• トップ
  • コラム
  • 家事代行を使うならトライアル(お試し)は必須!?どんなプランがある?

家事代行を使うならトライアル(お試し)は必須!?どんなプランがある?

FacebookTwitterLine

家事代行サービスを利用したことはありますか?

調査機関・インターワイヤード株式会社が2019年にネットで行ったアンケート調査によると、家事代行サービスを利用したことのある人はわずか7%。まだまだ少数派なんですね。

一方で、「お得なプランがあれば使ってみたい」という人も20.5%。興味のある方は決して少なくはないようです。

そこで今回は、家事代行サービスの中で、初心者でも気軽に利用できてお得な「トライアル(お試し)プラン」について調べてみました。

家事代行のトライアルって何?

初めて家事代行サービスを利用してみようという方にとっては、サービスの内容や来てくれるスタッフの質、料金体系など、わからないことも多く、依頼するのをためらってしまうことも多いはず。

そんな時におすすめなのが「トライアル(お試し)プラン」がある家事代行サービスです。

初回の利用のみ通常よりも安くお得に家事代行サービスを体験できるプランなので、初めて利用する方でも安心して頼めるのが魅力。

主な家事代行サービス業者では、お試しプランを提供している会社も多いので、各社で料金やサービスの内容、利用時間などは異なりますが、初回の利用がお得な料金設定になっているという部分は同じです。

家事代行サービスというのがどんなものか詳しく知りたい方や、どんなスタッフが来てくれるのか、サービスの質は納得のいくものなのか…など、リーズナブルな料金で体験したい方は、「トライアル(お試し)プラン」がある家事代行サービスを調べて、検討してみることをおすすめします。

トライアルではどんなことができる?

実際に「トライアル(お試し)プラン」を申し込むと、どんなことが依頼できるのか。家事代行サービス大手5社の、「トライアル(お試し)プラン」を調べてみました。

A社

マンションコンシェルジュなどの分野も手掛けるA社。家事代行サービス分野では「トライアル(お試し)プラン」でも、掃除、洗濯、買い物、料理、布団干し、水やり、ベビーシッターなど、細かい作業まで、ほぼ全ての内容に幅広く対応してくれます。

「トライアル(お試し)プラン」は3時間9000円(税抜)で、スタッフの交通費も込みですが、30分につき1500円(税抜)で延長もできるので、お試しとはいえかなり充実した作業を期待できそうですね。

B社

富裕層に特化した、クオリティの高いサービスを行っているB社ですが、「初回お試しサービス」の料金は1時間あたり3000円(税抜)、2時間以上からのサービスになり、交通費は1回につき900円という料金設定。通常料金が1時間3900円(税抜)なので、かなりのお得感がありますね。

また「初回お試しサービス」は返金保証付きということで、家事代行サービスを初めて利用する方でも安心です。

C社

掃除や片付けに強いC社の「トライアル(お試し)プラン」は、リビング、浴室、トイレの掃除とベッドメイク、ゴミ捨てを行う体験プラン・ライトで4000円(税・交通費込み)とリーズナブル。

片付けを行うスペースが増えると料金がアップするコース設定なので、一人暮らしなどコンパクトな住まいの家事代行サービスなら、定期コースに変更後もお得に利用できるはず。浴室やトイレなど、なかなか自分では手入れの行き届かない場所もきっちり掃除してもらえます。

D社

真面目で働き者。世界中でひっぱりだこのフィリピン人スタッフが、室内掃除、整理・整頓、英会話・チャイルドケア、洗濯、料理など、家事代行の枠を超えた幅広いサービスを提供してくれるD社。

「トライアル(お試し)プラン」は2時間3,900円(税抜)、交通費900円と、通常料金(週一回3時間の定期利用で1時間3,000円から)よりもかなりお得になるので大人気。そのため利用者は毎月限定20名までとなっています。

E社

通常の家事代行サービスに加えて、訪問型ペットサービスを行っているE社。3時間1万6000円(税、交通費込み)と「トライアル(お試し)プラン」でもなかなか高めの料金設定ですが、嬉しいのは「1か月以内に契約すると半額キャッシュバック」というシステムがあることです。

場所が変わると落ち着かないペットのために、自宅での出張トリミングサービスがあったり、ペットのいるお宅ならではの汚れにも詳しいスタッフがいたりと、他社では受けられないサービスがポイントです。

定期利用の前にトライアルをするメリット

家事代行サービスを利用する場合、特に初めて利用する場合に不安なのは、料金のほかにも、

  • 対応してくれる家事の範囲はどこまでか、どのようにして決めたら良いのか
  • 急な変更があった場合の対応、返金システムなどはどうなっているのか
  • 作業が予定時間内に終わらなかった場合の延長はできるのかどうか
  • スタッフのスキルはどの程度なのか
  • 立ち会いをせず、鍵を預けて作業してもらう場合の責任の所在や信頼度
  • 自分以外の家族の反応

など、いろいろあるのではないでしょうか?

