• トップ
  • コラム
  • 【比較してみた】「家事代行」と「家政婦」の違いとは?

【比較してみた】「家事代行」と「家政婦」の違いとは?

FacebookTwitterLine

掃除、洗濯、料理などのご家庭の家事をサポートするサービス「家事代行」。昔からよく聞く「家政婦」さんとの違いは何なのでしょうか? それぞれの契約方法の違いや、メリット、デメリットについてご紹介します。

家事代行サービスと家政婦では雇用形態が違う!

どちらも、一般的な家事、ときには子どもの世話などを、家の人に代わって行うサービスという点では変わりありませんが、家事代行と家政婦では、まず、その雇用形態が違います。

家事代行サービスは、利用者が「法人(家事代行サービスの企業)」と契約するものですが、家政婦の場合は、家政婦紹介所などでの紹介というステップはあるものの、最終的に、家政婦「個人」と契約を結んで仕事をしてもらうということになります。

家事代行サービスの場合は、依頼する内容によって、その会社に属するスタッフの中から、依頼に沿った人材が選ばれる場合が多いようです。

企業(法人)との契約なので、企業ごとに特色があり、料金やサービス内容もそれぞれですが、各社のウェブサイトなどで情報をチェックして、自分にいちばん合う方針の企業を選ぶことができます。

本格始動前のお試しプランやお試しプランなどがある会社もあり、初めて家事代行サービスを使ってみる、というときにも安心ですね。

また、家事代行サービスは、定期や長期の契約だけでなく、スポット利用といって単発で一度だけの利用もOK。「来週ホームパーティーをするから、その前に1度だけお願いしてみよう」などということができる企業もあります。

友人や知人からの紹介制度や、割引キャンペーンなどもあるので、利用時期によってはお得にサービスを依頼できることもあります。

一方家政婦は、家政婦紹介所などで紹介を受け、面接などを行った上で、利用者と家政婦の間で契約を交わします。一度「この人にお願いする」と決めたら、料理、洗濯、掃除など、どんな内容でも一人の人にお願いすることになります。

目的別に依頼をする、という形式ではないので、お料理は得意だけれど、お掃除は少々苦手だったりと、その力量は、契約した家政婦さんの個性によるところが大きくなるでしょう。

家事代行と比べて料金がリーズナブルなことが多いのと、家の中のことや家族の好みなどを把握してもらえること、また掃除をする箇所や依頼する仕事内容が増えて多少時間が延長しても追加料金が発生しない場合もある(月給に込みの場合)など、個人と個人の付き合いになるため、何かと融通がききやすいのも温かみがあって良いところです。

ただ勤務中の怪我や病気の際の有給の有無など、最初に確認するべき項目が多く、家事を助けてもらうまでにこなさなければいけない過程がやや多いのは、面倒に感じる人もいるかもしれません。

家事代行サービスに依頼するメリットとは?

時間を買える

家事代行サービスを依頼するメリットは、何といっても家事を肩代わりしてもらう分、自分の時間が増えることでしょう。

共働き家庭が増えている昨今ですが、掃除、洗濯、料理に買い物と、家事の負担が減ることはありません。特に小さな子どもがいれば、平日は仕事が終わって保育園などに迎えに行き、そこから夕食、お風呂、細かな家事…などをしていると、睡眠時間を確保するので精一杯、他に何かをする余裕なんてありませんよね。

そんな時に、たとえば週に何回か、おかずの作り置きをしてくれるサービスや、掃除をしてくれるサービス、洗濯をしてアイロンをかけてくれるサービスを頼めたらどうでしょう。

帰宅してすぐに作り置きおかずで夕食、すっきりと片付いた部屋で眠れて、翌日着る予定の衣類にはビシッとアイロンがかかっている…

暮らしがガラッと変わりますよね。

家事代行サービスの料金と引き換えに、自分や家族の時間を買えるということ、暮らしがより快適になることは、大きなメリットです。

高齢者の生活サポートにも

また、体の自由がきかなくなってきたり、疲れやすくなった高齢者の方などは、家事代行サービスによって、よりはっきりと生活の質がアップするのを実感できるでしょう。

本来なら高齢になった実家の両親の手伝いをしたいけれども、遠方だったり時間がなくてできないという人も、家事代行サービスをプレゼントするなどして、老親の生活サポートをすることができます。

高齢者はともすると、家事を外注し、他人が家の中に入ることを避けたがる傾向がありますが、会社を通して訪問スタッフが決定し、シンプルに仕事だけをきっちりと完了して終了、という家事代行のサービスなら、余計な気を使わずにお願いできると好評です。

家事上級者の仕事ぶりを堪能

手を抜いているというわけではなくても、毎日のルーティンとなる家事は、必要最低限のレベルになりがちではありませんか? 時間は誰にでも限りがあるので、それでも生活に支障がなければ全く構わないのです。

それでも、一度プロの家事代行を体験すると、そこから得るものは大きいというのが経験者の感想です。

きちんと整えられた洗濯物や、調理後を感じさせないスッキリとしたキッチン、ピカピカに磨き上げられたお風呂など、プロの手が入ると、自宅がまるでホテルのように感じられたりすることもあるでしょう。

時には自分や家族へのご褒美として、家事代行サービスで家じゅうを綺麗にしてもらい、特別な時間を過ごすのも良いのではないでしょうか。

家政婦に依頼するメリットとは?

