したい人をつなぐマッチングサイトであり、料理と掃除の家事代行サービスとハウスクリーニングを取り扱っている大手企業です。

利用者の口コミをもとにスタッフを選ぶことができるという大きな特徴があります。

スタッフとの直接的なやりとりで自分の希望を反映してもらいやすく、細かな依頼ができるのが嬉しいところでしょう。

CaSy(カジー)の料金プラン

プラン料金(税込)
お掃除代行(スポット)2,750円/時間(2時間~)
お掃除代行(定期)2,409円/時間(1週間に1回)
お料理代行(スポット)2,750円/時間(3時間~)
お料理代行(定期) 2,409円/時間(1週間に1回)

CaSy(カジー)の体験談

カジドレでは、CaSy(カジー)の家事代行サービスを実際に利用した体験談も以下の記事でまとめていますので、ぜひご覧ください。

タスカジ

タスカジとは、独自のテストに合格したハウスキーパー(タスカジさん)と、家事代行を依頼したい人をつなぐシステムです。

ハウスキーパー(タスカジさん)と家事代行の依頼者は個人間契約をするシステムとなっており、個人間同士での契約であることから料金が安く、損害賠償保険にも加入しているので安心です。

タスカジの料金プラン

プラン料金(税込)
定期/1時間1,500円~(3時間~)
スポット/1時間1,750円~(3時間~)

タスカジの体験談

カジドレでは、タスカジの家事代行サービスを実際に利用した体験談も以下の記事でまとめていますので、ぜひご覧ください。

キャットハンド

キャットハンドは、設立20年を迎える人材派遣会社であり、家事代行サービスも行っています。

スタッフの全員が女性であり、マナー研修や実技研修を行って教育されたプロのスタッフなので安心です。

要望や、お部屋の状況、作業内容、予算に合わせて最適なプラン提案も行っています。

キャットハンドの料金プラン

プラン料金(税込)
定期/1時間3,388円〜(2.5時間~)
スポット/1時間4,048円〜(2.5時間)

キャットハンドの体験談

カジドレでは、キャットハンドの家事代行サービスを実際に利用した体験談も以下の記事でまとめていますので、ぜひご覧ください。

家事をやりたくないと生活にも支障が…!

生活の中心になることもある「家事」。この家事をめぐって生活にも支障がでてくることがあります。夫婦の間に亀裂が入ってしまったり、病気になってしまったりすることもあります。

家事に疲れ離婚したいと思う

結婚している夫婦で一度でも離婚したいと思ったことがある人は結構いるのではないでしょうか。その原因の一つに「家事」があります。

共働きの家庭だと仕事で帰ってきてからの家事を、億劫に感じている人が多くいます。そして、結婚しているからこそ、余計な家事が増えてしまうこともあるのです。

子供のお世話に加え、夫のお世話までしなくてはならない家庭も多くあることでしょう。自分の靴下がある場所すらわからないといった旦那さんをお持ちの方もいるはずです。

このように夫のお世話という家事が負担となって、離婚して夫のお世話から解放されたいと思うようになる方もいるのです。

夫にイライラしてしまう

さらに、共働きをして同じように働いているのにも関わらず、夫が家事の手伝いを何もしてくれないことで、夫に対してイライラしてしまうこともあるでしょう。

それなのに、洗濯物が溜まっていたり、掃除をしていなかったりすると、文句を言われるなんてこともあります。

夫に家事の分担を頼んでも「後でやる」といい、なかなかやってくれないときは、感情が爆発してしまい、余計に疲れてしまいます。

メンタルの不調からうつなどの病気に

家事をやりたくないと思うことは、メンタルの不調にもつながってきます。精神的に疲れてしまった時に、家事をやりたくないと思うことは多くあります。

そして、家事をやりたくないとメンタルが落ち込んでいるとき、無理して家事をやることで、さらに悪化してしまい、ひどいケースではうつなどの病気にも陥ってしまうこともあります。

メンタルの不調というのは周りからは気づいてもらいにくい病気です。そのため、悪化する前に家族に自分の気持ちをきちんと伝えることが大切になってきます。

更年期が悪化し無気力に

40代・50代になると女性は更年期という不調が表れてきます。この更年期という症状は人様々ですが、イライラしたり気分が落ち込んだりと、ホルモンバランスが崩れやすいといった症状があります。

そして、更年期が悪化すると意欲の低下が起き、無気力状態となってしまい、家事どころか何もしたくないといった状態となってしまうのです。

このような状態では家事をすることはできません。無理をせずにゆっくりと休息することも必要です。

家事をやりたくないときには無理をしないことが大切!

家事は日常生活を送るうえで必要不可欠です。しかし、やらなくていけないとわかっていても、どうしても家事をやりたくないと思うことは誰しもあります。

無理をして家事をすることは、家庭内をギスギスさせたり、イライラの原因になったり、悪循環の元になりえます。どうしても家事をやりたくない時には、無理して家事をせずに休むことも大切です。

※各事業者のサービス内容や価格は変更となる場合がございます。 最新の情報は各事業者サイトでご確認ください。

FacebookTwitterLine