特に来てくれるスタッフのスキルは大切です。

思った以上の作業をしてくれれば、料金に見合った、またはそれ以上の効果が得られますが、逆に期待はずれだった場合は、家事代行サービスのイメージそのものが残念なものになってしまいます。

何社かでトライアルを重ねると、それぞれの会社のスタッフのカラーも見えてくるようになり、掃除に強いところが良い、お料理上手なスタッフの来てくれるところが良いなど、自分の期待するサービスの方向性も固まってくるのではないでしょうか?

家事代行サービスをいきなり定期コースで始めると、自分の思ったような内容ではなかった時が心配です。中には最低契約期間が決まっていて、途中解約や変更が難しい家事代行サービス業者も多いので、定期利用をする前に何社か試し、その中で、自分と相性が良く、納得のいく業者を選ぶのが良いでしょう。

家事代行のトライアルを頼む時の流れ

家事代行サービスの「トライアル(お試し)プラン」を申し込む際には、まず各社のサイトをチェックします。

「トライアル(お試し)プラン」があるのかどうか、そのサービス内容はどの範囲なのか、そして大事な料金設定まで確認し、サイトから直接、または電話やメールで申し込みをします。

前述のD社のように、「トライアル(お試し)プラン」に限り、利用人数限定というような会社もあるので、「トライアル(お試し)プラン」を利用したいと思ったら、申し込みはなるべく早く、というのが鉄則です。

料金の支払いについては、銀行振り込みなのかカード決済なのかを確認し、事前に払うのか事後なのかも確認しておきたいところです。

スタッフの交通費が込みの場合、当日スタッフに手渡しの場合など、金銭のやりとりに関しては特に慎重にチェックを。

また急なキャンセルについても念のため確認しておきましょう。

「トライアル(お試し)プラン」が最初から安い料金設定になっている場合、定期コースを申し込んだ場合だけ料金が安くなる場合など、家事代行サービス業者によってお得になるシステムが違いますので、その点も要注意です。

その他、不安な点、不明な点は迷わず問い合わせて、当日は安心してスタッフを迎え入れられるようにしておきましょう。

また、家事代行サービスは『ご自宅にあるお掃除用具と洗剤類を使用する』ため、当日までにスタッフにお渡しするお掃除用具一式のご用意をお忘れなく!

トライアルで見るべき5つのポイントとは?

無事に「トライアル(お試し)プラン」を申し込むことができたら、作業の当日にチェックしておきたいポイントがいくつかあります。今後、家事代行の定期コースを継続してお願いするかどうか、トライアルでしっかりと見極めたいものです。

スタッフとの相性

作業をしてくれたスタッフとの相性はどうでしたか? 意思の疎通はスムーズでしたか?

「トライアル(お試し)プラン」を終えて通常の定期コースを依頼する場合、トライアルで来てくれたスタッフが良かった場合、同じ人を指名することができる会社も多いですし、そうでなくても、同じ会社に登録しているスタッフというのはある程度似た面があるようです。

次回のために、スタッフの仕事ぶりや人柄をよくチェックさせてもらいましょう。

サービスの質

自分が重視するのは料理なのか掃除なのか、作業内容にもよりますが、納得のいくサービスを提供してくれたかどうかは見極めポイントの最重要項目ですね。業者によって得意分野も違うので、そのあたりもトライアルでしっかりチェックしたいものです。

追加料金など

予定の時間よりも作業に時間がかかり、追加料金を支払うような場合、そもそもお願いした作業量が多過ぎて時間が足りなくなったのか、スタッフの作業のスピードの問題なのか、どちらなのかを考えましょう。

まずは作業開始前にお願いする作業の範囲をよく説明し、できるかどうかの判断をあおいでおけば、やり残しなどの問題も解決できそうです。

依頼方法の簡単さ

当日、実際にスタッフが来てくれるまでのやりとりがストレスなく進行したかどうかは大切です。定期コースに移行した場合、毎回きちんと来てもらえるように、スタッフにきちんと場所を知らせてあったか、遅刻はなかったかなどをチェックしましょう。

代行業社のフォロー

確率は少なくても、スタッフの遅刻や、食器の破損など、トラブルが発生する可能性があるもの。それは仕方がないとして、もしトラブルがあった場合、会社がはきちんと間に入ってくれるのか、どういう解決方法をとるのかなど、フォローの仕方も大切です。

初めて家事代行を使うなら、まずはトライアルから!

毎日の楽しみでもあるバスタイムですが、肝心の浴室が汚れていると、心からリラックスするのは難しいもの。

湯船に浸かりながら、『あそこが汚い』『ここもお掃除しなくちゃ』なんて思うのはいやですよね。

自分でお掃除するにしても、掃除代行に依頼するにしても、週に1度など、定期的にお掃除デーを決めて、いつもお風呂はピカピカに。

清潔な空間で、楽しいお風呂タイムを過ごしたいですね。

FacebookTwitterLine