一定期間、この人に家の中のことを任せてみよう、ということで契約する「家政婦」。一回限りでもう会わない可能性もある家事代行サービスのスタッフとはまた違った距離感でのお付き合いになります。

徐々に家の中のことに慣れてもらい、家族の好みを知ってもらうことになるのですが、たとえば買い物から調理という一連の流れでは、’’我が家流’’を覚えてもらって、食材選びから献立、調理まで、常に好みのものを用意してもらうことができます。

掃除の仕方や洗濯物の仕分け方まで、全て我が家仕様にしてもらうことができるので、相性の良い信頼できる家政婦さんに出会えれば、生活の質もかなり向上することでしょう。

家事代行と家政婦、トラブルがあった時の違いは?

家事代行サービスでも家政婦でも、心配なのはトラブルが起きた場合でしょう。

遅刻や欠勤が多い、などに始まり、考えたくはないことですが、家具の破損や貴重品の紛失なども全くないとは言えません。

そんなとき、家事代行サービスと家政婦の決定的な違いは、間に企業が入ってくれるかどうかということです。

個人間での契約になる家政婦の場合、利用者と家政婦同士でトラブルを解決する必要があるようです。

その点、企業と契約することになる家事代行サービスであれば、小さなトラブルから大きなトラブルまで、サービス会社に相談して問題を解決したり、別のスタッフに替えてもらうことも可能です。

そもそも、家事の能力などに関して個人の裁量によるところの大きい家政婦と違い、家事代行サービスのスタッフは、家事の研修を受けてからご家庭に訪問する場合がほとんどなので、家事能力に関しては一定レベルが担保される仕組みがあります。

最近は、ご家庭への訪問がスタートしたあとも仕事の質が保たれるよう、スタッフの定期的な研修制度を設けている企業も増えているようです。

また、家事代行サービスであれば、依頼ごとに、その分野が得意なスタッフを依頼することが可能です。

たとえば力仕事が必要だと判断され、依頼主の希望があれば、男性スタッフを。手先の細かい仕事が必要な場合には、そういった作業が得意なスタッフを、というように、豊富な人材の中から、企業が責任を持って選んでくれるので、大きく期待をはずすこともありません。

ただ、トラブル回避のためには、家事代行サービスも家政婦も、最初のコミュニケーションは大切です。

立ち入らないで欲しい場所や、触らないで欲しいもの、伝えておかなければいけない家族間の取り決めなど、できれば書面と口頭で伝えておくのが良いでしょう。

このステップは、家事代行サービスを提供する企業が間に入ってくれる場合もあり、それも企業と契約するメリットのひとつです。

自分のスタイルにあったサービスを選ぼう

日本では、家事代行サービスなどに頼ると、まだまだ「家事をさぼっている」というような罪悪感に苛まれる人も多いようです。

家電が発達したり、スーパーが夜中も開いていたりと、数樹年前に比べたら家事の負担は多少軽減されたかもしれません。が、一度やったらしばらくしなくて良いというものでないのが家事。毎日毎日しなくてはいけないことが積み重なっていくストレスは、誰でも感じたことがあるのではないでしょうか?

共働きが基本になりつつある昨今、仕事と家事の両立は、男性、女性、ともに難しいもの。アウトソーシングできる部分は家事代行サービスに助けてもらい、家族との時間や自分の時間を作ることに引け目を感じる必要はありません。

企業がスタッフをコーディネートする形で行われる家事代行サービスは、依頼する家事の種類も、頻度も、依頼者側のコンディション次第。

「週に1度だけ、数時間の掃除をお願いしたい」、「急に料理をしてくれる人が必要になった」など、依頼の回数も自由度が高く、必要なときに、必要なサービスが受けられるようになっています。

自分の仕事の忙しさや、家族のスケジュールに合わせて家事代行サービスを依頼することで、日頃のストレスから開放されたり、子どもとの時間を楽しんだり、ひとりでリフレッシュするひとときを持てるなら、料金以上の価値があると言えるのではないでしょうか。

回数、時間、家事の種類、料金体系など、自分や家族のスタイルに合った依頼がかなう家事代行サービスを選んで、気軽に一度試してみると、やみつきになるかもしれません。仕事も家庭も大事にするために、頼もしい暮らしのパートナーになってくれることでしょう。

FacebookTwitterLine